院内コラム

院内コラム

まだまだある!!コロナを吹っ飛ばす笑いの効果!!

 

 

前回笑いと免疫力についてお伝えしましたが

 

 

 

 

まだまだあるんです!笑いの効果!

 

 

 

 

今回は笑いを“呼吸器系”の観点から見ていきたいと思います。

 

 

 

 

 

《笑いと呼吸器系の関係》

 

 

 

笑う時は、「下腹部に力を入れて息を短く吐く」

 

 

 

といったことを繰り返しているのですが

 

 

 

これは、腹式呼吸と同じ呼吸法になります。

 

 

 

 

 

1回の呼吸で出入りする空気の量は、

 

 

 

*胸式呼吸でおよそ500mL

 

 

 

*腹式呼吸で最大2000mL

 

 

 

 

見ての通り腹式呼吸のほうが空気の量が

 

 

 

多い事が分かりますね。

 

 

 

 

 

 

つまり、大声で笑っていると

 

 

 

体内にたまっている大量の二酸化炭素が排出され

 

 

 

たくさんの酸素が体内に入りやすくなるので

 

 

 

血管が拡張され血圧が下がる・・・と言う効果が出てきます。

 

 

 

 

 

 

 

また、興奮したときに分泌される“ノルアドレナリン”と言う

 

 

 

ホルモンの分泌も抑えてくれるため

 

 

 

笑いが呼吸に作用することで、

 

 

 

 

色々な体の不調を整えてくれる、と言う事にも・・・

 

 

 

 

 

 

 

では次に「笑い」と高齢者の

 

 

 

 

健康長寿の関係について調べてみましょう。

 

 

 

 

 

《笑いと健康長寿》

 

 

高齢者は一般的に、加齢により

 

 

 

呼吸筋や横隔膜筋などが弱くなってきます。

 

 

 

その為

 

 

*呼吸効率の低下

 

 

*肺気量減少

 

 

*ガス交換効率の低下

 

 

 

 

につながり、健康な成人と比べると

 

 

 

血液中の酸素飽和度が低くなることが

 

 

 

考えられています。

 

 

 

 

しかし、大笑いすることで

 

 

 

*呼吸に必要な筋肉が大きく動かされる

 

 

 

*息をしっかり吸ってしっかり吐くことが

 

 

できるようになる

 

 

 

 

 

 

といったことから、呼吸能力が一時的ではありますが

 

 

 

高まると考えられます。

 

 

 

更に高齢者は加齢に伴い

 

 

動脈の硬化や血管の収縮力が低下するため、

 

 

血圧が変動しやすい・・・・

 

 

 

と言われていますが、笑うことにより

 

 

 

血管が拡張され、血圧を下げることができます。

 

 

 

 

つまり、高血圧や動脈硬化のある高齢者は

 

 

 

声を出して笑う事を積極的に行うことが

 

 

 

おススメなんです。

 

 

 

 

さらに高齢者は

 

 

*定年退職

 

 

*配偶者の死

 

 

*身体面の老化

 

 

 

 

といった喪失体験を多く経験する年代でもあるので

 

 

 

その反動で“抑うつ状態”になる人も

 

 

 

少なくないのだとか・・・

 

 

 

 

 

抑うつ状態になると否定的な考え方をしてしまい

 

 

 

笑うことも少なくなり笑う機会も失ってしまう場合も・・・

 

 

 

しかし、ある研究結果では笑うことで気分がすっきりし、

 

 

 

肯定的な意見やポジティブな意見を

 

 

 

 

述べる高齢者が多くなったという報告もある事から

 

 

 

 

気分や感情をいい方向に転換させるためにも、

 

 

 

笑いは大切と言えるのではないでしょうか。

 

 

 

 

現在コロナ患者さんが増加傾向で

 

 

 

毎日ニュースを見ても憂鬱になりますね・・・

 

 

 

 

笑うことなんかできない・・・

 

 

 

と思うかもしれませんが、作り笑いでも良いんです。

 

 

 

 

脳が勘違いして段々気分も良くなれば

 

 

 

笑うこともできるようになるはずです!

 

 

 

 

こんな時期だからこそ笑いでコロナを吹っ飛ばしましょう!!

 

 

笑顔で免疫力アップ!!コロナになんか負けない!

 

 

前回、免疫力を高めるには“笑うことも大切”

 

 

 

と言う事をお伝えしました。

 

 

 

 

そこで、今回は笑う事でどんな変化があるのか

 

 

 

と言った事につてお伝えしていきたいと思います。

 

 

 

 

とはいっても、コロナの収束も見えないこんな時

 

 

 

笑えない・・・と言う人も多い事と思います。

 

 

 

 

 

しかし、今はこの状況を乗り切らないと

 

 

 

 

前には進めませんよね。

 

 

 

 

 

そこで、今回のコラムを参考に

 

 

 

一人でも笑顔になれて、それが周りの人にも影響を与え

 

 

 

広がっていくと良いな・・・

 

 

 

 

そんな思いで書かせて頂きたいと思います。

 

 

 

 

 

《笑顔と健康の関係性》

 

 

『笑う門には福来る』と言う言葉がありますが

 

 

 

それって本当なの?って思ってしまいますね。

 

 

 

 

 

そこで笑うという行為には

 

 

 

実際にはどんな効果があるのでしょうか。

 

 

 

 

①「笑い」と自律神経

 

このコラムでも事あるごとに自律神経について

 

 

 

お話させて頂いていますが

 

 

 

人の体には“交感神経”と“副交感神経”と言う

 

 

 

自律神経があります。

 

 

 

 

このバランスが崩れてしまうと、

 

 

 

“自律神経失調症”などの不安定な状態になり

 

 

 

体調不良の原因にもなります。

 

 

 

 

しかし、笑っている時は、これらの神経が

 

 

 

バランスよく働いていると言われている事から

 

 

 

笑いは健康に大切と言う事が分かりますね。

 

 

 

 

②笑う事とがん予防

 

 

「笑い」がもたらす代表的な効果として、

 

 

 

がん予防の効果がありますが

 

 

 

聞いた事がある人もいるかと思います。

 

 

 

 

有名な話で言うと

 

 

 

癌の患者さんに“吉本新喜劇”を見せて

 

 

 

その前後の血液検査でNK(ナチュラルキラー)細胞の

 

 

 

変化を調べたところ、ほとんどの人が

 

 

 

“吉本新喜劇”を見た後にNK(ナチュラルキラー)細胞が

 

 

 

増加していたのだとか・・・・

 

 

 

 

 

このNK細胞と言うのは白血球の一種で、

 

 

 

ある種の腫瘍細胞を破壊することができ、

 

 

 

腫瘍が発生するのを防ぐ働きがあると言われています。

 

 

 

 

癌細胞は誰の身体の中にも毎日のように

 

 

 

出来ているにも関わらず癌にならないのは

 

 

 

このNK細胞が体内で絶えず発生していて

 

 

 

 

がん細胞をやっつけてくれているからなんです。

 

 

 

 

 

このNK細胞のNKが低いとがんになりやすいという

 

 

 

研究結果があり

 

 

 

漫才などを見て笑った後にはNK活性が上昇することから

 

 

 

笑いの力って凄い事が分かりますね。

 

 

 

 

因みに、「笑い方」もいろいろで

 

 

 

クスクス笑いからガハガハ大笑いまで・・・

 

 

 

 

しかし、意外なことに、NK細胞の増殖は

 

 

 

どんな笑い方でも・・・作り笑いでも大丈夫なのだとか!

 

 

 

 

つまり、毎日笑顔でいる事が大切と言う事になりますね。

 

 

 

 

しかし笑うことが健康に良いのはわかっても

 

 

 

憂鬱な時など笑う事って意外と難しかったりしますね。

 

 

 

赤ちゃんは1日平均400回以上笑うと言われていて

 

 

 

大人になり35歳を超えるとその回数は

 

 

 

1日15回にまで減ってしまうそうです・・・・

 

 

 

 

社会人になると、テレビのお笑い番組や

 

 

 

コメディ映画を観るにも限界がありますね。

 

 

 

 

このコロナの時代、憂鬱でいつ終わるかもわからない

 

 

 

不安な日々が続きますが

 

 

 

 

まずは作り笑いでも良いので笑顔を意識した日々を

 

 

 

過ごしてみてはいかがでしょうか?

 

 

コロナに負けない!免疫が低下する原因とは!?

 

最近コロナウイルスが増え始め“第3波か?”

 

 

 

とも言われ不安な日々が続いていますね・・・

 

 

 

 

以前もコロナウイルスに負けないよう

 

 

 

免疫についてお伝えしましたが

 

 

 

 

今回ももう一度現在のコロナの流行から身を守るために

 

 

 

免疫についてお伝えしていきたいと思います。

 

 

 

 

 

是非参考にして頂きこの時期を乗り越えていければと思います!

 

 

 

 

《免疫とは》

 

 

免疫とは細菌やウイルスから体を守ってくれる

 

 

 

防御システムの事で

 

 

 

『自然免疫』と『獲得免疫』の2種類があります。

 

 

 

 

★自然免疫とは・・・・

 

 

 

身体の中に細菌やウイルスなどが侵入してきた時、

 

 

 

その病原体に対して対抗できるように

 

 

 

自分を守るもの“抗体”を作って攻撃をします。

 

 

 

 

 

★獲得免疫とは・・・

 

 

 

同じ細菌やウイルスがもう一度体内に侵入してきた場合

 

 

 

すでに記憶されている免疫が活性化され

 

 

 

侵入してきた病原体を攻撃して追い払うことを言います。

 

 

 

 

 

例えば麻疹や風疹など一度かかると二度とかからない

 

 

 

といわれるものは、この『獲得免疫』の働きによるものです。

 

 

 

 

 

《免疫が低下する原因》

 

しかし、この免疫が低下してしまう場合もあります。

 

 

 

◎免疫が低下するハイリスクの人

 

 

 

“高齢者”“乳幼児”“妊婦”になります。

 

 

 

 

更に

 

 

*がんによる化学療法を受けている方

 

 

 

*糖尿病やHIVなど免疫力を低下させる病気にかかっている方

 

 

 

 

と言った方も免疫が低下していると言われています。

 

 

 

◎ストレス

 

また強いストレスは自律神経のバランスを崩し

 

 

 

免疫力の低下につながるといわれています。

 

 

 

今まさにコロナウイルスの流行で色々なストレスを

 

 

 

抱えている人がたくさんいる事と思います。

 

 

 

 

 

◎睡眠時間

 

 

その他にも、睡眠時間に関して7時間未満の睡眠時間の人は、

 

 

 

8時間以上の人に比べて約3倍風邪にかかりやすい・・・

 

 

 

と言った調査結果が出ており、

 

 

 

睡眠も免疫力低下に関係しているということが分かりますね。

 

 

 

 

 

他にも免疫力が低下する理由として

 

*食生活の偏り

 

 

*生活時間の乱れ

 

 

*疲労

 

 

*運動不足

 

 

*喫煙

 

 

*過度の飲酒

 

 

 

などが挙げられます。

 

 

 

 

では、免疫力を高めてウイルスや細菌の感染から

 

 

 

身を守るために日常生活の中でできることは何なのか。

 

 

 

《免疫力を高めるには》

 

 

 

◎バランスのとれた食事を心がける

 

 

免疫機能を維持するためには、

 

 

 

良質なタンパク賃・ビタミン・ミネラルが必要。

 

 

 

脂肪や糖分ばかりが多くなりがちな洋食より

 

 

 

和食の方が栄養バランスがよくおすすめです。

 

 

 

 

◎腸内環境を整えること

 

 

 

小腸と大腸には体内の約50%の

 

 

 

免疫細胞が存在しているともいわれています。

 

 

 

 

つまり腸内環境を整える事が

 

 

 

免疫力を高めることにつながるという事になります。

 

 

 

食物繊維を多く含む食材を摂り、

 

 

 

腸内環境を正常化させる食生活を心がけましょう。

 

 

 

 

◎よく笑う

 

 

最近笑う事が少なくなった、と言う人も

 

 

 

いるのではないでしょうか?

 

 

 

 

笑うと副交感神経が優位に働き、NK細胞という

 

 

 

免疫をつかさどる細胞が活性化されます。

 

 

 

作り笑いでも効果がみられると言われていますので

 

 

 

毎日口角をあげて笑顔でいる様に心がけましょう!

 

 

« 前のページへ 記事一覧へ