院内コラム

院内コラム

うう…寒い時期に気を付けておきたいこと!

 

 

こんばんわ~!

 

 

本日はバレンタインデーですね。

 

 

なんか、ちょっとしたことで自尊心を傷つけたとか、

 

職場では渡すこと、もらうことが○○ハラとか・・・

 

なんだか、そこはつまらないな~なんて思ってます。

 

 

 

いいんじゃないですか?

 

好きな様にもらっても、渡しても(笑)

 

 

 

ということで、前回は腰痛の種類について

 

お伝えしましたが

 

 

今回からは腰椎椎間板ヘルニアについて

 

お伝えしていきます。

 

 

 

まず腰痛の原因ですが

 

特定できるものは

 

わずか15%程度といわれています。

 

 

 

残りの約85%は、

 

レントゲンなどいろいろな検査をしても

 

原因が特定できないとか・・・

 

 

このような腰痛には

 

*生活習慣

 

*ストレスや不安

 

 

といった心の状態が

 

関係していることもあるようです。

 

 

 

 

先日のTVでは会社勤めをしていた男性が

 

会社を辞めて自分の好きな事を始めたら

 

腰痛が全く無くなった・・・

 

 

 

という事例が報告されていました。

 

 

 

 

 

 

これは痛みのことばかり考えていることが

 

ストレスとなり慢性化になってしまう

 

心因性の腰痛と考えられますね。

 

 

 

では原因が特定できる腰痛の一つ、

 

腰椎椎間板ヘルニアとは

 

どんな病気なのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

椎間板ヘルニアとは?

 

 

 

まずヘルニアについて・・・

 

 

ヘルニアとは、体内のある臓器が

 

本来あるべき位置からはみ出ることを言います。

 

 

 

 

分かりやすく言うと

 

タイヤの弱くなった部分から

 

内部のチューブが出てくる・・・

 

といった感じでしょうか・・・

 

 

 

 

ヘルニアには

*臍ヘルニア〈でべそ〉

*鼠径ヘルニア〈脱腸)

 

などがあります。

 

 

 

これと同じように椎間板の中にある

 

ゲル状の組織が外に飛び出してしまった・・・

 

 

 

 

つまり、背骨のクッションである

 

椎間板にこのような事がおこると

 

椎間板ヘルニアと言います。

 

 

 

 

この一部が飛び出して神経に当ると

 

手足の痛み、しびれなどの症状が出ます。

 

 

 

 

 

椎間板は骨と骨の間の

 

クッションのようなもの

 

ということをお伝えしましたが

 

 

この椎間板のおかげで背骨を

 

しなやかに動かすことができます。

 

 

 

 

 

また背骨の後ろには

 

骨に囲まれた脊柱管という空間があり、

 

 

この中に脳と手足をつなぐ

 

神経が通っていて

 

 

ここに椎間板が飛び出すと

 

神経が押されてしまいます。

 

 

 

 

 

つまり、その押された神経が

 

手足に伸びているので

 

痛みやしびれを感じるといった症状が出るんです。

 

 

 

 

 

では、次回は椎間板ヘルニアの

 

原因についてお伝えしていきます。

 

 

 

*********************************************
Koharu(こはる) はり灸 整骨院

鍼灸師・柔道整復師

院長 清水 芳幸(しみず よしゆき)

〒546-0033   大阪市東住吉区南田辺1-3-13-1F

TEL&FAX  06-7505-7435

E-mail  info@koharu-jp.com

URL http://koharu-jp.com/
**********************************************

 

記事一覧へ