院内コラム

院内コラム

美容鍼におけるターンオーバーのこと!~大阪市東住吉区整骨院ならKoharuはり灸整骨院~

 

 

毎日 鬱陶しい日が続いていますが

 

如何お過ごしでしょうか?

 

 

 

では今回は前回の続きである

 

 

“肌のターンオーバーの

 

乱れる原因と対策について”

 

 

お伝えして行きますね。

 

 

 

 

 

 

前回のおさらいを少しだけ・・・

 

正常な肌は、

 

新しい細胞を角質層まで押し上げ

 

 

 

 

 

古い細胞は角質層で垢となって

 

 

剥がれ落ち、生まれ変わるのですが

 

 

これには約28日間かかるという話をしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

この生まれ変わりにかかる日数は

 

加齢と共に長くなっていきます。

 

 

 

 

これは新陳代謝が

 

低下する事から起きるのですが・・・

 

 

 

 

 

 

 

そこで肌のターンオーバーの事を知る前に、

 

 

角質層の役割について少しお話していきますね。

 

 

 

 

 

 

 

ここが理解できると

 

*肌にとって何が大切なのか

 

*ターンオーバーを正常に保つには何が必要なのか

 

が理解できます。

 

 

 

 

 

 

★角質層の働きとは★

 

角質層とは肌の一番上にあって

 

厚さはわずか0.02㎜しかありません。

 

 

 

この角質層が肌の水分の蒸発を

 

防いでくれ、

 

外からの刺激から肌を守ってくれています。

 

 

 

 

つまり角質層は

 

肌のバリア機能を担い

 

保湿を行ってくれます。

 

 

 

 

 

その為に働くのが

 

・皮脂膜

 

・NMF(天然保湿因子)

 

・細胞間脂質の3つです。

 

 

 

 

 

 

《皮脂膜の働き》

 

皮脂腺から分泌される皮脂に

 

汗などの水分が混ざって出来た物で

 

自分で作る“天然の保湿クリーム”になります。

 

 

 

 

 

 

《NMF(天然保湿因子)の働き》

 

角質層の中で

 

水分を保持する役割を持ち

 

潤いを維持するための大切な成分です。

 

水分を吸着する事で保水機能を発揮します。

 

 

 

 

《細胞間脂質の働き》

 

細胞間脂質の約50%はセラミドでできています。

 

(スキンケアのCMでも良く耳にしませんか?)

 

 

セラミドは、細胞同士をつなぐ役割と

 

スポンジのように水分を抱えこむことで、

 

 

お肌の保湿成分として

 

バリア機能の大切な役割を担っています。

 

 

 

これらの3つを保湿の

 

3大要素と呼びこの3つが充分にある事が

 

理想的なバリア機能を

 

保っていると言う事になります。

 

 

 

 

そして加齢と共に

 

これらが減少してしまう事で

 

肌トラブルが起きる一因となっています。

 

 

 

★肌のターンオーバーが乱れる原因★

 

 

原因は沢山ありますが

 

ここでは、その一部をお伝えして行きます。

 

 

 

*加齢・お肌の乾燥・紫外線

 

*誤った洗顔・クレンジング・スキンケア

 

*ストレス・睡眠不足・食生活

 

*ホルモンバランスの低下・喫煙・・・

 

等があります。

 

 

 

 

 

 

これらを改善する事が

 

肌のターンオーバーを正常化に

 

近づける事になるのですが・・・・

 

 

 

 

この続きは次回で・・・

 

 

 

 

*********************************************
Koharu(こはる) はり灸 整骨院

鍼灸師・柔道整復師

院長 清水 芳幸(しみず よしゆき)

〒546-0033   大阪市東住吉区南田辺1-3-13-1F

TEL&FAX  06-7505-7435

E-mail  info@koharu-jp.com

URL http://koharu-jp.com/
**********************************************

 

 

記事一覧へ