院内コラム

院内コラム

お肌別!美肌スキンケアのお話!~大阪市東住吉区整骨院ならKoharuはり灸整骨院~

今回は肌質別スキンケアを

 

 

お伝えしていきます。

 

 

 

 

 

 

肌質はひとりひとり違いますし、

 

 

 

同じ人でも季節や環境、

 

 

 

体調、年齢などによって変化していきます。

 

 

 

 

 

 

このように肌質とはさまざまな要素が

 

 

絡まり合って作られるので

 

 

 

美肌に導くためには、

 

 

 

『今のあなたの肌質に合ったスキンケア』を

 

 

 

選ぶことが大切になります。

 

 

 

 

 

 

 

【普通肌】

 

 

水分、油分ともにバランスがとれていて

 

 

トラブルも少なく健やかな肌なので、

 

 

メイクノリも良く肌のキメも整っています。

 

 

 

 

 

 

普通肌の場合は、特に意識する事なく

 

 

 

基本的なスキンケアをすれば大丈夫。

 

 

 

 

 

 

手抜きをせずに化粧水・乳液を使って

 

 

 

基本のスキンケアはしっかり行いましょう。

 

 

 

 

 

 

 

【脂性肌】

 

 

水分量、皮脂量共に多い肌で

 

 

洗顔後もすぐにべたつきを感じます。

 

 

 

 

皮脂が出やすいため

 

 

化粧崩れやニキビ、

 

 

毛穴の黒ずみなどの肌トラブルに悩まされます。

 

 

 

 

 

脂性肌の人はテカりやべたつきが気になり、

 

 

 

洗浄力や刺激のつよい洗顔料を

 

 

 

使う人もいるようですが、これは間違いです。

 

 

 

 

 

 

皮脂を落とし過ぎると、逆に皮脂が過剰に

 

 

分泌される原因になるので

 

 

 

「余分な油分を取り除き、水分を補うこと」が大切になります。

 

 

 

 

 

 

◎脂性肌に適したスキンケア

 

★クレンジング

 

オイルが多いもの

 

 

 

★洗顔

 

洗顔用の固形石鹸がおすすめ

 

 

 

★化粧水

 

清涼感のあるさっぱりしたもの

 

 

 

 

★乳液

 

さっぱり感のある水分の多いもの

 

 

 

 

 

 

【混合肌】

 

 

顔の部分によって

 

 

”カサつく部分”と“テカる部分”があり

 

 

 

 

特に頬や口元、目の周りがカサついて

 

おでこやあごにも・・・

 

 

 

 

つまり、吹き出物が

 

 

 

おでこやあご、鼻の周囲に

 

 

 

できやすいのが特徴と言えます。

 

 

 

 

 

混合肌の場合は、

 

 

保湿をしっかり行って

 

 

肌のバリア機能を高める事がポイントです。

 

 

 

 

 

◎混合肌に適したスキンケア

 

 

 

★クレンジング

 

オイル、ジェル、ミルク状など

 

 

 

 

 

★洗顔

 

やわらかい感触の

 

洗顔用固形石鹸や洗顔フォーム

 

 

 

 

 

★化粧水

 

さっぱりとしたみずみずしい化粧水

 

 

 

 

 

 

★クリーム

 

 

カサツキが気になる頬や目の周りなどに使う

 

 

 

 

 

★乳液

 

 

さっぱりした水分の多い乳液

 

 

 

 

 

 

 

【乾燥肌】

 

 

水分量、皮脂量共に不足しがちな肌で

 

 

空気が乾燥すると、カサツキが目立ちます。

 

 

 

 

 

 

さらに、水分が足りないため

 

 

肌のバリア機能も低下し、

 

 

 

 

肌トラブルを起こしやすいので

 

 

保湿重視のスキンケアを心がけ

 

 

 

 

 

 

室内では加湿器を利用するなど

 

 

湿度も意識する事がポイントです。

 

 

 

 

 

◎乾燥肌に適したスキンケア

 

 

 

★クレンジング

 

 

オイルやクリームなどの油分が多いもの

 

 

 

 

 

 

★化粧水

 

 

少しトロみのある保湿が高いもの

 

 

 

 

 

★クリーム

 

しっとりした油分が多いもの

 

 

 

 

 

★乳液

 

水分、油分ともに多いしっとりしたもの

 

 

 

 

 

 

【敏感肌】

 

 

肌が常に乾燥しているのが特徴で

 

 

 

「バリア機能の低下」

 

 

 

「体調の変化・ストレス」

 

 

 

「外的環境」

 

 

 

 

 

といったものに敏感に反応して

 

 

 

かゆみやかぶれなど

 

 

 

トラブルが生じやすい肌なので

 

 

 

 

 

肌に優しいケアを心がけ

 

 

 

敏感肌用アイテムを使うことがポイントです。

 

 

 

 

 

 

◎敏感肌に適したスキンケア

 

 

 

★クレンジング

 

アルコールフリーのオイルやクリーム状のもの

 

 

 

 

★洗顔

 

グリセリンが主成分の石けん

 

 

 

 

 

★化粧水

 

アルコールフリー、香料が入っていないもの

 

 

 

 

 

 

★クリーム

 

ワセリンなどの保護を目的としたもの

 

 

 

 

★乳液

 

肌に刺激を感じる場合はつけなくても良い

 

 

 

 

肌質別スキンケアは

 

 

以上のようになります。

 

 

 

 

このように自分の肌質を知ることで

 

スキンケアも変わってきます。

 

 

 

 

 

 

美肌を目指すためにまずは

 

 

自分に合ったスキンケアを選びましょう!

 

 

 

 

*********************************************
Koharu(こはる) はり灸 整骨院

鍼灸師・柔道整復師

院長 清水 芳幸(しみず よしゆき)

〒546-0033   大阪市東住吉区南田辺1-3-13-1F

TEL&FAX  06-7505-7435

E-mail  info@koharu-jp.com

URL http://koharu-jp.com/
**********************************************

 

 

記事一覧へ