院内コラム

院内コラム

気象病の予防にはこんな食材でバランスよく!

 

前回、気象病対策の一つである

 

 

”食生活”についてお伝えしましたが

 

 

 

今回は、より細かく栄養素について

 

 

お伝えしていきたいと思います。

 

 

 

 

気象病に効果的な栄養素にはどんな物が

 

 

 

あるのでしょうか?

 

 

 

 

 

①ビタミンB1

 

 

痛みや自律神経のメカニズムとも

 

 

深く関係している栄養素になります。

 

 

 

脳や糖質を体内でエネルギーに変換してくれる時に

 

 

不可欠な栄養素になります。

 

 

 

 

★ビタミンB1が多く含まれているのは

 

 

*豚肉、うなぎ、玄米などがあります。

 

 

 

 

②ビタミンE

 

 

 

抗酸化作用が高い脂溶性のビタミンで、

 

 

 

活性酸素から身体を守ります。

 

 

 

*血流を促す

 

*コレステロール値を下げる

 

*自律神経を正常な状態に導く

 

*ホルモン分泌をコントロールする

 

 

 

と言った働きがあります。

 

 

 

 

★ビタミンE多く含まれる食材は

 

 

ゴールドキウイ、キウイ、アボカド、赤ピーマン、大根の葉

 

 

など・・・

 

 

 

 

③ビタミンA

 

 

 

肌をはじめ目や口、鼻、のど、気管支などの

 

 

 

粘膜の健康維持に効果があります。

 

 

 

 

更に乱れた自律神経を整えて、

 

 

 

「やる気が出ない」と言った症状を和らげる作用も・・・・

 

 

 

 

★ビタミンAが多く含まれる食材は

 

 

ニンジン、ほうれん草、小松菜、カボチャ、

 

 

 

メロン、スイカ、マンゴーなど・・・

 

 

 

 

 

④マンガン

 

 

骨の形成や糖質・脂質代謝に働く酵素など、

 

 

 

色々な酵素の構成成分になり、

 

 

 

それらの働きをサポートする栄養素です。

 

 

*骨や軟骨

 

*皮膚

 

 

 

などの健康を保つ役割があります。

 

 

 

 

また過敏になった神経を和らげて

 

 

 

鎮める作用もあります。

 

 

 

 

★マンガンが多く含まれる食材は

 

 

ショウガ、パイナップル、レンコン、たけのこ

 

 

 

しそ、バジル、きんかんなどがあります。

 

 

 

 

⑤マグネシウム

 

ミネラルの一種で、骨や歯の形成に必要不可欠な栄養素で

 

 

*エネルギー代謝

 

*血圧や体温

 

*血糖値のコントロール

 

*精神の安定

 

 

 

と言った働きもるので、うつ症状を

 

 

緩和する効果にも期待されています。

 

 

 

 

つまり、気象病の予防・改善にも役立つ

 

 

栄養素と言えますね。

 

 

 

★マグネシウムが多く含まれる食材は

 

 

アボカド、ショウガ、枝豆、ソラマメ、バナナ

 

 

 

栗、ごまなど・・・。

 

 

 

 

⑤必須アミノ酸

 

 

私たちの身体に欠かすことのできない

 

 

 

重要な栄養素の「たんぱく質」は、

 

 

 

20種類のアミノ酸の集合体で

 

 

*筋肉や血液

 

*爪

 

*臓器

 

 

 

などを構成します。

 

 

 

そのうち体内で合成されないアミノ酸が

 

 

 

全部で9種類の「必須アミノ酸」。

 

 

 

そのため食事から摂取する必要があります。

 

 

 

 

必須アミノ酸は、生命維持にはもちろん必要不可欠ですが

 

 

 

身体をお休みモードから活動モードへと

 

 

 

切り替えてくれる役割があるので

 

 

 

自律神経を整えてくれる栄養素と言えます。

 

 

 

気象病になり易いこの時期は

 

 

 

とくに積極的に摂取したい栄養素と言えます。

 

 

 

 

★必須アミノ酸が多く含まれる食材は

 

 

バナナ、アーモンド、大豆食品、枝豆

 

 

 

黒酢、卵、プロセスチーズなどがあります。

 

 

 

 

このように気象病の予防に効果的な栄養素を

 

 

 

バランスよく摂り入れて快適な一日を過ごせるよう

 

 

 

工夫してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

「気象病」対策に効果的な食生活とは?

 

 

前回は気象病に効果的な耳マッサージとツボについて

 

 

 

お伝えしましたがいかがだったでしょうか?

 

 

 

 

今日は

 

 

 

「気象病」対策の一つ食生活について・・・

 

 

 

どのようなことに気をつければ良いのでしょうか?

 

 

 

 

見ていきましょう!

 

 

 

 

 

◎身体の温まる食事

 

 

気象病の原因の一つに自律神経のバランスが

 

 

 

崩れるという事がありますが

 

 

 

自律神経を整えてくれる食事として

 

 

 

第一に体の温まる食事がおススメです。

 

 

 

 

夏からの延長でつい冷たい飲み物や

 

 

 

食べ物を摂取してしまうかもしれませんが

 

 

 

食べ物で体が冷えてしまいますので

 

 

 

気圧の変化に気づいたら体を温めるような

 

 

 

物を摂るように気をつけましょう。

 

 

 

 

 

代表的なものとして・・・・

 

 

 

※体を冷やす飲み物

 

 

コーヒーや緑茶は炒って作られているので

 

 

 

代謝を活性化する成分が含まれておらず、

 

 

 

体を冷やしてしまいがちになります。

 

 

 

 

そこで製造工程に発酵がある紅茶や中国茶、

 

 

ハーブティーを摂取する事がおススメと言えます。

 

 

 

 

また、身体を温めるのに「生姜」を使った飲み物を

 

 

飲む人も多いかと思いますが

 

 

 

その際は、生のままではなく乾燥・加熱

 

 

 

しっかり行う事で成分が変化し、

 

 

 

体を温める効果が期待できますので

 

 

 

そういった工夫をして摂り入れましょう。

 

 

 

※体を冷やす食べ物

 

 

夏は食欲も低下して野菜や麺類を取る機会も

 

 

 

多いかと思いますが

 

 

 

野菜ばかり摂取すると、水分過多になって

 

 

 

体の冷えを助長してしまう事があります。

 

 

 

適度な摂取を心掛けましょう。

 

 

 

 

また、麺類は栄養バランスを損なったり、

 

 

咀嚼回数が少なくなるので

 

 

 

体を冷やす可能性があります。

 

 

 

 

気象病がひどいときには、このような食事にも

 

 

 

気を付ける事が大切かと思います。

 

 

 

 

 

また、最近では自律神経と腸内環境も

 

 

 

関係があることが分かってきているので

 

 

 

 

食物繊維や乳酸菌などを摂取して、

 

 

 

「腸活」を行うことも良いかも知れません。

 

 

 

 

 

◎朝食は必ず食べる

 

 

1日3食を摂ることは基本ではありますが

 

 

 

特に朝食は大切になります。

 

 

 

 

朝食を摂ることで

 

 

 

寝ている間に下がった体温を上げ、

 

 

 

自律神経を整えるのに大きな役割を果たします。

 

 

 

 

◎食事を摂る時間

 

 

 

食事を摂る時間も大切になります。

 

 

 

気象病がひどいと、食べたあと

 

 

 

急激に眠くなる人がいるようです。

 

 

 

 

気象病で、ただでさえ身体がだるいのに

 

 

 

食べてすぐに寝てしまうと、

 

 

 

睡眠中も内臓が動いてしまうので

 

 

 

質の悪い睡眠になってしまいます。

 

 

 

 

自律神経を整えるためには

 

 

 

寝る3〜4時間前までに

 

 

 

食事を済ませておきましょう。

 

 

 

 

 

《まとめ》

 

気象病に効果的な食事についてお伝えしましたが

 

 

 

食べ物だけで気象病が良くなる事はありません。

 

 

 

 

しかし健康な体を作る上で食事が大切なのは

 

 

 

間違いありませんので気象病に悩まされている方は、

 

 

 

毎日の食事にも気を使う事が大切になります。

 

 

 

 

次回は食事で摂取する栄養素について

 

 

 

細かく見ていきたいと思います。

 

 

 

気象病に効果的な”耳マッサージ”の仕方と”ツボ”とは!?

 

朝晩、随分過ごしやすくなってきましたね。

 

 

 

しかし、この時期は気温の変化も激しく気象病の方も

 

 

体調がすぐれない・・と言う人も多いのではないでしょうか?

 

 

 

 

前回は気象病の予防についてお伝えして

 

 

 

今回は食事についてお伝えすると予告していましたが

 

 

 

 

先日ニュースでも気象病について取り上げられ

 

 

 

『耳のマッサージ』の紹介がありました。

 

 

 

 

 

そこで、今回は気象病に効果的な

 

 

 

”耳のマッサージの仕方”と”気象病に効果的なツボ”の

 

 

 

紹介をして行きたいと思います。

 

 

 

 

是非参考にしてください。

 

 

 

 

 

★耳のマッサージ

 

 

前回のコラムで気象病の原因として

 

 

 

耳が関係しているのでは・・・

 

 

 

と言う事をお伝えしました。

 

 

 

 

 

耳は様々な神経とつながった器官で

 

 

 

気圧の変化だけでなく血流の悪化なども

 

 

 

内耳の動きに関系してくるため

 

 

 

車酔い・めまい・頭痛などの症状を

 

 

 

引き起こすと言われています。

 

 

 

 

そこで耳をマッサージすることで

 

 

 

耳周りの血流を改善し、

 

 

 

自律神経の働きを助ける事で気象病の

 

 

 

症状を少しでも軽くしていきましょう!

 

 

 

 

 

耳を軽くつまみ、上・下・横に5秒ずつ引っ張る

 

 

 

耳の横の部分をつまみ軽く引っ張りながら、

 

 

後ろに向かってゆっくり5回まわす

 

 

 

耳の下に親指を当て、上に人差し指を当て

 

 

 

耳を包むように上下に折り曲げ5秒キープ

 

 

 

耳全体を掌で覆って、

 

 

 

ゆっくり円描くように後ろに向かって5回まわす

 

 

 

 

 

このマッサージを、

 

 

 

気持ちよいと感じる程度の力加減で

 

 

 

1日3回、行ってみてください。

 

 

 

 

 

★首のストレッチ

 

 

 

気象病は内耳にある三半器官が関係している

 

 

と言われていますので

 

 

 

首の左右、前後の筋肉をほぐすことで

 

 

 

首筋の張りが和らぎ三半器官の調整機能が

 

 

 

整いやすくなると言われています。

 

 

 

 

 

そこで自分でできる首のストレッチを

 

 

 

紹介していきます。

 

 

 

 

 

①首の左右のストレッチ

 

 

肩の力を抜きリラックスしましょう。

 

 

右手を頭の上から左側に回し

 

 

ゆっくり右真横に引き寄せるように

 

 

首だけを右真横に傾けます。

 

 

 

この時左肩が上がらないように注意しましょう。

 

 

 

 

 

伸びを感じたら息を吐きながら

 

 

 

20秒~30秒間キープしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

反対側も同様に行います。

 

 

 

 

 

②首の後ろと前のストレッチ

 

 

頭の後ろでしっかり両手を組み、

 

 

 

あごを胸につけるように軽く押しながら頭を下げ

 

 

 

そのままの状態で首の後ろから背中にかけて伸ばしましょう。

 

 

 

 

次に両手を下げ、あごをゆっくり引き上げ、首の前を伸ばします。

 

 

 

 

 

後ろに倒し過ぎると頸椎に負担がかかるので

 

 

 

注意してくださいね。

 

 

 

 

伸びを感じたら息を吐きながら20秒~30秒間キープしましょう。

 

 

 

 

◎気象病に効果的なツボ

 

 

気象病に効果的なツボは「内関」と言うツボです。

 

 

 

 

内関は、乗り物酔いや自律神経の乱れに効果的なツボなので、

 

 

 

ふらつきやめまいなどの症状が現れそうなときに

 

 

 

刺激すると、症状が和らぎます。

 

 

 

 

 

 

ツボの場所は手首の内側にあるしわの真ん中から、

 

 

 

ひじ方向に指3本分下がったあたりにあります。

 

 

 

 

気持ちよい程度に刺激しましょう。

 

 

 

 

 

 

次回は「気象病」対策の一つ、食生活について

 

 

 

お伝えしていきます。

 

« 前のページへ 記事一覧へ