院内コラム

院内コラム

鍼って怖い!?痛いの?~大阪市東住吉区整骨院ならKoharuはり灸整骨院~

こんにちは!

 

こはる鍼灸院の清水芳幸です。

 

 

 

 

 

 

先日の台風・・・

 

前回が直撃で大阪は大打撃でしたので、

 

今回は、ガラスのドアに布テープ貼ったり、

 

かなりの対策はしていました。

 

 

 

 

過ぎ去ってみれば、

 

前回ほどではなかったですが、

 

も~いらないですね(笑)

 

 

 

 

なんでしょう、あの悪意のあるカーブ!

 

くの字に曲がって、日本列島に向かってくるとは・・・

 

 

 

 

 

 

 

今月は当院で施しています

 

美容鍼の『鍼』について

 

お伝えして行きますね。

 

 

 

 

 

当院は美容鍼専門ではありますが

 

腰痛、肩の痛みなど

 

 

鍼の方が効果があると考えた時

 

お勧めする事もあります。

 

 

 

 

 

 

そこで、殆どの方が“怖い”と言う

 

イメージを持っている鍼について

 

 

安心して受けて頂ける様

 

今月は詳しくお伝えして行きます。

 

 

 

 

 

 

<鍼灸の効果>

 

 

鍼灸治療は、世界保健機関(WHO)から

 

色々な症状に効果があると認められている

 

治療法の一つになっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

◆鍼灸治療とは?◆

 

 

鍼灸治療とは

 

身体の特定の点を刺激するために

 

 

専用の鍼や灸を用いて施す

 

治療法のことをいいます。

 

 

 

 

 

国家資格である「はり師」「きゅう師」が

 

施術の資格を持っています。

 

 

 

 

治療に使われる鍼は

 

髪の毛程度の細さなので、

 

刺したときの痛みはほとんど感じません。

 

 

 

 

 

鍼灸といえば

 

*頭痛、肩こりに効果的

 

*東洋医学

 

 

というイメージを持つ方が

 

多いのではないでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

しかし、厚生労働省の

 

発足したプロジェクトチームは、

 

 

 

西洋医学だけではどうしようもない

 

さまざまな疾患に対して、

 

 

鍼灸治療も取り入れた医療を

 

進めていくようになりました。

 

 

 

 

 

また、中国や日本以上に

 

アメリカ、ヨーロッパでは

 

医療現場での活用が進んでいて、

 

 

人々にとって重要な

 

医療手法として普及しています。

 

 

 

 

 

 

<鍼灸治療の歴史>

 

鍼灸の歴史は紀元前の中国では

 

すでに広く流行したという文献も残っていて

 

約2000年以上の長い歴史があります。

 

 

 

 

日本には奈良時代に伝えられ

 

江戸時代には庶民にも広まったと言われています。

 

 

 

 

その後、明治政府の方針で

 

西洋医学の方を強く推し進めた為、

 

 

鍼灸や漢方などの

 

日本の伝統的な医学は下火を迎えます。

 

 

 

 

 

 

しかし民間での支持は強く、

 

鍼師、灸師は国家資格として制定され

 

戦後には法律も制定され、

 

 

 

日本の鍼灸の研究も学会レベルで

 

進められるようになりました。

 

 

 

 

 

 

<西洋医学との違い>

 

 

西洋医学では病気の原因に着目し、

 

病気を治療するという方法をとりますが、

 

 

東洋医学では病気の症状は

 

体全体のバランスが崩れていることから

 

生まれていると考え、

 

 

そのバランスを自然治癒力で戻せば

 

病気が治る、というアプローチの

 

仕方をしています。

 

 

 

 

次回は鍼灸の作用の

 

仕方について説明していきますね。

 

 

 

 

*********************************************
Koharu(こはる) はり灸 整骨院

鍼灸師・柔道整復師

院長 清水 芳幸(しみず よしゆき)

〒546-0033   大阪市東住吉区南田辺1-3-13-1F

TEL&FAX  06-7505-7435

E-mail  info@koharu-jp.com

URL http://koharu-jp.com/
**********************************************

 

 

記事一覧へ