院内コラム

院内コラム

身近な人や自分をコロナから守るためにできる事とは!?

 

3月も今日で終わりですね。 

 

 

 

 

例年ですとこの時期は別れと新しい旅立ちの 

 

 

 

月になるわけですが 

 

 

 

 

 

今年は今まで経験したことのないような 事が起こって

 

 

 

不安を抱えている人も たくさんいるのではないでしょうか。 

 

 

 

 

また昨日は志村けんさんの訃報が流れ 

 

 

 

 

日本中が悲しみに包まれた日でもありましたね。 

 

 

 

 

 

今までコロナウイルスを他人事と思っていた人たちも 

 

 

 

身近に感じた日ではなかったでしょうか。 

 

 

 

 

 

志村けんさんの死はとても悲しく辛いものですが 

 

 

 

この出来事は

 

 

 

私たちに強いメッセージを残してくれたと 感じています。 

 

 

 

 

今後一人一人がコロナウイルスに対して 

 

 

 

もう少し真剣に捉え 

 

 

 

 

『自分だけは大丈夫、他人事』ではなく 

 

 

 

自分の行動が身近な人を悲しませることになる・・・ 

 

 

 

 

と考えを改めた人も多くいるのではないでしょうか。 

 

 

 

 

 

 

そして今までのような日常生活に 

 

 

 

一日でも早く戻ることが 

 

 

 

 

志村けんさんへの供養と感謝になるのでは 

 

 

 

 

ないでしょうか。 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこでこのコラムでも 

 

 

 

『自分で出来るコロナ対策』について 

 

 

 

引き続きお伝えしていきたいと思います。 

 

 

 

 

 

 

コロナ対策には、手洗い、うがいなども大切ですが 

 

 

 

 

 

免疫力を高めるのも大切になります。 

 

 

 

 

 

そのためには 

 

 

*ストレスをためない 

 

 

*良質な睡眠をとる 

 

 

*身体を温める 

 

 

 

といった方法があります。 

 

 

 

 

 

前回のコラムでは”温活”について 

 

 

 

 

詳しくお伝えしました。 

 

 

 

 

 

 

今回はストレス解消法について・・・ 

 

 

 

自分のストレス解消は飲酒・・・という人は 

 

 

 

今の時期はコロナ対策で外で飲むことも 

 

 

 

 

控えなければなりませんので 

 

 

 

 

自宅で飲むしかありませんね・・・ 

 

 

 

 

 

しかし中には 

 

 

 

*今まで昼間は仕事に行って 

 

 

いなかったご主人が一日中家にいる・・・ 

 

 

*子供も学校に行けず家にいる・・・ 

 

 

 

 

といったことでストレスがたまってきている 

 

 

 

という話も聞きます。 

 

 

 

 

 

しかしストレスを解消する方法で 

 

 

 

家族みんなでできる事もあります。 

 

 

 

 

その一つは『笑う事』・・・ 

 

 

 

 

また志村けんさんの話になってしまいますが 

 

 

 

志村けんさんのギャグは老若男女問わず 笑えますよね。 

 

 

 

 

 

笑うことで免疫細胞である 

 

 

 

ナチュラルキラー細胞が活性化する・・・ 

 

 

 

という報告もあります。 

 

 

 

 

 

がん患者さんの方で 

 

 

 

『お笑いを見た人の がん細胞には変化があった』 

 

 

 

というのはよく聞く話ですよね。 

 

 

 

 

しかし、お笑いの番組は一日中あるわけでは 

 

 

ありません。 

 

 

 

 

 

そこで不要不急の外出を禁止するのであれば 

 

 

 

一つのチャンネルで志村けんさんの今までの 

 

 

 

 

お笑い番組を流していただきたいですね。 

 

 

 

 

 

 

そこで家族みんなで笑いあって 

 

 

 

ストレスも解消できますし 

 

 

 

免疫力を高めることもできるのではないでしょうか。 

 

 

 

 

 

 

こんな時に笑えるか!と思っている人も 

 

 

 

いるかもしれませんが 

 

 

 

 

 

 

こんな時だからこそ笑って乗り越えていかなければ 

 

 

 

ならないのではないかと思います。 

 

 

 

 

 

次回からも自分でできるコロナ対策について 

 

 

 

お伝えしていきます。 

 

 

 

 

 

少しでもお役に立てる情報を 発信出来たら幸いです。 

 

 

 

 

免疫力を高める”温活法”はコレ!!

 

 

最近のコラムは、今世界中で 大流行の

 

 

 

コロナウイルスに関しての 内容が多くなっていますが 

 

 

 

毎日のようにコロナウイルスのニュースばかりで 

 

 

 

世界中が大変なことになっているのを聞くと 

 

 

 

不安も広がりますね・・・ 

 

 

 

 

 

しかし、今は自分で出来ることを 

 

 

 

するしかないですね・・・ 

 

 

 

 

 

そのお手伝いが少しでも出来たら・・・ 

 

 

と考えています。 

 

 

 

 

 

以前のコラムでも 

 

 

 

免疫力を高めるには体温を上げることも 

 

 

 

重要だとお伝えしましたが 

 

 

 

 

 

 

今回はその”温活”について・・・ 

 

 

 

 

温活は体の外側だけでなく、 

 

 

 

内側からも温めることが大切です。 

 

 

 

 

 

ここからは体温を上げる「温活法」を 

 

 

 

お伝えしていきます。 

 

 

 

 


①深呼吸 

 

 

起きる前と寝る前にふとんの中で 

 

 

 

3回ずつ深呼吸を行いましょう! 

 

 

 

 


おへその下(たんでん)に手を当て 

 

 

 

鼻から吸って口から吐く深い呼吸を行いましょう。 

 

 

 

 

の呼吸法で、胸やおなかの筋肉が動き、 

 

 

 

代謝がUPします。 

 

 

 

 




②白湯を1杯飲む

 

 

人は寝ているときも汗をかいていますので 

 

 

 

起床時は軽い脱水状態に・・・ 

 

 

 

 

そこで起き抜けには水分補給が必要と言われています。 

 

 

 

 

 

このとき体温よりやや高い温度の 

 

 

 

白湯を1杯ゆっくり飲むことで 

 

 

 

内臓が温まって、体温も上昇してきます

 

 

 

 

 

 

 


③おやつ 

 

 

おやつを食べる場合は 

 

 

ケーキやあんこより、ナッツやチーズがおススメです。

 

 

 

 

砂糖や粉類を多く含むものは 

 

 

 

 

血糖値が急上昇し、代謝が落ちてしまいます。 

 

 

 

 

 

特に白砂糖は体を冷やすので 

 

 

 

糖分をとりたいなら黒砂糖を摂りましょう。 

 

 

 

 

おススメのおやつは

 

 

 

小袋や個包装のナッツやチーズがおすすめです。 

 

 

 

食べすぎ予防にもなります。

 

 

 

 

 

 

 


⑥すき間時間にできること 

 

 

 

ちょっとした、すき間時間に 

 

 

 

手をグーパーしたり指先を揉みましょう。 


 

 

 

手足の末端の血流を促すだけでも、 

 

 

 

体の血流がよくなり代謝が上がります。 

 

 

 

 

家事の合間など 

 

 

 

*手をグーパーする 

 

 

 

*指先1本につき10秒くらいもんで刺激する 

 

 

 

 

といったことがおススメです。 

 

 

 

 

また裸足のとき、足の指も動かすのも効果的! 

 

 

 

 

 

 

 


⑦温かい飲み物にしょうがをプラス 


 

冷たい飲み物は内臓を冷やすので 

 

 

 

なるべくホットで飲みましょう。 

 

 

 

 

飲み物にしょうがを小さじ1程度加えると 

 

 

 

血管拡張作用がありますのでおススメです。 

 

 

 

 

 

 

 

寝る前にストレッチ

 

 

体をほぐしたり、筋肉を動かすことで 

 

 

 

体温はあがりますので 

 

 

 

出来れば毎日行いましょう。 

 

 

 

 

 

特に寝る20~30分前に 

 

 

 

ストレッチを行うのがベストと言われています。 

 

 

 

 

 

 

さらに入浴後30分は、体が温まっているので 

 

 

 

より効果的と言われていますので 

 

 

 

 

自分の都合に合わせた時間を使って 

 

 

ストレッチを行いましょう。 

 

 

 

 

 

脳や体がリラックスでき、安眠効果も! 

 

 

 

 

 

 

お伝えしたように、ちょっとした生活習慣で

 

 

 

体温を上げることにつながりますので

 

 

 

”温活”を取り入れて免疫力を高めましょう!
 

 

 

 

免疫力を高めるツボをご紹介!毎日刺激しましょう!!

 

 

前回までのコラムでは免疫力を 高める方法を 

 

 

 

いくつかお伝えしてきましたが 

 

 

 

 

今回からは当院の専門でもある 

 

 

 

ツボに関してお伝えしていきます。 

 

 

 

 

まず免疫力を高める方法として 

 

 

*腸の働きをよくする 

 

 

*体温を上げる 

 

 

*質の良い睡眠をとる 

 

 

 

 

といったことをお伝えしました。 

 

 

 

 

今回からは一つ一つ 

 

 

 

効果のあるツボを紹介していきますね。 

 

 

 

 

是非毎日の習慣に取り入れて見てください。 

 

 

 

 

まず腸の働きをよくするツボについて・・・ 

 

 

 

 

 

【腸の働きをよくする】 

 

 

腸内環境を整えるには 

 

 

 

乳酸菌類や食物繊維などを取るという方法が 

 

 

 

一般的になっています。 

 

 

 

 

ですが東洋医学の場合は

 

 

体内には『気(エネルギー)』の通り道があり 

 

 

 

このパイプでつながる器官は 

 

 

 

 

お互いに影響を与え合っていると考えます。 

 

 

 

 


つまり腸内に老廃物がたまっていると、 

 

 

 

この“パイプ”にも汚れがたまり 

 

 

 

色々な不調を起こしてしまいます。 

 

 

 

 

そこでご紹介したいのが 

 

 

 

腸の掃除をする『合谷(ごうこく)というツボ。 

 

 

 

手の甲の親指と人差し指の骨が交わり 

 

 

 

 

骨がくぼんだ部分が 

 

 

 

 

「合谷(ごうこく)」になります。 

 

 

 

 

両手のこのツボを強めに6秒押します。

 

 

 

 

これを10回繰り返しましょう。 

 

 

 

 

 

 

 

 

では次に睡眠に関してのツボを紹介していきます。

 

 

 

 

 

【質の良い睡眠のためのツボ】 

 

 

 

 

①内関(ないかん) 

 

 

 

 

両手首の近くにある内関(ないかん)という ツボは、

 

 

自律神経のバランスを整えてくれるので 

 

 

 

刺激をすると穏やかな気分になります。 

 

 

 

 

 

内関は手首を曲げた時にできる 

 

 

 

太い横ジワの中央から、 

 

 

 

 

ひじに向かって指2、3本ほど 

 

 

 

移動したところにあるくぼみです。 

 

 

 

 

 

 

親指で優しく押しましょう。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

②労宮(ろうきゅう) 

 

 

手を握ったときに、 

 

 

 

人差し指と中指の先端の中間にあるツボで 

 

 

 

精神に働きかける作用があります。 

 

 

 

 

 

 

緊張したときに 

 

 

 

手のひらに「人」という字を書いて 

 

 

 

飲み込む、というおまじないがありますが 

 

 

 

 

 

 

これも労宮を刺激することで 

 

 

 

心を静める作用があることから 

 

 

 

行われる動作といわれています。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

③失眠(しつみん) 

 

 

足の裏側、かかとの中央にあるツボです。 

 

 

 

 

 

このツボは高ぶった神経を落ち着かせ 

 

 

 

 

眠気を誘う効果があります。 

 

 

 

 

 

足裏のツボを刺激する時は 

 

 

 

椅子に座り片手で足首を持ち 

 

 

 

 

 

 

もう片方の手の握りこぶしを作って 

 

 

 

このツボを10~20回程度、 軽く叩きましょう。 

 

 

 

 

 

 

不眠緩和の代表的なツボになりますので 

 

 

 

 

 

かかとを湯たんぽにのせて 

 

 

 

 

 

軽く温めるだけでも刺激になります。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

他にもいろいろなツボがありますが 

 

 

 

毎日続けて行うことで効果が出ますので 

 

 

 

まずはこのツボの刺激から始めてみては 

 

 

 

いかがでしょうか? 

 

 

 

« 前のページへ 記事一覧へ