院内コラム

院内コラム

腰にかかる負荷について~大阪市東住吉区整骨院ならKoharuはり灸整骨院~

 

みなさんは、どんな時に腰が痛い

 

と感じますか?

 

 

 

 

また、どんな姿勢をしている時

 

腰痛を感じますか?

 

 

本当に腰が痛くなる時は

 

「え?こんな事で・・・?」

 

と言う位の事で腰痛になるんですよね^^;

 

 

 

 

 

例えば・・・

 

*後ろから名前を呼ばれて振り向いた時

 

*くしゃみをした時

 

*落ちたものを拾うとした時

 

などなど・・・

 

 

みなさんも思い当たりませんか?

 

 

普段の姿勢をちょっと気を付けるだけで

 

腰痛になるのを防ぐ事が出来ます。

 

 

 

 

そこで、知って貰いたいのが

 

どんな姿勢の時に

 

腰に一番負荷がかかるか・・・と言う事。

 

 

 

 

 

 

例えば正しい姿勢で立っている時に

 

腰にかかる負荷を100とした時

 

 

そのまま前かがみになると

 

腰には150の負荷がかかります。

 

 

更に椅子に腰かけると

 

140の負荷がかかります。

 

 

驚きですよね!

 

 

 

立っているより座っている方が

 

楽な気がしますが、

 

実は座っている方が

 

腰に負担は来ているんです。

 

 

 

更に更に!座って前かがみ・・・

 

パソコンを打つような姿勢ですが

 

 

 

この時は何と!

 

185もの負荷がかかっているんです!

 

 

 

 

 

 

つまり、タクシーの運転手さんや

 

トラックの運転手さんなど

 

腰痛が多い、と言うのは

 

この姿勢が原因と言えるんですね^^;

 

 

 

 

 

そこで、気を付けたいのが

 

姿勢になります。

 

 

 

 

例えば、落ちたものを拾う時・・・

 

みなさんは どうやって拾いますか?

 

 

 

立った姿勢のまま腰だけ

 

曲げて取りませんか?

 

この時、腰を痛める事が多いんです。

 

 

 

物を持ち上げる時も同じです。

 

どうすれば良いのかと言いますと

 

物を拾う時、物を持ち上げる時

 

 

きちんと膝を曲げて、腰を落として

 

拾ったり、持ち上げたりするのが

 

腰に負担の来ない姿勢になります。

 

 

 

 

 

次に腰をひねる様な動作をする時・・・

 

例えば仕事などで

 

品物を前から後ろに移す時

 

 

上半身だけをひねって

 

作業すると腰に負担が来ます。

 

 

 

ちゃんと身体全体を後ろに向けて

 

物を移すと、

 

腰にかかる負担も少なくて済みます。

 

 

 

 

如何でしたか?

 

チョッとした動作をする時に

 

気を付けるだけで

 

腰痛を防ぐ事が出来るんです。

 

 

 

 

普段から姿勢に気を付ける事で

 

痛い思いをしなくて済みますので

 

 

みなさんも意識して

 

動くようにしてみて下さいね。

 

 

 

 

*********************************************
Koharu(こはる) はり灸 整骨院

鍼灸師・柔道整復師

院長 清水 芳幸(しみず よしゆき)

〒546-0033   大阪市東住吉区南田辺1-3-13-1F

TEL&FAX  06-7505-7435

E-mail  info@koharu-jp.com

URL http://koharu-jp.com/
**********************************************

 

 

記事一覧へ