院内コラム

院内コラム

花粉症対策 間違っていませんか!?正しい対策はコレ!!

 

前回は花粉症対策として 

 

 

 

 

『マスクと衣類』についてお伝えしてきました。 

 

 

 

 

 

今回はそのほかの対策について・・・ 

 

 

 

 

《家の中の換気について》 

 

 

 

まずは喚起のお話・・・ 

 

 

 

 

皆さんは花粉が入ってくるからと 

 

 

 

 

窓を閉め切っていませんか? 

 

 

 

 

 

これは間違いなんです。 

 

 

 

 

 

換気を行ったほうが家の中の 

 

 

 

花粉は少ないといわれています。 

 

 

 

 

 

ではいつ換気をすればいいのか・・・ 

 

 

 

 

花粉が一番多く飛んでいるのが 

 

*11時~14時ごろ 

 

 

*17時~19時ごろ 

 

 

 

といった統計が出ています。 

 

 

 

 

さらに以前もお伝えしたように 

 

 

 

*気温が高く乾燥している日 

 

 

 

*風が強く吹いている日 

 

 

 

なども花粉もたくさん飛んでいますので 

 

 

 換気に良い時間帯は

 

 

『この条件を外した日の 夜から早朝』

 

 

がおススメと言えます。 

 

 

 

 

さらに玄関に『空気清浄機』を 

 

 

 

置くことで外からの花粉の侵入を 

 

 

 

防ぐこともできます。 

 

 

 

 

 

《部屋での対策》 

 

 

 

 

①掃除 

 

 

 

 

では家の中に入った花粉は 

 

 

 

どうすればいいのでしょうか? 

 

 

 

 

皆さんはどうしていますか? 

 

 

 

 

『掃除機で吸い取っているから大丈夫・・・ 』

 

 

 

と思っている人も多いのではないでしょうか。 

 

 

これが間違いなんです。!!

 

 

 

 

花粉は掃除機のフィルターよりも 

 

 

 

細かいため吸い取っても 出てきてしまいます。 

 

 

 

 

さらに除機をかけることで 

 

 

 

花粉は一斉に舞い上がってしまい 

 

 

 

 

掃除機をかけた後に床に落ちてしまいます。 

 

 

 

 

 

そこで大切なのが『拭き掃除』!! 

 

 

 

 

立って拭き掃除ができる道具に、 

 

 

 

ウエットタイプのシートをつけて 

 

 

 

拭いていくのが一番効果的になります。 

 

 

 

 

 

 

また室内に入してしまった花粉は 

 

 

 

室内で浮遊し 家具などに付いてしまいます。 

 

 

 

 

さらに家電製品など 静電気が起きやすいものは 

 

 

 

こまめに掃除をしておかないと 

 

 

 

花粉がついたままになってしまうので 

 

 

 

 

いつもよりこまめな掃除を心がけましょう。 

 

 

 

 

 

②エアコン 

エアコンは周りの空気を吸い込み、 

 

 

 

暖めたり冷やしたりして空気を排出する・・ 

 

 

 

 

この構造をうまく使い 

 

 

 

エアコンに『花粉吸着フィルター』を取り付けると 

 

 

 

花粉を吸い込んでくれるのでまだ試していない人は 

 

 

 

 

是非試してみてはいかがでしょうか? 

 

 

 

 

 

 

しかしエアコンが汚れていては 

 

 

 

効果も弱くなりますので 

 

 

 

エアコン自体をまずはきれいにしておきましょう。 

 

 

 

 

 

③加湿器 

 

 

 

加湿器で部屋の中の湿度を上げることも 

 

 

 

花粉症対策になると知っていましたか? 

 

 

 

 

それは雨が降った日は 

 

 

 

花粉が雨粒に当たって粒子が重くなり、 

 

 

 

空気中に舞い上がらないので 

 

 

 

 

加湿器を使って部屋の湿度を上げ、  

 

 

 

部屋の中を雨の日のような環境にすると 

 

 

 

症状を抑えることができるんです。 

 

 

 

 

このように簡単にできる対策も ありますので 

 

 

 

少しでも症状を軽くするために 

 

 

 

試してみて はいかがでしょうか? 

 

 

 

花粉症対策!!花粉が多くなる前に知っておきたいこと!

 

前回のコラムでは花粉症の症状について 

 

 

 

お伝えしてきました。 

 

 

 

 

今回は花粉症の対策について 

 

 

 

 

お伝えしていきたいと思います。 

 

 

 

 

 

その前に、花粉が飛びやすいといわれている 

 

 

 

気象条件について・・・ 

 

 

 

 

毎年花粉症で悩んでいる方は 

 

 

 

ご存じかと思いますが 

 

 

 

 

初めて花粉症になった、という人の ために

 

 

 

お伝えしますね。 

 

 

 

 

 

参考にしてください。 

 

 

 

 

 

 

《花粉が飛びやすい気象条件》 

 

 

 

*晴天または曇りの日

 

*雨が降った翌日晴れた日

 

*湿度が低く、乾燥した日

 

*強めの風が吹いて晴れた日 

 

 

 

 

などがあります。 

 

 

 

 

このように気象を前もって 確認することで 

 

 

 

少しでも症状を抑える対策が できますね。 

 

 

 

 

 

《花粉症対策》 

 

 

 

 

花粉症対策といえば『マスク』が 

 

 

 

一番先に思いつきますね。 

 

 

 

 

今ではコロナウイルスの影響で 

 

 

 

マスク不足が深刻になっているようですね。 

 

 

 

 

そんなマスクですがちょっとした工夫で 

 

 

 

より効果的になります。 

 

 

 

 

 

【手作り「濡れマスク」】 

 

 

マスクで花粉の7割から8割程度は 

 

 

 

防げるといわれていますが 

 

 

 

 

付け方が正しくないと効果も 

 

 

 

弱まってしまいます。 

 

 

 

 

まずはマスクと顔に隙間が無いよう 

 

 

 

マスクを顔にフィットさせましょう。 

 

 

 

 

 

次にマスクを2枚用意し、 

 

 

 

1枚目のマスクと2枚目のマスクの間に 

 

 

 

 

ウェットティッシュを挟むことで 

 

 

 

 

花粉をより吸着してくれます。 

 

 

 

 

しかしウェットティッシュが乾くと 

 

 

 

 

吸着する効果がなくなるので 

 

 

 

 

乾いたらすぐに取り換えることが大切です。 

 

 

 

 

 

 

【衣類への工夫】 

 

 

 

衣類が家に持ち込む花粉の量は 

 

 

 

窓をあけて換気するときよりも 数倍多い、

 

 

とも言われています。 

 

 

 

 

つまり選ぶ服やお手入れ方法も 

 

 

重要になってきます。 

 

 

 

 

 

①家の中に入る際は 

 

 

外で花粉を落としましょう。 

 

 

 

 

 

この時手で払って落とすと 

 

 

 

花粉が舞ってしまうので 

 

 

 

 

濡れたタオルや粘着シートなどで 

 

 

 

花粉をとるようにして落とすことが 

 

 

 

大切になります。 

 

 

 

 

 

 

②花粉は静電気によって引き寄せられるので 

 

 

 

洗濯する時は静電気防止のために 

 

 

 

 

柔軟剤を使用しましょう。 

 

 

 

 

 

 

さらに洗濯物を室内で干すようにするのが 

 

 

 

鉄則になります。 

 

 

 

 

 

洗濯ができない衣類に関しては 

 

 

 

静電気を防止するグッズとして 

 

 

 

 

外出前、衣類に静電気防止スプレーを 

 

 

 

するのも効果的です。 

 

 

 

 

30cm四方に4秒程度を目安にスプレーし 

 

 

 

*かばんとこすれる部分 

 

 

*コート、スカート、スラックスの裾 

 

 

 

 

といった部分は静電気が起きやすいと 

 

 

 

 

言われていますので 

 

 

 

表だけでなく裏の部分にもスプレーしましょう。 

 

 

 

 

 

③また花粉が付着しにくい素材を 

 

 

 

選ぶことも大切になります。 

 

 

 

 

 

コートなどのアウターは、 

 

 

 

”綿”や”ポリエステル”などの 

 

 

 

 

化学繊維で表面がツルツルしている素材が 

 

 

 

おススメと言えます。 

 

 

 

 

次回も花粉症対策について 

 

 

お伝えしていきます。 

 

 

 

もしかしたら貴方も花粉症かも!?症状は!?

 

 

前回は花粉症の原因についてお伝えしましたが 

 

 

 

 

今回は”花粉症の症状”について・・・ 

 

 

 

 

毎年花粉症に悩まされている人は 

 

 

 

『今年も花粉症が出た・・・』 

 

 

 

 

 

と気づくかもしれませんが 

 

 

 

初めて花粉症にかかった人は 

 

 

『風邪なのではないか・・・』 

 

 

 

 

いった判断に迷うのではないでしょうか。 

 

 

 

 

 

そこで今回は花粉症と風邪の症状の 

 

 

 

違いについてお伝えしていきます。 

 

 

 

 

《花粉症の症状》 

 

 

主な症状は 

 

 

 

*くしゃみ 

 

*鼻水 

 

*鼻づまり 

 

*目のかゆみ

 

*目の充血 

 

 

 

 

また花粉によっては 

 

 

 

*皮膚が荒れる 

 

*喉のかゆみや痛み 

 

*咳 

 

 

 

などがあります。 

 

 

 

 

人によって症状が軽い人もいれば 

 

 

 

重い人もいます。 

 

 

 

 

 

症状が重くなると、 

 

*頭痛 

 

 

*だるさ 

 

 

*不眠 

 

 

 

といった症状が出ることもあります。 

 

 

 

 

 

 

《症状がおこる理由》

 

 

 

では何故このような症状が出るのか・・・ 

 

 

 

【くしゃみ】 

 

 

くしゃみは、花粉やハウスダストを 

 

 

 

外に出そうとする働きです。 

 

 

 

 

 

花粉症では連続して何回も起こるのが 

 

 

 

特徴といえます。 

 

 

 

 

 

【鼻水】 

 

 

 

鼻水は異物を洗い流そうとする 働きで

 

 

 

透明でサラサラしているのが 特徴です。 

 

 

 

 

 

【鼻がつまる】 

 

 

 

他の症状よりも後から起こりやすく 

 

 

 

鼻の粘膜が腫れて 

 

 

 

鼻の通り道が狭くなることが原因になります。 

 

 

 

 

 

また【鼻づまり】が原因で起こる症状もあります。 

 

 

 

◆口の渇き 

 

 

鼻が詰まることで口から息を吸い 

 

 

 

乾いた空気が直接喉に入ることで おきます。 

 

 

 

 

 

◆においや味が分からない 

 

 

鼻から息が吸えないことが原因で 起こります。 

 

 

 

 

 

◆咳 

 

 

 

口から息を吸うので、のどの乾燥とともに 

 

 

 

異物が直接喉に入るため出やすくなります。 

 

 

 

 

 

◆睡眠 

 

 

 

鼻がつまると、息苦しさでよく眠れない 

 

 

といった症状が出てきます。 

 

 

 

また日中より就寝時に症状が重くなるのも 

 

 

原因の一つと言えます。 

 

 

 

 

 

 

《風邪と花粉症の違い》 

 

 

では花粉症と風邪の症状では 

 

 

 

どのような違いがあるのでしょうか? 

 

 

 

★鼻の症状★ 

 

 

※アレルギー性鼻炎(花粉症) 

 

 

・透明のさらっとした鼻水 

 

・鼻づまり 

 

・発作的で連発するくしゃみ 

 

 

 

 

※風邪  

 

 

・粘りっぽい黄色い鼻水 

 

・鼻づまり 

 

・くしゃみ 

 

 

 

★1日の症状の変化 

 

 

 

※アレルギー性鼻炎(花粉症) 

 

 

 

・朝方が激しくつら 

 

 

 

※風邪 

 

 

 

・ 一日中ずっとつらい 

 

 

 

 

 

 

★鼻以外の症状 

 

 

※アレルギー性鼻炎(花粉症) 

 

・目のかゆみ 

 

 

 

 

※風邪 

 

発熱やのどの痛み 

 

・せき、たん、悪寒 

 

 

 

 

★期間 

 

 

 

※アレルギー性鼻炎(花粉症) 

 

 

・一年中しばしばおきる(ハウスダスト) 

 

・開花期中におきる(花粉)

 

 

 

※風邪 

 

 

 

・約10日間 

 

 

 

 

 

このような違いがあります。 

 

 

 

くしゃみに関しては風邪との違いとして 

 

 

回数も多く連発しておこることです。 

 

 

 

 

 

いかがでしたか?

 

 

 

ご自分は花粉症ではない、と思っていても

 

 

花粉症になっている可能性もあります。

 

 

 

早めの対処が重症化するのを防ぎますので

 

 

少しでも怪しいと思ったら

 

 

 

早めの受診をお勧めします。

 

 

 

 

では次回は花粉症の対策について

 

 

 

詳しくお伝えしていきます。

 

 

« 前のページへ 記事一覧へ