院内コラム

院内コラム

鍼灸は海外と比較して遅れているのが現状・・・

こんにちは!

 

朝晩寒くなってきましたね・・・

 

 

という、世帯じみた会話からスタートしましたが(笑)

 

 

 

もう来月には毛布がいるんじゃないかというくらいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、今月のコラムは鍼治療について

 

お伝えしてきています。

 

 

 

 

今回は鍼治療の世界への

 

 

普及などについてお伝えして行きたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

日本では鍼灸治療の

 

 

研究と取り組みがようやく始まりましたが、

 

 

 

 

 

日本は先進欧米諸国に比べて

 

 

鍼灸治療の医療への活用が遅れています。

 

 

 

 

 

 

それは、鍼灸への偏見や無理解が

 

 

残っていることもあると言えます。

 

 

 

 

 

アメリカは公的医療制度が

 

 

ありませんが西洋医学に比べて、

 

 

 

鍼灸治療は

 

 

医療費のコストが安いため、

 

 

日常的に選択する人が多い様です。

 

 

 

 

 

 

 

またイギリス、ドイツ、イタリアなどの

 

 

ヨーロッパでも鍼灸治療は盛んで、

 

 

 

 

 

健康保険制度も

 

 

積極的に取り入れられていると言う事です。

 

 

 

 

 

 

 

しかし日本では

 

 

健康保険が使える鍼治療の症状は

 

 

6種類に限定されているのが現状です。

 

 

 

 

 

 

 

それでも日本の医療における

 

 

鍼の導入は少しずつ前進していて

 

 

 

 

2010年に厚生労働省は

 

 

「統合医療プロジェクトチーム」を発足し

 

 

 

現代西洋医学による医療と鍼灸の様な

 

 

補完代替医療をあわせて、

 

 

 

 

患者を治療するという

 

 

「統合医療」を推進することを

 

 

目的とした活動が始まっています。

 

 

 

 

 

しかし医療現場やリハビリ現場などで

 

 

実際に取り入れられているケースは少なく、

 

 

 

 

これからの日本社会の高齢化を考えると

 

 

医療およびリハビリの現場で

 

 

さらなる実践が望まれます。

 

 

 

 

 

 

 

ですが、最近ではリハビリ分野への

 

 

応用が少しずつ進み、

 

 

 

 

脳卒中など脳血管疾患がもたらす

 

 

後遺症に対するリハビリテーションへの

 

 

活用も始まっています。

 

 

 

 

 

脳梗塞によって失われた機能を

 

 

補完する働きが促進されるツボとして

 

 

 

 

 

手、顔、まぶたと眼球、

 

 

唇のツボを刺激することが

 

 

効果的と考えられています。

 

 

 

 

 

 

 

まだ臨床段階ですが、鍼灸治療による

 

 

後遺症回復の事例は少しずつ増えていて

 

 

今後のさらなる研究の発展がある事と思います。

 

 

 

 

 

 

*********************************************
Koharu(こはる) はり灸 整骨院

鍼灸師・柔道整復師

院長 清水 芳幸(しみず よしゆき)

〒546-0033   大阪市東住吉区南田辺1-3-13-1F

TEL&FAX  06-7505-7435

E-mail  info@koharu-jp.com

URL http://koharu-jp.com/
**********************************************

 

 

 

 

 

記事一覧へ