院内コラム

院内コラム

洗顔は若々しいお肌を保つために必要なこと!

こんにちは~!!

 

いやいや、美容モニター始まりましたね・・・

 

 

 

 

先月は紫外線対策について

 

 

お伝えしてきましたが

 

 

 

 

 

今月は、いつまでも若々しい肌を

 

 

 

保つ為に必要な事をお伝えしていきます。

 

 

 

 

 

当院の美容鍼、

 

シミ対策美容法と併せて・・・

 

 

もちろん、自分でも興味を持つことで、

 

 

いつまでも若々しくいれますので試してみてくださいね。

 

 

 

 

 

度々コラムの中でもお伝えしていますが

 

美肌の基本は“洗顔”

 

 

今回はおさらいのつもりで

 

正しい洗顔についてお伝えしていきます。

 

 

 

 

 

 

《洗顔でやってしまいがちな間違い》

 

 

 

◆冷水・熱いお湯で洗っている◆

 

 

冷水で洗うことで毛穴が引き締まるから

 

良様な感じがしますが

 

 

これは毛穴が引き締まるのではなく

 

 

急激な冷えで一時的に縮むだけ・・・なんです。

 

 

 

 

情報過多で不明点もおありかと思いますが、

 

 

一瞬縮まるのみ!というのは事実です。

 

 

 

 

 

 

 

 

また、熱めのお湯で洗うと

 

皮脂や汚れは落としやすくなりますが

 

 

 

必要な皮脂まで落とし過ぎてしまい

 

逆に乾燥などのトラブルを起こしてしまいます。

 

 

 

 

つまり、洗顔の際は、32℃くらいの

 

ぬるま湯がおすすめ、と言えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

◆少ない水で泡立てている◆

 

 

泡立てネットを使うと、簡単に

 

モコモコな泡を立てることができ

 

ボリュームのある泡に見えますが

 

 

 

 

適正な水分が含まれていないと

 

 

肌への摩擦を起こしやすく、

 

 

逆に肌に負担をかけてしまいます。

 

 

 

 

 

泡立てネットを使って泡をたてる場合は

 

 

水を足しながらたっぷりとした

 

 

泡を作るようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

◆「ゴシゴシ」と擦るように洗う◆

 

 

洗顔をするときに

 

ゴシゴシ擦ると摩擦が生まれ、

 

肌に負担がかかってしまいます。

 

 

 

 

一生懸命洗顔をしたような気持に

 

なるかもしれませんが

 

逆に乾燥を招いてしまうことになります。

 

 

 

 

 

特に、目元や口元などは

 

 

他の部分よりも皮膚が薄くデリケートなので

 

 

優しく泡で洗うように洗顔しましょう。

 

 

 

 

◆2分以上かけて洗顔◆

 

 

長時間、肌に洗顔料を付けて洗うと

 

肌に負担がかかりやすく

 

乾燥する原因になってしまう場合も。

 

 

 

 

洗顔時間の基本は1~1.5分と

 

考えて行いましょう。

 

 

 

 

◆タオルで擦るように拭く◆

 

タオルは洗顔の時よりも

 

摩擦を与えやすいので強く擦って

 

水分を拭き取らず

 

 

 

タオルを押しあてて水分を

 

吸わせるような感覚で拭きましょう。

 

 

 

 

 

◆1日に3回以上の洗顔◆

 

 

肌の脂っぽさが気になる人は

 

1日に何回も洗顔をするようですが

 

 

過度な洗顔は皮脂を落とし過ぎるため

 

肌は乾燥しやすくなり

 

 

 

その乾燥をやわらげようと、

 

逆に皮脂量が増えてしまいます。

 

 

 

 

皮脂を減らすために洗顔をしても

 

逆に脂っぽい肌になってしまうことも。

 

 

 

 

肌には適当な皮脂量は必要ですが

 

落とし過ぎは逆効果と言えます。

 

 

 

 

 

◆ニキビができた時、いつもより洗顔する◆

 

 

 

ニキビができた時、

 

早くどうにかしようと、いつもより

 

しっかり洗顔をしていませんか?

 

 

 

大人になって出来るニキビは

 

乾燥が原因と言われています。

 

 

 

 

 

つまり、ニキビを早く治したいと

 

過度に洗顔をすると油分を取り過ぎて

 

逆に乾燥を招いてしまいます。

 

 

 

さらにニキビができた部位への

 

過度な洗顔は、

 

肌への負担にもなってしまうので

 

 

ニキビを防ぐための洗顔は大切ですが

 

できてしまったニキビには

 

 

なるべく負担を与えず、

 

洗いすぎには注意しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

《まとめ》

 

 

いかがでしたか?

 

あなたは間違った洗顔をしていませんか?

 

 

洗顔を正しく行うだけで

 

肌の状態も変わってきますので

 

是非見直してみてくださいね。

 

 

 

 

次回からはエイジングケアについて

 

詳しくお伝えしていきます。

 

 

 

 

*********************************************
Koharu(こはる) はり灸 整骨院

鍼灸師・柔道整復師

院長 清水 芳幸(しみず よしゆき)

〒546-0033   大阪市東住吉区南田辺1-3-13-1F

TEL&FAX  06-7505-7435

E-mail  info@koharu-jp.com

URL http://koharu-jp.com/
**********************************************

 

 

記事一覧へ