院内コラム

院内コラム

腰痛があると水がたまる!?~大阪市東住吉区整骨院ならKoharuはり灸整骨院~

こんにちは!

 

 

 

台風の被害が明確になってきましたが、

 

修繕は順番待ちの方が多いかと思います。

 

 

ちなみに、僕の車に飛来物があって、

 

修繕には半年かかるとのこと。

 

 

「はあ~・・・」

 

そんな感じですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、今月のコラムは膝について

 

お伝えしてきていますが

 

今回は『膝に水がたまる・・・』

 

 

 

と言う事について

 

お話していきたいと思います。

 

 

 

 

 

まず、“膝に水がたまる”と言いますが

 

どうして膝に水がたまるのかご存知でしょうか?

 

 

 

 

 

これは

 

変形性膝関節症が原因で

 

膝関節の内側の軟骨がすり減って

 

 

傷ができたため炎症を起こし

 

その結果、関節液が貯まってしまうのです。

 

 

 

 

 

 

関節液を抜くと楽になりますが

 

良く聞かれるのが

 

“一度水を抜くと癖になる”と言う事です。

 

 

 

 

 

みなさんも、

 

その様な話を聞いた事はありませんか?

 

 

 

 

 

 

何度も抜いた経験があるから

 

その様な事を言われるのかも知れませんが

 

 

癖になるのではなく

 

傷ついた軟骨が治らなければ、

 

 

また関節液が作られて

 

水が貯まってしまいます。

 

 

 

 

 

つまり、炎症が治まれば

 

自然と水は貯まらなくなります。

 

 

 

 

異常に貯まった関節液は汚く

 

軟骨にも良くないので、

 

 

癖になるからと抜かないのではなく

 

貯まってしまった汚い関節液は

 

抜いて出したほうが体にはいいと言う事になります。

 

 

 

 

 

 

貯まった関節液は炎症が起きて

 

出来た物なので

 

 

正常の関節液とは違うため、

 

軟骨へも悪影響を起こします。

 

 

 

 

 

膝の水を抜いた後は、

 

ヒアルロン酸と言う注射を

 

されているかと思いますが

 

 

 

これはヒトの関節液の成分の一つで

 

関節軟骨の表面を保護したり

 

軟骨の栄養をつかさどることで、

 

 

軟骨がこれ以上

 

壊されるのを防ぐ効果があります。

 

 

その結果、軟骨の傷が治り、

 

関節に水が貯まらなくなります。

 

 

 

 

 

 

 

変形性膝関節症の治療としては

 

関節への負担を軽くするために

 

 

*体重減量

 

*日常生活の改善

 

などが必要になります。

 

 

 

 

 

例えば

 

*重たい物を持たない

 

*正座や和式トイレをさける

 

*膝関節への負担を減らす為に太ももの筋肉の強化

 

 

 

と言った事が必要になってきます。

 

 

 

 

 

 

また筋トレを行ったり

 

自転車こぎ、ウォーキングなども効果的です。

 

 

 

 

膝の痛みが強く運動が出来ない

 

と言う人には水中歩行がお勧めです。

 

 

 

 

 

水中では体重がかかりにくくなるので

 

楽に運動をする事が出来ます。

 

 

 

 

 

また膝の周りには

 

脂肪組織が少ないので冷えやすいため、

 

保温をしたり入浴時のマッサージも効果的と言えます。

 

 

 

 

これから先も自分の身体を支え

 

健康に過ごしていく為にも

 

今から膝をいたわっていきましょう!

 

 

 

 

 

*********************************************
Koharu(こはる) はり灸 整骨院

鍼灸師・柔道整復師

院長 清水 芳幸(しみず よしゆき)

〒546-0033   大阪市東住吉区南田辺1-3-13-1F

TEL&FAX  06-7505-7435

E-mail  info@koharu-jp.com

URL http://koharu-jp.com/
**********************************************

記事一覧へ