院内コラム

院内コラム

片側だけの腰痛でお悩みの方へ!~大阪市東住吉区整骨院ならKoharuはり灸整骨院~

こんにちは!

 

鬱陶しい毎日が続いていますが

 

熱中症対策 大丈夫ですか?

 

 

 

 

今月は当院専門の腰痛について

 

書いていきたいと思います。

 

 

 

今回は腰の右側だけに痛みがある時に

 

考えられる腰痛の種類について

 

お伝えして行きますね。

 

 

 

 

 

<体を動かした時に右側だけが痛む>

体を動かしたときに痛みを感じる場合

 

①体の歪み

 

②筋肉の炎症

 

③神経の圧迫

 

この可能性があります。

 

 

 

 

①体の歪み

 

*いつも同じ側へ重心をかけている

 

*かばんをいつも同じ側で持っている

 

*テニスやゴルフなど、

 

同じ方向にしか動かさないスポーツをしている

 

 

 

といったことが原因で起こります。

 

 

この様な腰痛は専門の治療院で

 

歪みを治してもらう事をお勧めします。

 

 

 

②筋肉の炎症

筋肉が炎症を起こして右側が痛む場合、

 

ギックリ腰の可能性が・・・

 

 

 

ギックリ腰なら痛みは2、3日で治まりますが

 

繰り返しギックリ腰を起こすと

 

 

 

ヘルニアになってしまう

 

こともあるので注意が必要です。

 

 

 

 

③神経の圧迫

神経の圧迫が原因の場合、

 

脊柱管狭窄症の可能性があります。

 

 

 

 

脊柱管狭窄症とは

 

骨・関節・椎間板・靭帯などが

 

何らかの原因で厚くなる事で

 

 

脊柱管が狭くなり

 

神経が圧迫されて痛みが起こります。

 

 

 

 

脊柱管狭窄症の症状としては

 

*お尻から足にかけて痛みや痺れを感じる

 

*立ちっぱなし、長時間の歩行等で痛みや痺れが出る

 

*前屈など姿勢を変えると症状が軽くなる

 

 

と言った事があります。

 

 

 

 

脊柱管狭窄症になると

 

運動障害や麻痺がおこりますが、

 

 

 

これは神経障害が進行した時に

 

現れる事が多いので

 

外科治療なども

 

考えた方が良い場合もあります。

 

 

 

 

 

<じっとしているのに痛む>

じっとしていても腰が痛む場合は

 

内臓が原因の可能性があります。

 

 

 

腰の右側に痛みを引き起こす。

 

 

 

内臓の病気として

 

 

*遊走腎・・・腎臓の周囲を包む

 

繊維質の膜が弱くなり、

 

腎臓が下に降りてきてしまう病気

 

 

 

 

*虫垂炎・・・皆さんご存知の盲腸の事です。

 

稀に腰の右側に痛みを感じる人がいる様です。

 

 

 

 

腰痛以外にも、食欲不振や吐き気、

 

発熱を伴うので

 

この様な症状が出たら病院を受診しましょう。

 

 

 

 

じっとしていても

 

下肢の痛みや痺れと言う症状は

 

脊柱狭窄症でも起こりますが

 

 

 

脊柱狭窄症の場合、

 

*お尻から太ももの後ろ

 

*太ももの下外側

 

*足の裏

 

などに痛みが出る事があります。

 

 

 

 

この様な症状を放置しておくと

症状が酷くなりますので

 

 

 

自己判断で腰痛体操やストレッチなどせずに

 

専門医の診断を受ける様にしましょう。

 

 

 

*********************************************
Koharu(こはる) はり灸 整骨院

鍼灸師・柔道整復師

院長 清水 芳幸(しみず よしゆき)

〒546-0033   大阪市東住吉区南田辺1-3-13-1F

TEL&FAX  06-7505-7435

E-mail  info@koharu-jp.com

URL http://koharu-jp.com/
**********************************************

 

 

記事一覧へ