院内コラム

院内コラム

効果的なツボの押し方は?間違うと効果半減!?

 

 

 

早いもので5月も最後の週になりましたね。 

 

 

 

全国的に緊急事態宣言も解除され 

 

 

 

これから新しい日常が始まりますね。 

 

 

 

 

 

今まで当たり前と思っていたことが 

 

 

当たり前ではなくなる・・・ 

 

 

 

 

 

こんな日が来るとは誰も思っていなかった 

 

 

 

ことと思います。 

 

 

 

 

 

このコラムでもコロナに対する内容を 

 

 

 

今まで何回かお届けしてきました。 

 

 

 

 

 

 

前回は在宅ワークによる腰痛に効果的な 

 

 

 

 

ツボを紹介してきましたが 

 

 

 

 

今回は効果的なツボの押し方について 

 

 

 

 

お伝えしていきたいと思います。 

 

 

 

 

 

せっかく効果的なツボを知っていても 

 

 

 

間違った刺激をすることで 

 

 

 

効果も半減してしまいますので 

 

 

 

是非参考にしてくださいね。  

 

 

 

 

 

《効果的なツボ押し》 

 

 

 

 

全身には約361か所のツボがあり 

 

 

 

そこに通っている気や血が滞ってしまうと、 

 

 

 

代謝も悪くなり、全身が不調になってしまいます。 

 

 

 

 

つまりツボを押して、めぐりをよくし 

 

 

 

代謝を上げることが体には効果的なのですが 

 

 

 

 

『押すだけで本当に効果があるの?』 

 

 

 

 

と思われる方も多いかと思いますが 

 

 

 

 

実は押すだけではなく”押し方”が 

 

 

 

とても大切になってきます。

 

 

 

 

①確実にツボをとらえる 

 

 

 

せっかくツボの位置が分かっても 

 

 

 

ズレていては効果がありません。 

 

 

 

 

 確実にツボをとらえるためには 

 

 

 

”人差し指・中指・薬指”の腹をツボにあて 

 

 

 

ゆっくり押さえましょう。 

 

 

 

 

 

②小さな場所は指1本 

 

 

目元など小さなパーツのツボは 

 

 

 

指1本で回してマッサージをしましょう。 

 

 

 

 

無理やり力ずくで押すと 

 

 

 

効果が得られないうえ顔の場合は 

 

 

 

シワの原因にもなりますので 

 

 

 

 

”気持ちいい”と感じる程度で刺激しましょう。 

 

 

 

 

 

③「深呼吸」が大切 

 

 

 

 

 ツボを押すタイミングは 

 

 

 

鼻から大きく息を吸って、 

 

 

 

口から長く息を吐きながら押しましょう。 

 

 

 

 

体が凝っている人やストレスを抱えている人は 

 

 

 

 

呼吸が浅い人が多いと言われています。 

 

 

 

 

つまり深く呼吸することがとても大切で 

 

 

 

ツボを押すと同時に呼吸を深くすることをで 

 

 

 

より効果的になります。 

 

  

 

 

 

④お風呂上りや寝る前などに刺激する 

 

 

 

 

ツボ刺激を行う時間は、お風呂上りや寝る前など 

 

 

リラックスしているときがベストです。 

  

 

 

しかし、仕事中に刺激するのも 

 

 

気分転換になりますのでおススメです。 

 

 

 

 

 

《道具を使った刺激法》 

 

 

 

一般的には手の指を使って刺激しますが 

 

 

 

他のものを使って刺激することもできます。 

  

 

 

 

①ゴルフボール 

 

 

 

足裏や背中などゴロゴロして刺激するのに 

 

 

 

使うと良いでしょう。 

 

 

 

 

 

しかし余り長時間や強い刺激を与えると 

 

 

 

逆効果になりますのでほどほどにしましょう。 

  

 

 

 

 

②ドライヤー 

 

 

 

以前のコラムでも紹介しましたが 

 

 

 

ドライヤーを使って温める方法もあります。 

 

 

 

 

③爪楊枝 

 

 

 

指の爪の脇にあるツボを刺激する時に 

 

 

 

頭の丸いところを使って行うのに 便利です。 

 

 

 

 

次回は”不安やストレス”に効果的なツボについて

 

 

お伝えしていきたいと思います。

 

 

 

 

 

在宅ワークで腰が・・・!!腰痛に効果的なツボはココ!!

 

前回は肩こりのツボについて 

 

 

 

お伝えしましたが 

 

 

 

今回は腰痛に効果的なツボを 

 

 

 

紹介していきたいと思います。 

 

 

 

 

在宅ワークになって座っている時間が 

 

 

増えた人も多いのではないでしょうか。 

 

 

 

 

 

しかし 

 

 

*自粛中で中々治療に行けない 

 

 

*子供の面倒を見ていて治療に行けない 

 

 

 

という人もおられるのではないでしょうか。 

 

 

 

 

そこで今回は腰痛でも痛みのある場所に応じた 

 

 

 

ツボを紹介していきますので 

 

 

 

是非参考にしてみてください。 

 

 

 

 

《腰痛の原因》 

 

まず腰痛の原因として挙げられるのは 

 

 

*運動不足による筋肉の衰え 

 

 

*柔軟性の低下 

 

 

 

などがあります。 

 

 

 

腰痛の方でコルセットを常用されている人も 

 

 

 

多いかと思いますが 

 

 

 

 

背骨を支える筋肉があると 

 

 

 

それが自分の身体で作る自然のコルセットに 

 

 

 

なって身体を支えてくれます。 

 

 

 

 

しかし、運動もまともに出来ない現代では 

 

 

*自宅でできる筋トレ・ストレッチ 

 

 

*短時間でできるツボ押し 

 

 

 

などを行い腰痛改善に取り組むことが 

 

 

 

大切になってくるかと思います。 

 

 

 

 

 

 

【初期段階の腰痛】 

 

 

 

 

それほど激しい痛みはないものの 

 

 

 

背中から腰にかけて左右のどちらかが痛む・・・ 

 

 

 

といった場合の効果的なツボは『崑崙(こんろん)』 

 

 

と言われるツボになります。 

 

 

※場所

 

外くるぶしの後ろのくぼんだ所にあります。 

 

 

親指の先や指で痛みを感じる手前の強さで 

 

 

2~3秒押して離す・・・ 

 

 

 

といった刺激を3~5分繰り返しましょう。 

 

 

 

 

【姿勢による痛み】

 

前屈みになったときや中腰になったときに 

 

 

 

背中の真ん中あたりが痛む時や 

 

 

 

”ぎっくり腰”になった時にも効果的なツボが 

 

 

 

『中封(ちゅうほう)』というツボになります。 

 

 

 

※場所

 

 

つま先を反らすと、内くるぶしの前側に 

 

 

 

腱が浮き出てきます。 

 

 

 

この腱と内くるぶしの間にできたくぼみが 

 

 

ツボになります。 

 

 

 

 

親指の先で3~5秒押してゆっくりと離しましょう。 

 

 

これを3~5分間繰り返します。
 

 

 

 

このツボは 

 

 

「気分の落ち込み」 

 

 

「不安」 

 

 

 

といったものにも効果的ですので 

 

 

 

 

コロナに対する不安や 

 

 

 

外出自粛が続いて人と会えず気分が落ち込んでいる 

 

 

 

といった人も試してみてはいかがでしょうか。 

 

 

 

 

 

【慢性化した腰痛】 

 

 

 

 

腰の痛みや違和感が続く・・・といった 

 

 

 

慢性化した腰痛に効果的なツボは『照海(しょうかい)』 

 

 

 

になります。 

 

 

 

 

※場所

 

 

内くるぶしの突起のすぐ下にあります。 

 

 

親指の先でツ3~5秒ゆっくり押して離しましょう。 

 

 

 

これを3~5分間繰り返してください。 

 

 

 

 

 

《ツボ押しのコツ》 

 

 

ツボを押すときは 

 

 

*心地いいと感じる強さ 

 

 

 

で押すようにしましょう。 

 

 

 

 

何度も強く押しすぎると、 

 

 

 

“揉み返し”が起こり、逆に痛みが出る場合があります。 

 

 

 

”痛い方が効果がありそう”と思うかもしれませんが 

 

 

 

”気持ちいい”といった適度な強さが一番効果的ですので 

 

 

 

その強さを心がけて刺激しましょう。 

 

 

外出自粛で治療に行けない!?肩こりに効果的なツボはココ!!

外出自粛が続くと運動不足になったり 

 

 

自宅でのデスクワークなどで 

 

 

 

肩こりや腰痛に悩まされている人も 

 

 

 

多いのではないでしょうか? 

 

 

 

しかし”外出自粛で治療に行くのも・・・”

 

 

 

という人のために今回からは 

 

 

 

自宅でもできる簡単なツボ押しによる

 

 

 

 

凝りの 解消法についてお伝えしていきます。 

 

 

 

 

 

《肩こり》 

 

 

 

 

肩こりとは主に『僧帽筋』という筋肉が 張っていて 

 

 

 

『僧帽筋』が緊張することで肩がこわばったり 

 

 

 

痛みが出ることを”肩こり”と言います。 

 

 

 

 

原因は、はっきりはしていませんが 

 

 

 

殆どの場合、肩周辺の血行の悪さだと 

 

 

 

いわれています。 

 

 

 

 

血行が悪いと肩の乳酸などの 

 

 

 

疲労物質の流れが悪くなり蓄積することで 

 

 

 

神経を刺激するため 

 

 

 

 

こりや痛みが引き起こされてしまいます。 

 

 

 

血行不良は 

 

 

 

*悪い姿勢から来る筋疲労やストレス 

 

 

 

*猫背や長時間のデスクワーク 

 

 

 

 

といったことが原因で起こります。 

 

 

 

 

そこで今回は 

 

 

 

『肩こりに効くツボ』を紹介していきます。 

 

 

 

 

肩こりに効果的なツボは沢山あるのですが 

 

 

 

 

肩こりを感じる場所でツボの場所も違います。 

 

 

 

 

自分の症状に合わせて試しください。 

  

 

 

 

 

 

①肩の前側がこっている人 

 

 

この様な症状の方は、鎖骨周辺のこりを 

 

 

ほぐしましょう。 

 

 

 

  

ツボは『欠盆(けつぼん)』というところになります。 

  

 

 

肩の前側がこっている人は、 

 

 

 

首すじから鎖骨(さこつ)にかけてこっています。 

 

 

*文字を書く 

 

 

*パソコンで仕事をしている 

 

 

*重い物を持つ 

 

 

 

 

といった動作で起こりやすいこりです。 

  

 

 

 

『欠盆』の場所は 

 

 

 

乳頭から真っすぐ上に上がったライン上で、 

 

 

 

鎖骨中央のすぐ上の大きくへこんでいる所にあります 。

 

 

 

指先を当て、痛みを感じる手前で止めゆっくり刺激しましょう。

 

 

 

 

 

 

②肩の上がこっている人 

 

 

 

 

肩の上がこっている人は、 

 

 

 

僧帽筋(そうぼうきん)がこっています。 

 

 

 

*読書のしすぎ 

 

 

 

*長時間のパソコン操作 

 

 

 

 

といったことが原因で起こりやすく 

 

 

 

これを放置すると慢性的な肩こりになります。 

 

 

 

ツボは『肩井(けんせい)』と言い 

 

 

 

ツボの場所は 首の後ろの突起した骨と 

 

 

 

肩の先端を結んだ中間にあります。 

 

 

 

 

真下に引き降ろすような感じで刺激し

 

 

この場合も痛いほど強く押さないようにしましょう。
 

 

 

 

  

③肩の後ろがこっている人 

  

 

今までお伝えした①や②のコリを 

 

 

 

放置していると、 

 

 

 

肩甲骨の周辺から首すじにかけて こりが出てきます。 

 

 

 

 

これは肩こりがひどくなって、 

 

 

 

慢性化してしまっている状態です。 

 

 

 

 

 

この様な症状には『肩中兪(けんちゅうゆ)』という 

 

 

 

ツボが効果的です。 

  

 

 

 

『肩中兪(けんちゅうゆ)』の場所は 

 

 

首の後ろに出ている骨の少し下で、 

 

 

 

体の中心から指3本外側にあります。 

 

 

 

 

指先を当て、痛みを感じる手前で止め ゆっくり刺激しましょう。 

 

 

 

 

 

 

いかがでしたか? 

 

 

 

指で押さえると疲れるという人は 

 

 

 

ドライヤーの熱で温めても効果的ですので 

 

 

 

試してみてくださいね。 

 

 

 

« 前のページへ 記事一覧へ