院内コラム

院内コラム

骨の役割を知っていますか!?

 

前回までは美容についてお伝えしてきましたが

 

 

今回からは『骨』について

 

 

詳しくお伝えしていきます。

 

 

 

 

 

まず第1回目は骨の役割について・・・・

 

 

 

《骨の役割》

 

 

骨は

 

 

*頭、顔、胸、背中に80個

 

 

*左右の腕、脚に126個

 

 

 

合計206個あり

 

 

 

体重の約15〜18%を占めています。

 

 

 

そして全身の骨のおよそ4分の1にあたる

 

 

54個が両手にあります。

 

 

 

 

 

つまり、人間にとって手の動きが

 

 

 

とても大切だということが分かりますね。

 

 

 

 

 

では、これらの骨にはどんな役割が

 

 

 

あるのでしょうか?

 

 

 

 

 

詳しく見ていきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

◎体を支える

 

 

背骨は1本の骨ではなくて、

 

 

ブロックの形を小さなたくさんの骨が

 

 

いくつも積み重なってできています。

 

 

 

 

さらに、ゆるやかなカーブを描いているため

 

 

 

バランスを保ち、体を支える事ができるんです。

 

 

 

 

 

また体の重さを支え、動きによって

 

 

 

生じる衝撃を吸収するため

 

 

 

足の骨は、アーチ型の橋のような形になっています。

 

 

 

 

 

◎体を動かす

 

 

*歩く、走る、蹴る、跳ぶ

 

 

*階段の昇り降り

 

 

*物を拾う、投げる、運ぶ

 

 

*泳ぐ

 

 

 

 

 

と言った体の動きは筋肉が収縮し、

 

 

その筋肉が付いている

 

 

骨が動くことによってできます。

 

 

 

 

 

◎内臓を守る

 

 

 

*頭蓋骨

 

 

脳を守るヘルメットのような役割

 

 

 

*背骨

 

 

脳からつながる神経を守っています。

 

 

 

 

分かりやすく言うと

 

 

鉛筆の芯を囲む木の部分のような

 

 

感じでしょうか。

 

 

 

 

*胸骨と肋骨

 

 

鳥かごのような形をしていて、

 

 

肺や心臓、大きな血管などを守っています。

 

 

 

 

 

◎血液成分を作る

 

 

 

骨の中心部では

 

 

血液の主要な成分である

 

 

 

『赤血球、白血球、血小板』がつくられます

 

 

 

 

 

つまり背骨は、大切な血液の成分を

 

 

作り続ける精密機械工場のような役割を

 

 

 

持っています。

 

 

 

 

 

 

◎カルシウムの貯金箱

 

 

 

骨は、カルシウムの貯蔵庫としての役割もあり

 

 

 

カルシウムをたくさん蓄えています。

 

 

 

 

 

カルシウムは体内で作れないので

 

 

 

食べ物から摂取する必要があります。

 

 

 

 

 

 

またカルシウムの99%は

 

 

 

骨や歯の形成に使われていて

 

 

 

血中のカルシウム濃度は

 

 

常に一定に保たれる必要があります。

 

 

 

 

 

 

そのため

 

 

 

血液の中のカルシウムの量が増えると、

 

 

 

カルシムは血液中から骨の中に蓄えられます。

 

 

 

 

 

逆にカルシムが減ると、

 

 

 

カルシムが骨から溶かし出され、

 

 

 

体の各組織へと運ばれていきます。

 

 

 

 

 

つまり骨の貯蔵量が少なくなると、

 

 

骨はスカスカになってしまい

 

 

 

もろくなり骨粗しょう症になります。

 

 

 

 

 

このように、体に大切な働きをする

 

 

カルシウムの量を調節しているのも

 

 

 

骨の役割になります。

 

 

 

 

 

骨には色々な役割がありますね。

 

 

 

 

次回は骨の生まれ変わりや

 

 

骨粗しょう症について

 

 

 

詳しくお伝えしていきたいと思います。

 

 

かかとのカサつき 予防法はコレ!!試してみて!

 

前回はかかとのカサつきの原因について

 

 

 

お伝えしましたが

 

 

 

 

今回はかかとのカサつきの予防法、ケア方法について

 

 

 

お伝えしていきます。

 

 

 

 

 

 

《ひび割れの予防方法》

 

 

◆古い角質を取り除く◆

 

 

 

かかとのひび割れを予防するには、

 

 

 

 

『古い角質を取り除き

 

 

角質を厚くしないようにすること』

 

 

 

 

 

では角質を取り除く方法は・・・・

 

 

 

 

 

様々な商品がありますが、

 

 

 

大切なのはお風呂で行う事です。

 

 

 

 

 

お風呂に入ることで

 

 

 

角質が水分を含み柔らかくなり

 

 

 

角質が取れやすくなっているからです。

 

 

 

 

 

軽石や角質除去用のやすりで

 

 

 

 

取り除いていく方法がありますが

 

 

 

 

 

 

このとき注意したいのが

 

 

 

 

角質を完全に取り除くこと・・・

 

 

 

 

 

 

取り過ぎると逆効果になってしまうので

 

 

 

 

『手触りがよくなった』

 

 

 

と思う程度でやめましょう。

 

 

 

 

 

角質がそれほど厚くないときには、

 

 

 

 

スクラブ入りの洗浄剤で角質を取り省く

 

 

 

 

方法もあります。

 

 

 

 

 

自分のかかとが、どんな状態なのかを考えて

 

 

それに合わせて、

 

 

 

定期的に角質を取り除いていきましょう。

 

 

 

 

 

その後は必ず保湿クリームを塗って

 

 

 

しっかりと保湿することが大切になります。

 

 

 

 

 

角質を除去しても、

 

 

 

 

保湿をしなければまた硬くなってしまいますので

 

 

 

 

 

保湿はきちんと行いましょう。

 

 

 

 

 

 

◆大切な靴選び・裸足はNG!◆

 

 

 

毎日の負担を少しでも減らすには

 

 

 

靴選びも大切になります。

 

 

 

 

 

*硬い靴

 

 

*サイズ・形のあっていない

 

 

 

 

こんな靴を履くと

 

 

 

かかとにかかる衝撃や摩擦が

 

 

 

酷くなります。

 

 

 

 

 

 

なるべく

 

 

 

*クッション性のある靴を選ぶ

 

 

*厚めのインソールを入れる

 

 

 

 

と言った靴を履くようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

更に、部屋の中でも裸足は避けるようにしましょう。

 

 

 

*靴下を履く

 

 

*ルームシューズを履く

 

 

 

 

これだけで外部刺激を減らすことができます。

 

 

 

 

 

イボイボのついた健康サンダルを

 

 

履いている人もいるかと思いますが

 

 

 

 

 

ガサガサやひび割れを治したいときは

 

 

 

使用を控えましょう。

 

 

 

 

 

◆保湿はこまめに◆

 

 

ひび割れてしまう原因はかかとが

 

 

 

乾燥や角質で硬くなることなので、

 

 

 

保湿をする事が重要になります。

 

 

 

 

 

顔はお風呂上がりに

 

 

化粧水や乳液で肌の乾燥をケアしますよね。

 

 

 

 

 

かかとも同じように

 

 

 

化粧水を含ませたコットンなどで水分を与え

 

 

 

クリームでフタをしてあげましょう。

 

 

 

 

 

 

クリームを塗りながらマッサージをすると

 

 

 

さらに効果的です。

 

 

 

 

かかとのケアも、このような習慣を

 

 

 

つけるようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

また、寝るときに保湿クリームを塗り

 

 

 

かかとケアの専用靴下や普段履いている

 

 

 

靴下を履いて寝ると良いですよ。

 

 

 

 

 

他にも、保湿クリームを塗って

 

 

 

かかとをラップでくるんで

 

 

 

15分ほどパックをするのも効果的です。

 

 

 

 

 

ただしきつく巻きすぎると血行が悪くなるので

 

 

 

気を付けて巻きましょう。

 

 

 

 

 

毎日ケアすることで

 

 

 

綺麗なかかとを保つ事ができますので

 

 

 

 

 

顔をお手入れする時に

 

 

 

かかとも一緒にケアしましょう!

 

 

 

かかとのカサつき・・・原因は何!?

 

 

前回は冷えによる腰痛について

 

お伝えしましたが

 

 

 

 

今回は女性の中でも多くの方が

 

 

悩んでいらっしゃるであろう

 

 

 

”かかとのカサつき”につてお伝えしていきます。

 

 

 

 

カサついたかかとは、

 

 

見た目も良くないですが、

 

 

酷くなると痛みも出てきます。

 

 

 

 

 

そんなかかとのカサつき…。

 

 

 

 

酷くなる前に原因とお手入れについて

 

 

お伝えしていきますね。

 

 

 

 

 

 

《カサつく原因》

 

 

かかとなどは日頃目につきにくい場所。

 

 

 

 

なのでケアを怠りがちですが、

 

 

放置しておくと固くなって割れ

 

 

出血したり、痛みで歩けなくなることもあります。

 

 

 

 

 

 

かかとは皮脂が少く、歩くときに体重がかかるので

 

 

皮膚が厚く、代謝のスピードも遅い部位になります。

 

 

 

 

 

 

つまり、乾燥と摩擦などによってカサつくので

 

 

毎日のケアが必須になります。

 

 

 

 

 

 

特に、冷えていると乾燥しやすくなるので

 

 

血行を良くすることも重要になります。

 

 

 

 

 

 

また、削る人もいるかと思いますが

 

 

そうすると外部刺激から守ろうとして

 

 

 

 

よけいに皮膚が厚くなってしまうので、

 

 

むやみに削らないことも大切と言えます。

 

 

 

 

 

 

◆水分不足◆

 

 

もともとかかとには、

 

 

皮脂を分泌する「皮脂腺」がありません。

 

 

 

 

 

 

つまり肌を保湿し保護する役割を

 

 

するものが無いという事・・・

 

 

 

 

 

 

 

特に冬は肌が乾燥しがちですが、

 

 

かかとは皮脂腺が無いので最も

 

 

乾燥しやすい部位と言えます。

 

 

 

 

 

 

更に暖房やこたつなどによって

 

 

皮膚が乾燥するので冬は特に注意が必要です。

 

 

 

 

 

 

夏場は空気が湿気を含んでいるので

 

 

冬場ほど乾燥は気にならないかもしれませんが

 

 

 

 

 

かかとは自分で潤う力が無いので、

 

 

常に乾燥しているということを忘れないようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

◆外部からの刺激◆

 

 

人は一日中歩いたり立ったりするので

 

 

かかとや足の裏には、全体重がかかり

 

 

多くの刺激を受けてしまいます。

 

 

 

 

 

 

更に

 

 

 

 

*サイズがあっていない靴を履いている

 

 

 

*サンダルなどで紫外線を浴びたりする

 

 

 

 

 

といったことも原因になります。

 

 

 

 

 

 

◆古い角質がたまる◆

 

 

肌の角質は乾燥や外部刺激によって

 

 

厚くなってしまいます。

 

 

 

 

 

 

しかし肌のターンオーバーが

 

 

正常に働いていると

 

 

 

古い角質は垢として自然に剥がれ落ちますが

 

 

 

 

 

足は

 

 

 

 

*血液やリンパの流れが滞りやすく

 

 

新陳代謝が悪い

 

 

 

 

*ストレスや加齢、疲れなどによる

 

 

肌の再生能力の衰え

 

 

 

 

 

と言った事が原因で

 

 

 

 

古い角質がそのまま蓄積され

 

 

分厚くなってしまいます。

 

 

 

 

 

 

さらに古くなった角質がたまっていると

 

 

手触りがガサガサになり

 

 

保湿をしても乾燥を解消できなくなります。

 

 

 

 

 

 

◆水虫などの雑菌◆

 

 

 

また、乾燥だけが原因ではなく

 

 

水虫などの雑菌によってもかかとは硬くなります。

 

 

 

 

 

 

特徴としては水虫の原因の白癬菌が

 

 

皮膚の奥に存在しているため

 

 

 

かゆみに気づきにくいこと。

 

 

 

 

 

 

これは、放置しておくと

 

 

指や爪に感染する可能性もあるので

 

 

注意が必要です。

 

 

 

 

 

 

では次回はそんな”かかとの予防方法”について

 

お伝えしていきます。

 

 

« 前のページへ 記事一覧へ