院内コラム

院内コラム

鍼灸ってほんとに効果あるの!?

こんにちは!

 

 

美容鍼のモニターは2週間毎に

 

必ず更新させていただきますね!

 

 

 

 

 

タイトルにもあるように、

 

鍼灸の効果ってどんなの??ってことです。

 

 

 

 

 

簡潔に言うと・・・

 

 

鍼灸治療は、鍼の刺激で血行が

 

良くなったり筋肉がほぐれるので、

 

腰痛、膝痛、頭痛、神経痛

 

(坐骨神経痛、三叉神経痛)などの症状に効果的です。

 

 

 

 

 

 

さらに、パソコンの使い過ぎからくる

 

・眼精疲労

 

・肩こり

 

・家事や仕事での足の疲れ

 

・こむら返り

 

 

などにも効果的です。
 

 

 

 

 

また、病院を受診しても異常がないといわれる

 

自律神経失調症、めまい、イライラ動悸、不眠症、

 

 

 

といった症状も自然治癒力を高めることで

 

 

効果が得られるのでおすすめです。

 

 

 

 

 

 

「なぜ効果的なの・・・?」

 

 

では、なぜ鍼灸が効くのか・・・ということですが

 

鍼灸治療は身体の反応を利用したもので

 

 

 

 

*鍼・・・身体の表面に機械的な刺激を与える

 

*灸・・・熱による刺激を与える

 

 

 

 

 

このようなことから、

 

病気を治療・予防することができます。

 

 

 

 

 

また鍼や灸で身体の感覚神経を刺激すると、

 

中枢神経の中にモルヒネのような物質が放出され、

 

 

 

痛みを脳に伝える神経経路がブロックされるので

 

腰痛・膝痛などの痛みがやわらぎます。

 

 

 

 

 

 

 

さらに、体表の太い感覚神経も刺激しますので

 

痛みをブロックする事ができます。

 

 

 

 

これは、体の一部をどこかにぶつけたとき

 

その部位をさすると痛みが和らぎますよね。

 

 

 

それと同じことなんです。

 

 

 

 

 

 

 

また、鍼灸治療では、痛みのある部位から

 

離れたツボを刺激して痛みを取ることがあります。

 

 

 

 

例えば歯が痛いときは

 

手のツボを刺激して痛みを軽減します。

 

 

 

 

 

 

これも先程もお話ししました

 

鍼や灸で身体の感覚神経を刺激すると、

 

 

 

中枢神経の中にモルヒネのような物質が放出する、

 

という鎮痛効果を考えれば理解できますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「子どもの症状にも対処できる!?」

 

 

小児鍼と言って、

 

乳幼児から小学生の子どもの治療に使われる鍼もあり

 

 

 

*「接触鍼」・・・鍼の先がわずかに触れる

 

*「摩擦鍼」・・・皮膚を摩擦する

 

 

この 二種類があります。

 

 

 

 

 

 

体に刺さずに皮膚を刺激することで血流を促進し、

 

交感神経と副交感神経のバランスを整えます。

 

 

 

 

 

子供の夜泣き・カン虫・夜尿症などは

 

親にとっても、どこへ行けば治るのか・・・

 

といった不安があるかと思います。

 

 

 

 

 

 

 

子供の鍼は刺さないので、怖さもないかと思います。

 

 

 

上記のような症状でお悩みの親御さんは

 

試しに鍼治療を受けるもの選択肢の1つかもしれませんよ♪

 

 

 

*********************************************
Koharu(こはる) はり灸 整骨院

鍼灸師・柔道整復師

院長 清水 芳幸(しみず よしゆき)

〒546-0033   大阪市東住吉区南田辺1-3-13-1F

TEL&FAX  06-7505-7435

E-mail  info@koharu-jp.com

URL http://koharu-jp.com/
**********************************************

 

 

 

記事一覧へ