院内コラム

院内コラム

今年の夏の過ごし方!お家でストレッチしませんか?

 

 

毎日暑い日が続いていますが

 

 

 

『水分補給、涼しい環境での生活・・・』

 

 

 

またコロナ対策の一つでもある

 

 

 

室内の空気の入れ替え・・・など大丈夫でしょうか?

 

 

 

 

クーラーでせっかく涼しくなった部屋でも

 

 

 

換気をしなければならないので大変ですね・・・

 

 

 

 

これまでの生活様式が一変して戸惑ってしまいますが

 

 

 

この環境に慣れて行く事も大切になりますね。

 

 

 

 

 

更に例年であればお盆休み田舎に帰って過ごす方も

 

 

 

多いかと思いますが

 

 

 

今年はコロナの影響でどこにも出かけない・・・

 

 

と言う人も多いのでは・・・

 

 

 

 

 

家の中ばかりで過ごすと時間の経つのも長く感じ

 

 

 

運動不足にもなりますね。

 

 

 

 

そこで今回は自宅でできる簡単なストレッチを

 

 

 

お伝えしていきたいと思います。

 

 

 

ストレッチは肩凝り、腰痛の予防にもなりますので

 

 

 

 

習慣にして毎日少しずつ行うと良いかと思います。

 

 

 

 

 

《肩凝り解消ストレッチ》

 

 

 

『肩が凝る原因は肩甲骨の動きが悪いから・・・』

 

 

 

と言う事を聞いた事はありませんか?

 

 

 

 

肩凝りは

 

 

*肩甲骨の動きの悪化

 

 

*肩甲骨周辺の血行不良

 

 

 

が原因になっているので

 

 

 

肩凝りを改善させる一番の近道は、

 

 

 

肩甲骨周りの血行を良くすること。

 

 

 

 

 

つまり肩甲骨周辺の筋肉がほぐれることで

 

 

代謝や血流がよくなりますので

 

 

 

筋肉にたまった疲労物質や老廃物が流れ

 

 

 

肩凝り解消に繋がります。

 

 

 

 

『肩だけを揉んでほぐすと良い・・・』

 

 

 

と思っている方が多いかと思いますが

 

 

 

 

この場合その時は一時的に良くなっても

 

 

 

直ぐに元に戻ってしまうので

 

 

 

 

肩凝りの原因である部分をほぐさなくては

 

 

 

 

凝りは解消できません。

 

 

 

 

そこで肩甲骨のストレッチがおススメ!

 

 

 

★肩甲骨ストレッチ ➊

 

①両手を肩に乗せて肩甲骨の動きを意識しながら

 

 

 

肘で大きな円を描くように、ゆっくり

 

 

 

前から後ろに30秒間回します。

 

 

 

 

 

この時肘が耳の近くを通るように大きく回しましょう。

 

 

 

 

②反対に、肘を後ろから前に回します。

 

 

 

これも①と同様30秒間行います。

 

 

 

 

 

★肩甲骨ストレッチ ❷

 

①立つか座った姿勢で行います。

 

 

 

片腕を手のひらは前にして

 

 

 

窓の高いところをぞうきんで拭くイメージで

 

 

 

上にぐーっと伸ばします。

 

 

 

 

②腕は伸ばしたままで、ゆっくりと5秒かけて

 

 

 

手を腰の高さまで下げていきますが

 

 

 

 

この時も遠くをぞうきんで拭くイメージで

 

 

 

できるだけ腕を伸ばして行いましょう。

 

 

 

 

 

この①と②のストレッチを左右5回ずつ行いましょう。

 

 

 

 

※ストレッチはゆっくりした動作で行い

 

 

 

呼吸も止めずにゆっくり吸ったり吐いたりしながら

 

 

 

行う事が大切になります。

 

 

 

 

また余計な力は入れないようにゆったりと

 

 

 

リラックスして行う事も大切です。

 

 

 

 

身体に痛みがあると憂鬱ですよね。

 

 

更に自宅にばかり居る事もストレスに・・・

 

 

 

 

毎日ストレッチを行い身体を楽にすることで

 

 

 

気持ちも少しは楽になるかと思いますので

 

 

 

好きな音楽をかけながら行ってみてくださいね♪

 

 

 

 

次回は腰痛に効果的なストレッチについて

 

 

 

お伝えしていきます。

 

 

腰が痛くてもコロナで治療に行けない!そんなあなたに・・・!

毎日暑い日が続いていますが

 

 

 

皆さん健康管理大丈夫でしょうか?

 

 

 

 

コロナも増え続け外出制限も掛かりましたね。

 

 

 

 

そこで、

 

 

『治療に行きたいけど外に出れない・・・』

 

 

 

『でも痛みが・・・』

 

 

 

 

と言う人のために自宅でできるツボ押しを

 

 

 

お伝えしていきます。

 

 

 

 

 

以前肩凝りのツボ押しについてお伝えしましたが

 

 

 

今回は腰痛のツボについて・・・

 

 

 

 

《腰痛の原因》

 

腰痛を引き起こす原因に、

 

 

 

“運動不足による腰の周りの筋肉の衰え”等があります。

 

 

 

まさしく、今のこの状況で運動不足になっている人も

 

 

 

多いのではないでしょうか?

 

 

 

 

*マスクをしたままの運動がきつい・・・

 

 

*在宅勤務で家にばかりいる・・・

 

 

 

 

このような状況で筋肉が衰えてしまいます。

 

 

 

背骨をまっすぐに支える力が落ちると

 

 

背骨や腰椎にかかる負担が増えてしまうため

 

 

 

*痛みが出やすい

 

*血流が滞り、痛みにつながる

 

 

 

といったことが起こってしまいます。

 

 

 

そこで今回は症状別に効果的なツボを

 

 

紹介していきたいと思います。

 

 

 

 

 

《症状別のツボ》

 

 

★初期段階の腰痛

 

 

 

*それほど激しい痛みではない

 

*背中から腰にかけて左右どちらかが痛い

 

 

 

と言った腰痛の初期段階に効果的なのが

 

 

『崑崙(こんろん)』になります。

 

 

 

 

場所は、くるぶしの頂点から

 

 

 

アキレス腱とぶつかるところにあります。

 

 

 

 

親指の先でこのツボを2~3秒押して離す

 

 

 

と言った刺激を3~5分繰り返しましょう。

 

 

 

 

★姿勢による痛み

 

 

 

*前屈みになったとき

 

 

 

*中腰の姿勢になったとき

 

 

 

*ぎっくり腰になった時

 

 

このような場合に効果が期待できるツボは『中封(ちゅうほう)』

 

 

 

 

 

場所はつま先を上に反らしたときに、

 

 

 

内くるぶしの前側に出る腱と内くるぶしの間に

 

 

できたくぼみの中心になります。

 

 

 

 

このツボに親指を当て、3~5秒押してゆっくりと離す

 

 

と言った刺激を3~5分間繰り返しましょう。

 

 

 

 

★慢性化した腰痛

 

 

痛みや違和感が続くような慢性化した腰痛には

 

 

 

『照海(しょうかい)』と言うツボが効果的です。

 

 

 

 

場所は内くるぶしの突起から

 

 

 

親指の幅だけ下がったところにあります。

 

 

 

このツボを親指の先で3~5秒押してゆっくりと離す

 

 

 

と言った刺激を3~5分間繰り返しましょう。

 

 

 

 

《つぼ押しするコツ》

 

 

ここまでお伝えしてツボを刺激する時は

 

 

 

心地いいと感じる程度の強さで押すようにしましょう。

 

 

 

強く何度も押しすぎると、“揉み返し”が起こり、

 

 

 

痛みが発生する場合がありますので注意してくださいね。

 

 

 

 

 

★坐骨神経

 

 

*お尻から足にしびれを感じる

 

 

 

*お尻から足に違和感や痛みがある

 

 

 

 

このような状態のとき効果的なのが

 

 

坐骨神経の足つぼ(反射区)。

 

 

 

 

この坐骨神経の反射区はすねの骨にそって

 

 

 

骨の内側を刺激しましょう。

 

 

 

 

この部分はハンドクリームやマッサージクリームなどで

 

 

痛気持ちいい程度の強さでセルフマッサージを行いましょう。

 

 

 

 

《反射区を刺激するコツ》

 

 

オイルやボディクリームを使って、

 

 

 

ゆっくりと塗りこむように点ではなく面を意識して

 

 

 

反射区周辺を刺激していきましょう。

 

 

 

 

「反射区」の場合、ある程度の広さがあるので

 

 

 

指を滑らせる刺激が中心となるため

 

 

 

指の滑りが悪いとなかなか効果的に

 

 

 

刺激を与えることができないので

 

 

 

オイルやクリームを使用して行いましょう。

 

 

 

 

刺激する時は、やさしく刺激するようにしましょう。

 

 

 

強く刺激しすぎると反射区周辺の筋肉が過剰に緊張し、

 

 

 

かたくなる場合もあり逆効果になってしまいますので

 

 

 

気をつけましょう。

 

 

 

 

一日も早く安心して治療にこられる日が来ると良いですね。

 

 

暑い夏とコロナに負けない!夏野菜のおススメ!!

 

夏休みも始まり、例年であれば楽しい日常が

 

 

 

待っているのでしょうが

 

 

 

今年はコロナの感染が全国的に広がり

 

 

 

ゆっくり楽しむ余裕もないのでは・・・

 

 

 

 

またせっかく旅行を計画していた人もキャンセルして

 

 

自宅で過ごしている人も多く

 

 

 

自宅で食事を摂る機会も増えているのでは・・・

 

 

 

 

そこで今回は暑い夏を乗り切るための

 

 

 

夏野菜についてお伝えしていきます。

 

 

 

《夏野菜》

 

夏野菜といえば、

 

 

 

キュウリ・オクラ・カボチャ・トマト・ナス・ピーマン

 

 

 

などが代表的なものになります。

 

 

 

旬の野菜は

 

*安い

 

*美味しい

 

*栄養価が高い

 

 

 

と言った良いこと尽くめの上

 

 

 

夏の気候に合わせて、夏バテの予防などにも効果的な

 

 

 

『ビタミンC、ビタミンE、β-カロテン』などを含む野菜が多く

 

 

 

夏を乗り切るためにも積極的に摂りたい野菜と言えます。

 

 

 

 

《夏野菜の持つ力》

 

 

ここからは代表的な夏野菜の持つ栄養素の働き

 

 

についてお伝えしていきます。

 

 

 

 

◎オクラ

 

オクラのねばねばには

 

 

*整腸作用

 

 

*コレステロールの低下作用

 

 

*血糖の急激な上昇を抑える働き

 

 

が認められています。

 

 

 

 

生のままでも美味しく食べられますが、

 

 

ゆでる場合はオクラに含まれる酵素が

 

 

熱に弱いため、サッと湯がきましょう。

 

 

 

◎カボチャ

 

3大抗酸化ビタミンである

 

*ビタミンC

 

*ビタミンE

 

*β-カロテン

 

 

を含む栄養価の高い食品です。

 

 

 

 

更に、炒ったカボチャの種には

 

 

コレステロール上昇抑制作用があります。

 

 

 

 

◎キュウリ

 

 

キュウリなどのウリ科の野菜には利尿作用や

 

 

体にこもった熱を放散してくれる働きがあります。

 

 

 

◎トマト

 

 

カボチャと同様3大抗酸化ビタミンである

 

*ビタミンC

 

*ビタミンE

 

*β-カロテン

 

 

を含み、動脈硬化やがん、老化防止にも

 

 

効果が期待されています。

 

 

 

特にトマト色素のリコペンには、

 

 

 

β-カロテンの2倍の抗酸化力があると言われています。

 

 

 

◎ナス

 

 

キュウリと同じウリ科の野菜で、利尿作用があり

 

 

ナスの皮には動脈硬化防止や抗がん作用があります。

 

 

 

 

◎ピーマン

 

 

ビタミンCが豊富で、風邪の予防や肌にも

 

 

効果的と言われています。

 

 

 

 

また、ピーマンに含まれるビタミンPは

 

 

加熱や酸化で壊れやすいビタミンCを守ってくれ

 

 

働きもあります。

 

 

 

 

《夏バテを解消する食べ物》

 

夏は、ビタミンB1の消耗が激しく、

 

 

 

不足しがちになります。

 

 

 

つまりビタミンB1を積極的に摂ることで、

 

 

体内に摂取された栄養を

 

 

効率よくエネルギーに変えられるようになります。

 

 

 

 

そこで夏バテ対策にはビタミンB1の多い

 

 

”豚肉やうなぎ、玄米”などがおススメ。

 

 

 

 

またアリシンを多く含む食品

 

 

 

ニンニク・ねぎ・たまねぎ・ニラなど

 

 

 

と一緒に摂ると、ビタミンB1の吸収率がアップします。

 

 

 

 

 

 

《まとめ》

 

 

夏野菜は生のまま食べられるものも多いのですが、

 

 

 

生で食べると体を冷やすといわれるキュウリやトマト、ナス

 

 

 

といった野菜は、加熱調理をしたり、

 

 

 

体を温めるネギ、ニンニク、ショウガなどや

 

 

 

香辛料と一緒に食べるなど工夫をしましょう。

 

 

 

 

暑い夏、コロナの夏を乗り切るために

 

 

このような野菜を積極的に摂取しましょう!

 

 

 

« 前のページへ 記事一覧へ