院内コラム

院内コラム

一度は聞いたことある、椎間板ヘルニアの恐怖~大阪市東住吉区整骨院ならKoharuはり灸整骨院~

こんにちは!

 

 

恒例の花粉症でお鼻と目がしょぼししょぼしています(笑)

 

 

も~春はあまり好きではない(笑)

 

 

 

ということで、前回の続きですね。

 

 

 

 

 

今回は

 

腰椎椎間板ヘルニアの

 

症状についてお伝えしていきます。

 

 

 

 

腰のヘルニアでは、

 

 

*お尻や足の痛み・しびれ

 

*感覚が鈍くなる

 

*力が入りにくい

 

*排尿障害、排便障害

 

*前屈みの姿勢での痛み

 

という症状が出ます。

 

 

 

 

痛みやしびれは下半身の

 

どこにでも出ますが、

 

特にお尻から太ももの裏側の痛みや

 

前屈みの姿勢などで痛みが出ることが多いようです。

 

 

 

そうなると自分で靴下を履けないなど、

 

日常生活にも支障が出ますし、

 

 

ヘルニアが非常に大きい場合は

 

じっとしていても痛みを感じる

 

といったこともあります。

 

 

 

 

 

<必ずしも腰痛があるとは限らない

 

 

 

“椎間板ヘルニア”というと、必ず腰痛がある

 

と思われている人が多いようですが

 

下肢痛など脚の症状だけの患者さんもいます。

 

 

 

 

さらにヘルニアが大きいからと言って

 

症状が酷いとは限りません。

 

 

 

 

 

実施画像診断で椎間板が

 

神経を圧迫されているようにみえても、

 

症状が出ない人もいます。

 

 

 

<椎間板ヘルニアの診断

 

 

症状、経過、身体の診察

 

レントゲン、MRI検査などを

 

総合して診断します。

 

 

 

 

ヘルニアを確認するには

 

MRI検査が一番有効です。

 

 

 

 

MRIでは

 

*椎間板ヘルニアの場所・大きさ・形

 

*神経がどれだけ押されているか

 

といったことが分かり

 

 

 

そのままにしていても治りやすいのか

 

どのような治療が良いのかといったことが分かります。

 

 

 

 

その他の検査としてCT検査や

 

造影剤を使ったレントゲン検査などがあります。

 

 

 

しかしMRIの性能や撮影の方法で

 

小さなヘルニアは見つからないこともあり

 

 

MRIでヘルニアが写っていても

 

痛みやしびれの原因が腰ではない事もあります。

 

 

 

 

 

ヘルニアと診断されたけれど

 

他の病気からの痛みやしびれだった、

 

ということもありますので、

 

 

検査を受けて少しでもおかしいと感じたら

 

検査をし直すことも必要かと思います。

 

 

 

 

*********************************************
Koharu(こはる) はり灸 整骨院

鍼灸師・柔道整復師

院長 清水 芳幸(しみず よしゆき)

〒546-0033   大阪市東住吉区南田辺1-3-13-1F

TEL&FAX  06-7505-7435

E-mail  info@koharu-jp.com

URL http://koharu-jp.com/
**********************************************

記事一覧へ