院内コラム

院内コラム

腰痛の原因は、ふくらはぎにあるってほんと?~大阪市東住吉区整骨院ならKoharuはり灸整骨院~

こんにちは!

 

こはる鍼灸整骨院の清水芳幸です!

 

 

 

今回は腰痛に関係する部位・・・

 

“ふくらはぎ”について。

 

 

 

 

今回の主旨からいうと、

 

腰を痛めることによって、

 

 

その腰をかばうような姿勢を取り、

 

他部位が痛くなるという・・・

 

 

 

 

これ、腰痛あるあるなんです(笑)

 

 

 

 

その中でも、かなり多くの方が

 

症状として出てくるのが、ふくらはぎ!

 

 

 

実は、ふくらはぎは

 

第二の心臓と言われているのです!

 

 

 

 

それはどうしてかと言いますと

 

人間は立ち上がった時、

 

血液の約70%が一気に足まで下がります。

 

 

 

 

そして、それを一気に

 

頭まで戻してくれるのが

 

ふくらはぎの筋肉なんです。

 

 

 

 

 

しかし筋肉が衰えたり、

 

加齢による血管の老化で、

 

 

血管の弁の機能が衰える事により

 

足まで下がった血液が頭まで戻りにくくなるんです。

 

 

 

 

 

そんな時、起こるのが“めまい”であったり

 

“足のむくみ”“足がつる”と言った症状になります。

 

 

 

 

筋肉は鍛えるのをやめると

 

数日で衰えると言われています。

 

 

 

 

余談ではありますが、

 

オリンピックの選手は

 

熱が出ても筋トレだけは休まないんですね。

 

 

 

 

これは長年かけて鍛え上げた筋肉が

 

具合が悪く休んでいる間に衰えるから・・・

 

 

 

 

だからいくら熱が高くても

 

筋トレだけは休まないんです。

 

 

 

 

 

また、加齢による血管の衰えとして

 

静脈瘤と言うのがありますね。

 

 

 

 

ふくらはぎなどに、血管が膨れて出てきたリ

 

蜘蛛の巣の様な細い血管が出てきたリ・・・

 

あれは全て静脈瘤が出来ている証拠なんです。

 

 

 

 

 

血液が下に降りてきて、

 

上に上がった後、血管の弁が閉じて、

 

 

血液が下に戻らない様な仕組みになっているのですが

 

この弁が加齢と共に上手く閉じなくなります。

 

 

 

 

 

そうすると、下まで降りてきた

 

血液がそこに留まりむくみを起こしたり、

 

血流が悪くなって冷えたり

 

足がつったりする原因になります。

 

 

 

 

 

今では簡単な手術などがあり、

 

日帰りで受けられるようになりましたが、

 

 

そうなる前に血管を若く保ち、

 

筋肉を衰えさせない為にも

 

 

食生活の見直しや

 

生活習慣の改善などが大切になってきます。

 

 

 

 

また日頃の身体の

 

メンテナンスも大切になってきますので

 

 

予防も兼ねて当院にお越し頂ければ、

 

全身のメンテナンスをさせて頂きます。

 

 

 

趣味をするも仕事をするも、全て身体が資本!!

 

そして、この国は資本主義!(笑)

 

 

自分の身体は自分でメンテしていくことが必須です。

 

 

 

いつまでも健康に過ごす為にも

 

身体を労わっていきましょう!

 

 

 

 

*********************************************
Koharu(こはる) はり灸 整骨院

鍼灸師・柔道整復師

院長 清水 芳幸(しみず よしゆき)

〒546-0033   大阪市東住吉区南田辺1-3-13-1F

TEL&FAX  06-7505-7435

E-mail  info@koharu-jp.com

URL http://koharu-jp.com/
**********************************************

記事一覧へ