院内コラム

院内コラム

腰痛だと思ったら・・・?実は!?~大阪市東住吉区整骨院ならKoharuはり灸整骨院~

 

 

朝晩の気温の差が激しい今日この頃ですが

 

体調管理出来ていますか?

 

 

 

 

今日は肩凝りについて・・・

 

医学的には肩コリとは言いませんが、

 

「頚腕症候群」と言います。

 

 

 

 

 

しかし、

 

「私、今日むちゃくちゃ頚腕症候群でさ~」

 

って誰も言いませんよね(笑)

 

 

肩コリって言いますよね?

 

俗称と言いましょうか・・・

 

 

 

もう1つ例を挙げるなら、五十肩1つでも、

 

 

「肩関節周囲炎」という医学的な名称があります。

 

 

 

 

で、話がそれたので戻します・・・

 

 

 

「ところで、あなたの院腰痛専門じゃ!?」

 

 

はい、そうです。

 

 

 

皆さんは肩凝りの症状は

 

肩が痛いだけ、と思っていませんか?

 

 

 

 

実は肩凝りが元で

 

色んな症状が出る事があります。

 

 

 

 

当院の専門でもある腰痛・・・

 

これにも肩凝り腰痛と言うのがあります。

 

 

 

 

いくら腰を治療しても痛みが取れない・・・

 

 

これは以前のコラムでも話しましたが

 

腰以外に原因がある場合、痛みが取れにくいんです。

 

 

そこでどこに原因があるのか探して

 

痛みの根源を治療する事で

 

楽になる、と言う事になります。

 

 

 

では、まず肩凝りの原因について・・・

 

 

皆さんは頭の重さはどれ位あると思いますか?

 

実は、約4キロもあるんですね・・・なかなかも重さですね。

 

 

 

 

4キロと言えば、分かりやすく言うと

 

ボーリングの球がそれ位の重さになります。

 

 

それ位のものが頭に乗っていると想像して下さい。

 

イメージでいうなら、

 

割り箸1本(首の骨)でボーリングの球を支えている感じ。

 

 

 

そこで、そんなに重い物が

 

首の上に乗っていて

 

肩凝りを感じない人もいます。

 

 

 

 

 

これは例えばですが

 

ボーリングの球を持つとき

 

 

一番楽な体制は

 

ボーリングをする時、球を投げる前に

 

ボールを持ってまっすぐ立っていますよね。

 

 

 

 

あの体制です。

 

 

所が前腕を少し傾けて持つと

 

持つのが辛くなってきますよね。

 

 

これは頭と首に置き換えて考えると

 

分かりやすくなります。

 

 

首が地面と垂直になっていて

 

その上に頭があると楽ですが、

 

 

首が前に倒れて

 

軸から外れると筋肉は緊張します。

 

 

 

現代はパソコンやスマホなど

 

軸が前の方に倒れてしまう

 

姿勢を取る事が多くなっています。

 

 

 

 

そのため、これらの全てが

 

肩凝りの原因になっていると言えます。

 

 

 

つまり、首が前に傾く事で肩や首に

 

負荷がかかり続ける事から肩凝りになります

 

 

 

 

 

では、何故それが腰に影響をきたすのか?

 

と言いますと・・・

 

 

少し長くなるので、明日に続きを書きますね!!

 

 

 

 

*********************************************
Koharu(こはる) はり灸 整骨院

鍼灸師・柔道整復師

院長 清水 芳幸(しみず よしゆき)

〒546-0033   大阪市東住吉区南田辺1-3-13-1F

TEL&FAX  06-7505-7435

E-mail  info@koharu-jp.com

URL http://koharu-jp.com/
**********************************************

 

 

 

 

記事一覧へ