院内コラム

院内コラム

左の腰痛の理由とは!?~大阪市東住吉区整骨院ならKoharuはり灸整骨院~

各地で豪雨被害が出ましたが

 

みなさんの所は大丈夫でしたか?

 

 

 

 

当院も床上浸水しましたが

 

大したことなくホッとしています。

 

 

 

被害に遭われた方には

 

謹んでお見舞い申し上げます。

 

 

 

 

これから暑い季節になってきます。

 

熱中症には十分注意してお過ごしください。

 

 

 

 

 

 

 

 

では、今回のコラム・・・

 

前回は“右の腰が痛む”をお伝えしましたが

 

 

今回は“左の腰が痛む”原因について

 

お伝えして行きますね。

 

 

 

 

 

①動けないくらい激しく痛む

この場合、腎臓疾患の可能性があります。

 

 

腰が痛むほかに、発熱や吐き気、

 

血尿などの自覚症状もあります。

 

 

 

また、尿道に石が溜まる

 

尿路結石の可能性も・・・

 

 

 

この場合腰の左側に激しい痛みと

 

尿が出にくい、血が混じる

 

と言った症状が出るのが特徴です。

 

 

 

 

 

この様な時は早めに

 

病院を受診される事をお勧め致します。

 

 

 

 

 

②鈍い痛みが長く続く

 

痛みが慢性的に続く場合、

 

すい臓が炎症を起こしている場合があります。

 

 

この場合、背中の方まで痛みが拡がるので

 

腰痛と勘違いをしてしまう事があります。

 

 

 

特にお酒をよく飲む人・甘いものが好き

 

と言う人は注意が必要です。

 

 

 

 

*最近食欲がない

 

*吐き気が続く

 

 

といった症状を感じる場合は

 

すい臓が炎症を起こしているか

 

 

 

他の病気も引き起こしている可能性も

 

ありますので早めの受診をおすすめします。

 

 

 

 

 

 

 

③女性で左側だけ痛みがある場合

女性特有の疾患である

 

子宮内膜症・子宮筋腫・卵巣のう腫

 

卵巣がんなどは、左腰が痛む原因でもあります。

 

 

 

前回は右側だけが痛い腰痛について

 

お話しましたが共通して言える事は

 

 

炎症や体が歪んで起こる腰痛の原因は

 

筋肉が疲れている事が殆どです。

 

 

また歪みに関しては

 

 

*同じ姿勢

 

*片足だけに重心を保つ

 

*姿勢に変な癖がある

 

 

 

 

と言った日常生活の

 

習慣によって起こることがあります。

 

 

もし、この様な事に心当たりがあるとすれば

 

普段から、姿勢や生活習慣を

 

見直す事も大切になりますね。

 

 

 

 

しかし、余りにも長期に

 

痛みがある場合は

 

自己診断せずに専門医の診断を

 

仰ぐことが大切になります。

 

 

 

長年の経験から

 

内蔵からくる痛みなのか

 

筋肉疲労からくる痛みなのかは

 

 

 

判断できますので

 

少しでも痛みに不安がある方は

 

お気軽にご相談下さい。

 

 

 

 

*********************************************
Koharu(こはる) はり灸 整骨院

鍼灸師・柔道整復師

院長 清水 芳幸(しみず よしゆき)

〒546-0033   大阪市東住吉区南田辺1-3-13-1F

TEL&FAX  06-7505-7435

E-mail  info@koharu-jp.com

URL http://koharu-jp.com/
**********************************************

 

 

記事一覧へ