院内コラム

院内コラム

シミの種類による疑問を解決していこう!~大阪市東住吉区整骨院ならKoharuはり灸整骨院~

こんにちは!

 

ではでは、前回の続きになりますね・・・^^

 

 

 

 

前回シミの種類についてお伝えしましたが

 

ほとんどが老人性色素斑(ろうはん)と

 

肝斑(かんぱん)になります。

 

 

そこで、この2つのシミができる原因を

 

今回はお伝えしていきます。

 

 

 

 

 

<老人性色素斑(ろうはん)の原因>

 

 

 

老人性色素斑の一番の原因は、

 

*蓄積されたメラニン色素

 

*紫外線ダメージによる肌の光老化

 

と言われています。

 

 

 

肌が紫外線を浴びてダメージを受けると

 

肌を守るためにメラニンと呼ばれる

 

色素が生成されます。

 

 

 

年齢が若く肌の生まれ変わりが

 

正常であれば自然と体外へ排出されますが、

 

 

加齢やメラニンが過剰に生成される

 

といったことで

 

バランスが崩れてしまうと

 

そのまま体内に蓄積してしまいます。

 

 

 

 

さらに長年、紫外線による

 

刺激を受け続けると、

 

皮膚細胞の再生能力が

 

少しずつ低下しシミになり易くなります。

 

 

 

老人性色素斑は40代以降に

 

できやすいと言われていますが、

 

 

屋外での活動や屋外でのスポーツなどを

 

長年続けてきた人は

 

20代後半~30代でもシミが目立つ人もいます。

 

 

 

つまり、シミができる一番大きな原因は

 

『紫外線』ということになります。

 

 

 

 

太陽の光を浴びやすい顔や手、

 

腕などはシミができやすいので

 

 

しっかりと紫外線対策を取ることが大切になります。

 

 

 

 

 

<肝斑の原因>

 

肝斑は、妊娠や経口避妊薬の服用を

 

きっかけにできることもあることから

 

 

女性ホルモンのバランスが影響して

 

出来るシミと言われています。

 

 

 

 

また、精神的なストレスにより

 

ホルモンバランスがくずれることが

 

影響する場合もあります。

 

 

 

 

肝斑(かんぱん)が

 

発生しやすいのは30〜40歳代の女性。

 

 

 

症状が見られるの50歳代後半まで。

 

 

その後、閉経とともに

 

薄くなったり、消えたりして

 

高齢者ではほとんど発症しないのが特徴です。

 

 

 

 

つまり、カラダの中に原因が

 

あるシミが、肝斑なのです。

 

 

しかし、いくら肝斑の原因が

 

身体の中にあると言っても

 

肝斑も紫外線にあたることで

 

 

 

表に現れたり、悪化したりしますので

 

紫外線ケアはしっかり行わなければなりません。

 

 

 

 

次回はシミはどうやってできるのか

 

ということについてお話してきます。

 

 

*********************************************
Koharu(こはる) はり灸 整骨院

鍼灸師・柔道整復師

院長 清水 芳幸(しみず よしゆき)

〒546-0033   大阪市東住吉区南田辺1-3-13-1F

TEL&FAX  06-7505-7435

E-mail  info@koharu-jp.com

URL http://koharu-jp.com/
**********************************************

記事一覧へ