院内コラム

院内コラム

3月最初のコラムになりました泣~大阪市東住吉区整骨院ならKoharuはり灸整骨院~

 

こんにちは!

 

 

Koharu院の清水です。

 

 

 

 

3月も、もうすぐ終わりますね・・・

 

コラムもしばらく更新できず、

 

申し訳ありませんでした。

 

 

 

 

 

 

ところで、今回からは、

 

今後4月の半ばあたりから、

 

 

当院で導入していく

 

 

シミ取りの美容についてお伝えしていきます。

 

 

 

 

 

ざっくり結論から言いますと、

 

 

 

機械を使って、

 

・シミを薄くする

 

・お肌のトーンを上げる

 

 

 

この2点が今回の目的であって、

 

美容鍼では出来ない領域になっています。

 

 

 

 

そこで、今回のコラムから数回にわたって

 

シミが出来る原因やシミの種類などに

 

ついてお伝えしていきたいと思います。

 

 

 

 

 

シミの種類

 

 

 

シミは、

 

*女性では5種類

 

*男性では2種類

 

 

あると言われています。

 

 

 

 

 

 

女性では、

 

①老人性色素斑(ろうはん)

 

②肝斑

 

③雀卵斑(ソバカス)

 

④対称性真皮メラノサイトーシス

 

⑤炎症後色素沈着

 

の5種類になります。

 

 

 

 

この中で一番多いのは

 

①老人性色素斑

 

②肝斑

 

になります。

 

 

 

 

男性では、

 

①老人性色素斑

 

②炎症後色素沈着

 

の2種類がほとんどです。

 

 

 

 

 

シミの識別

 

 

女性には5種類のシミがあると

 

お伝えしましたが

 

特徴をお伝えしていきます。

 

 

 

 

 

①老人性色素斑(ろうはん)

 

円形の茶色いしみが

 

左右バラバラに生じています。

 

 

色は茶色~こげ茶色で、

 

しみの境界は明瞭です。

 

 

表面はツルツルしていますが、

 

稀にイボを伴うこともあります。

 

 

 

 

②肝斑(かんぱん)

 

左右対称性にもやもやとした

 

茶色いシミが生じています。

 

 

最初は頬骨のあたりに薄いしみができ

 

徐々に両方の頬に拡大し

 

最終的には眼のまわりを囲みながら広がり

 

鼻下にもしみができてきます。

 

 

瞼には出来ません。

 

 

 

年齢としては30歳から40歳が多く、

 

出産をきっかけに生じることが多いとされ

 

 

閉経後には目立ちにくくなることが

 

多いと言われています。

 

 

 

 

 

③雀卵斑(そばかす)

 

左右対称性に粒状の茶色いしみが

 

横一線にできています。

 

子供の頃から生じ

 

思春期頃に一番目立つようになります。

 

 

 

 

 

④対称性真皮メラノサイトーシス

 

左右対称性に粒状の

 

黒っぽいしみが生じています。

 

 

 

識別がかなり難しい疾患になります。

 

 

頬骨あたり、おでこの外側、

 

小鼻に生じること多く、

 

 

頬では粒状で、

 

おでこの外側では面状になります。

 

 

 

肝斑と違うのは、

 

まぶたの皮膚にも出来るところです。

 

 

 

 

⑤炎症後色素沈着

 

 

日焼け、ケガ、やけど、

 

吹き出物などの後にしみができます。

 

 

境界はわかりにくく、色調もムラがあり

 

男性のしみはほとんどがこの

 

炎症後色素沈着になります。

 

 

 

仕事やゴルフで日焼けを

 

繰り返すことでできてきます。

 

 

 

次回も、シミについてコラムを書かせていただきますね!

 

 

 

 

*********************************************
Koharu(こはる) はり灸 整骨院

鍼灸師・柔道整復師

院長 清水 芳幸(しみず よしゆき)

〒546-0033   大阪市東住吉区南田辺1-3-13-1F

TEL&FAX  06-7505-7435

E-mail  info@koharu-jp.com

URL http://koharu-jp.com/
**********************************************

 

記事一覧へ