院内コラム

院内コラム

エイジングケアで大切な保湿の具体的な水分量って?

 

今回はエイジングケアの為の

 

 

保湿についてお伝えします。

 

 

 

 

 

皆さんは、きちんと保湿していますか?

 

 

加齢と共に肌は乾燥してきます。

 

 

 

つまり、保湿がとても大切なケアになるんです。

 

 

 

 

 

 

ここで基本にかえって肌の役割から・・・

 

 

 

 

 

 

 

《肌の役割》

 

 

 

皮膚の表面にある『表皮』の役割は

 

 

「外的刺激が体内に入らないように守る」

 

 

 

「万が一異物が入ってきた場合

 

その情報を神経に伝える」

 

 

 

 

「体内の水分が蒸発するのを防ぐ」

 

 

「肌のうるおいを保つ」

 

 

といったものがあります。

 

 

 

 

 

また『表皮』の下にある『真皮』は

 

 

肌の弾力やハリを保つ

 

 

クッションのような働きがあります。

 

 

 

 

 

 

年を取ると真皮の働きが低下し、

 

 

肌を支えられなくなるので

 

 

しわやたるみができてきます。

 

 

 

 

 

 

つまり、美肌の条件は

 

 

この『表皮』と『真皮』の両方が

 

 

きちんと機能することで

 

 

 

 

 

きちんと機能させるには

 

 

『保湿』が必要・・・という事なんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

《理想の肌は・・・》

 

 

 

理想なのは自分の肌が

 

 

みずから保湿物質をつくり

 

 

角層内に水分をとどめて置ける肌で

 

 

 

保湿力が一番大きい成分は『セラミド』。

 

 

 

 

 

水分をサンドイッチのようにはさみ

 

 

水分を一度つかまえると

 

 

 

 

たとえ湿度が0%になっても蒸発させない

 

 

といった頼りがいのある成分なんです。

 

 

 

 

 

 

しかしセラミドも悲しいかな

 

 

加齢とともに減少してしまい

 

 

 

 

食事から摂取しようと思っても

 

 

直にセラミドは増やせないのです。

 

 

 

 

つまり、体の中でセラミドを作るのは

 

 

 

とても難しいということになります。

 

 

 

 

 

そこで、おススメなのが

 

 

セラミドを補えるように作られた保湿化粧品。

 

 

 

 

 

セラミドは化粧水ではなく

 

 

美容液や乳液に配合されています。

 

 

 

 

 

スキンケアを選ぶ時は成分表を見て

 

 

 

セラミドの種類の中でも

 

 

 

 

“セラミド1~3”が配合されている物を

 

 

 

選ぶようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

肌の水分といえば“化粧水”と

 

 

思うかもしれませんが

 

 

 

 

化粧水だけだと、すぐに蒸発するので

 

 

 

化粧水は肌をみずみずしく整える

 

 

 

といった程度の作用に期待して

 

 

 

 

 

 

 

化粧水の後は美容液・乳液・クリーム

 

 

 

といった油分のある物で

 

 

 

蓋をして水分の蒸発を防ぐ事が大切になります。

 

 

 

 

 

 

 

肌にあう保湿美容液が見つかったら

 

 

 

シーズンごとに変えるのではなく

 

 

 

「乾燥する冬はやや多め」

 

「夏は少なめ」

 

 

 

 

 

といった使用する量で

 

 

調整すると良いかと思います。

 

 

 

 

 

年を取ると水分も油分も低下するので

 

 

セラミド配合のスキンケアを

 

 

使われることをおススメします。

 

 

 

次回は保湿の方法と

 

選び方についてお伝えしていきます。

 

 

 

 

*********************************************
Koharu(こはる) はり灸 整骨院

鍼灸師・柔道整復師

院長 清水 芳幸(しみず よしゆき)

〒546-0033   大阪市東住吉区南田辺1-3-13-1F

TEL&FAX  06-7505-7435

E-mail  info@koharu-jp.com

URL http://koharu-jp.com/
**********************************************

 

 

エイジングケアにこだわるガチの話!

どうも、こんにちは!

 

 

 

 

今月はエイジングケアについて

 

 

お伝えしています。

 

 

 

 

 

今回はエイジングケアで

 

 

こだわりたいことについてお伝えしていきます。

 

 

 

《エイジングケアでのこだわり》

 

 

<食事へのこだわり>

 

私たちの細胞は食べる物で出来ています。

 

 

 

いくらスキンケアをきちんとしていても

 

ジャンクフードやコンビニ弁当ばかり・・・

 

 

 

 

更に、暴飲暴食していたら

 

効果はイマイチになってしてしまいます。

 

 

 

 

 

いつまでも美しい肌でいようと思うのであれば

 

体の内側からのケアも重要になります。

 

 

 

まずは、バランスよく食事を摂ることと

 

美肌を考えたとき、

 

 

とくに意識して摂って欲しいのが

 

βカロテンを含む緑黄色野菜です。

 

 

 

β-カロテンは、体内に入ると

 

小腸から吸収され、ビタミンAに変化し

 

皮膚や粘膜の健康維持などに効果があります。

 

 

 

 

 

さらに抗酸化作用などもあるので

 

美肌を保つ為に期待できる成分でもあります。

 

 

 

 

 

<水にこだわる>

 

 

体内の60%は水で出来ています。

 

 

 

水分が足りないと代謝が悪くなって

 

 

老廃物の排出もうまくいかなくなるので

 

 

肌荒れの原因になります。

 

 

 

 

水は、喉が渇く前に摂るように!

 

 

 

 

 

 

 

<睡眠>

 

 

細胞は夜寝ている間に修復されるので

 

 

 

美肌と健康のために

 

 

 

質の良い睡眠は大切になります。

 

 

 

 

 

 

とくに眠り始めの3時間の間に

 

 

成長ホルモンの分泌が多くなるので

 

 

できるだけ6時間は睡眠をとるように心掛けましょう。

 

 

 

 

 

質の良い睡眠には

 

 

「夜に糖質を減らす」

 

「ゆっくりお風呂に入る」

 

「自分に合った寝具を使う」

 

 

といった工夫も必要です。

 

 

 

 

 

 

<まとめ>

 

年を重ねても若々しい肌でいるためには

 

 

エイジングサインに早く気づくことや

 

 

生活習慣を見直すことも大切になります。

 

 

 

 

 

ずっと同じようなケアではなく

 

 

その時の肌状態や肌トラブルに応じた

 

 

スキンケアを使うことや

 

 

体の内側からのケアをする事も重要になります。

 

 

 

 

では内側からのケアとは

 

どうすればいいのか・・・

 

 

 

ということについて

 

ここからは詳しくお伝えしていきます。

 

 

 

 

 

 

《内側からケアとは》

 

 

エイジングの原因の一つでもある

 

 

酸化や糖化を防ぐには

 

 

内側からのケアが重要になります。

 

 

 

 

 

栄養素は、いろいろな栄養素が

 

 

相互作用により、効率的に吸収されるので

 

 

バランスの良い食事を摂るようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

<ビタミンA>

 

 

抗酸化作用に優れ

 

 

肌や粘膜を正常に保つ作用があります。

 

 

 

 

 

緑黄色野菜の人参、ホウレンソウ

 

 

レバーなどに多く含まれています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<ビタミンC>

 

 

抗酸化作用があり、肌のハリに必要な

 

 

コラーゲンの生成をサポートしてくれます。

 

 

 

 

 

 

レモン・イチゴ・ピーマン・ブロッコリーなどに

 

 

多く含まれますがビタミンCは

 

 

 

 

必要以上に摂ると、

 

 

尿として排出されてしまうので、

 

 

毎日摂取するようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

<たんぱく質>

 

 

肌を作るのに欠かせない栄養素で

 

 

ビタミンCとともに摂取することで

 

 

肌のハリに欠かせないコラーゲンが生成されます

 

 

 

 

 

コラーゲンを摂取すれば増える・・・

 

 

というわけではないので

 

 

たんぱく質とビタミンCを一緒に積極的に摂りましょう。

 

 

 

 

 

 

これらの栄養素を、

 

 

食事で十分に摂取できない場合は

 

 

サプリメントを活用するのも

 

 

 

 

 

一つの手ですが

 

 

まずはバランスの摂れた食事を心がけ

 

 

サプリメントは

 

 

あくまでも補助的なものとして考え活用しましょう。

 

 

 

 

 

*********************************************
Koharu(こはる) はり灸 整骨院

鍼灸師・柔道整復師

院長 清水 芳幸(しみず よしゆき)

〒546-0033   大阪市東住吉区南田辺1-3-13-1F

TEL&FAX  06-7505-7435

E-mail  info@koharu-jp.com

URL http://koharu-jp.com/
**********************************************

 

 

 

参考にしたい^^エイジングケア!

今月はエイジングケアについて

 

お伝えしています。

 

 

 

 

 

今回は正しいケアの

 

仕方などについてお伝えしていきます。

 

 

 

 

 

<エイジングケアの基本>

 

 

基本としては朝晩の2回行う事。

 

 

 

 

 

朝はベタつくからと言って

 

 

乳液やクリームをつけない・・・

 

 

と言う人もいるようですが

 

 

 

 

日中は、外気や空調、紫外線、大気汚染

 

 

といった過酷な環境に肌がさらされ

 

 

ダメージを受けやいので

 

 

 

 

朝も夜と同様に

 

しっかりスキンケアすることが大切になります。

 

 

 

 

更に、シミやシワを予防するには

 

 

肌の大敵である紫外線対策を

 

 

365日行う事が重要です。

 

 

 

 

 

 

 

<エイジングケアを意識したお手入れ>

 

 

若い頃は皮脂分泌が盛んなので

 

 

化粧水や美容液だけでも大丈夫・・・といった人でも

 

 

加齢と共に油分が低下し乾燥してきます。

 

 

 

 

 

乾燥はいろいろな肌トラブルの

 

要因になるので水分、油分の両方を補う事が必要です。

 

 

 

 

 

さらに、スキンケアの中でも『保湿が大切』という

 

 

話をしてきましたが、それと

 

 

同様に重要なのが『クレンジング』

 

 

メイクがキレイに落とせていないと

 

 

 

 

 

 

 

色素沈着がおきて肌がくすんだり

 

 

毛穴が詰まってターンオーバーが

 

 

遅くなり肌老化を早めてしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

どんなに疲れていても、

 

その日のうちに必ずクレンジングをしましょう。

 

 

 

 

 

クレンジングした後は洗顔をして

 

 

化粧水をなじませます。

 

 

 

 

 

その後エイジングケア用美容液をつけ

 

 

気になる部分には重ね塗りすると効果的です。

 

 

 

 

 

 

さらに、乳液やクリームを塗り、

 

 

口元や目元など

 

 

乾燥が気になる部分は重ね塗りをしましょう。

 

 

 

 

 

朝は、乳液やクリームで

 

 

保湿したあと日焼け止めを塗りましょう。

 

 

 

 

 

 

この時注意したいのが

 

 

どのアイテムも量が足りないと

 

 

 

効果を発揮しにくいので

 

 

規定量をしっかり守って使うことも大切になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

<悩み別のケアのコツ>

 

 

◆毛穴悩み◆

 

毛穴が黒ずんでいたり

 

白い角栓が詰まっている場合は

 

週に1回スクラブケアなど取り入れましょう。

 

 

 

 

 

 

その他にも、

 

 

*古い角質を除去する働きのある酵素入り洗顔

 

 

*AHA入りの洗顔料

 

 

 

 

 

といったものを使うのも効果的です。

 

 

 

 

 

 

 

◆目元のケア◆

 

 

目元の小じわやクマ、たるみが気になる時は、

 

 

専用のアイクリームやエッセンスを使いましょう。

 

 

 

 

目元専用のアイテムは、

 

 

目元の悩みに効果的な成分が

 

 

凝縮されて配合されているのでおすすめです。

 

 

 

 

 

 

使う時は、小じわの流れに逆らい

 

やさしくこすらないように塗りましょう。

 

 

 

 

 

目元に塗った残りは、法令線にも使えますので

 

 

併せてほうれい線のお手入れも行うと良いかと思います。

 

 

 

 

*********************************************
Koharu(こはる) はり灸 整骨院

鍼灸師・柔道整復師

院長 清水 芳幸(しみず よしゆき)

〒546-0033   大阪市東住吉区南田辺1-3-13-1F

TEL&FAX  06-7505-7435

E-mail  info@koharu-jp.com

URL http://koharu-jp.com/
**********************************************

 

« 前のページへ 記事一覧へ