院内コラム

院内コラム

美容鍼でホルモン増加!?(koharu(こはる)はり灸整骨院 大阪市東住吉区 腰痛治療)

寒いですね~

 

前回に続きをお伝えしたことでもありますが・・・

 

 

ホルモンのお話!!

 

実はこれ、美容鍼をされる方にもよくお伝えすることなのですが、

 

こうやって文面に書くと、さらに頭の中が整理できるかと思います!!

 

 

「女性は恋をするとキレイになる」

 

これは、ほんとなんですね。

 

感情の変化によって、身体には様々な作用が出てきます!

 

それは、ホルモンの働きで、

 

お肌がキレイになったり、胸が大きくなったりもすることだってあります。

 

これは、可能性の話ではなく事実そうなるんです!!

 

 

 

本日はその4つのホルモンの真相について、

 

2回にわたって、お送りしようと思っております!!

 

 

①フェニルエチルアミン(PEA)

 

ドキドキホルモンと言えば、わかりやすいですかね?(笑)

 

 

このフェニルエチルアミンが脳内で分泌されると、

 

脳内がラブラブに変換してしまう恐ろしいホルモン(笑)

 

ざっくり言えば、体内で惚れ薬を作ることが出来るのです!!

 

 

ただ、このフェニルエチルアミンはもろい傾向もあり、

 

長くお付き合いをしていくと、相手との信頼関係もでき安心感に変わります。

 

つまり、それは緊張や不安が減っていくというもの。

 

この時、フェニルエチルアミンの分泌はだんだん低下していき、

 

ドギドキもなくなり、ついには消失します。

 

平均寿命は2年、最長でも3年です。

 

 

 

夫婦もそうですが、長くお付き合いとしていくと自然とドキドキはなくなるもの!

 

実は、これはフェニルエチルアミンの分泌量のせいだったのです。

 

 

勝手に自分の気持ちが変化したといえばそれまでですが、

 

一部の理由としてはフェニルエチルアミンの分泌の関係もあるんですね!

 

 

 

 

②ドーパミン

 

きっと、1度や2度は聞いたことがあるかと思います。

 

別名「快楽ホルモン!」

 

 

これが分泌されることにより、気分も心地よくなり

 

好きな人に会いたい!って思うようになるんです。

 

 

このドーパミンは、視床下部にある、

性中枢神経を刺激してドキドキを増長させるのです。

 

しかしながら視床下部には、性中枢神経以外にも、

満腹、摂食中枢があり、同時に刺激されることもあります。

 

つまり、食欲がなくなるんです。

 

 

恋をすると女性はキレイになる!!

 

「あ~」って思いませんか?

 

 

フェニルエチルアミン(PEA)でドキドキして、

 

ドーパミンで食欲減退し、ダイエットに繋がる!

 

 

これを美容鍼に例えるなら、

 

好きな人や気になる人がいたら、

 

フェニルエチルアミン(PEA)でキレイな顔を見せたい願望!

 

 

心地よい刺激がドーパミンの分泌量を促進させ、

 

食欲減退にもつながるんです。

 

 

つまり、キレイに近付くことができるんです!!

 

 

PS 次回は残りの2つのホルモンの正体について書かせていただこうかと思います!

 

女性にしかないホルモンなので、これを見ることによってキレイにしたくなる理由が解明します!

 

 

 

記事一覧へ