院内コラム

院内コラム

アラフィフにオススメ!美容液の使い方!

 

 

前回のコラムでは

 

 

 

閉経後の肌についてお伝えしました。

 

 

 

 

 

 

今回はそんな肌に潤いを

 

 

 

与えるコツをお伝えしていきますね。

 

 

 

 

 

《美容液の使い方》

 

 

 

 

コラーゲンは顔全体で減少して

 

 

皮膚が薄くなっているので

 

 

 

乾燥しやすくなっています。

 

 

 

 

 

 

つまり、美容液は「悩みの部分だけ」

 

 

 

例えば、目尻、口元、といった部分にだけ

 

 

 

付けるのではなく、顔全体に付けましょう。

 

 

 

 

 

 

 

顔全体に付けてから特に気になる

 

 

 

目もと・口もとなどに「重ね付け」をして行きましょう。

 

 

 

 

 

 

 

この時大切な事が、

 

 

 

まず手で温めてから付けること。

 

 

 

 

 

 

 

人肌に温まることで皮膚も手も柔らかくなり

 

 

 

 

肌は美容液成分を受け入れやすく・・・

 

 

 

 

手も皮膚をこすらず、優しくお手入れすることが・・・

 

 

 

 

 

 

気になる部分にだけ美容液を付けると

 

 

 

 

その部分だけ無意識に

 

 

 

 

手の刺激で傷付けて逆効果になってしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つまり

 

 

 

・シワが増える・・・

 

 

 

・シミが増える・・・

 

 

 

 

 

といったことになる

 

 

 

可能性もありますので気をつけましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

《美容液を選ぶポイント1・保湿力》

 

 

 

美容液は、成分や形状によって

 

 

いろいろな種類がありますね。

 

 

 

 

 

 

 

そこで、皮膚が薄くなる50代以降の女性が

 

 

 

 

結果を出すために

 

 

 

 

必要なのは「保湿力の高さ」になります。

 

 

 

 

 

保湿力の中でももっとも強力なのが

 

 

 

「セラミド」と言われていますが

 

 

 

 

この成分は美容液だけでなく

 

 

 

いろいろなスキンケア用品に配合されています。

 

 

 

 

 

 

 

他にもヒアルロン酸やコラーゲンといった成分や

 

 

 

ブランドで独自に開発した保湿成分を

 

 

 

使っているケア用品もあります。

 

 

 

 

 

 

このような保湿を重視して選ぶことが大切になります。

 

 

 

 

 

 

 

《美容液を選ぶポイント2・肌悩み》

 

 

 

更年期を迎えると

 

 

肌トラブルを抱える人も多くなってきます。

 

 

 

 

 

 

 

シミ・シワ・たるみなどが気になるのであれば

 

 

 

 

それぞれの悩みに特化した

 

 

 

 

美容液を選ぶことが重要になります。

 

 

 

 

 

 

 

また美肌づくりをマルチに

 

 

 

 

サポートしてくれるブースター美容液などもおすすめです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

《美容液を選ぶポイント3・刺激の少ない物》

 

 

 

50代になって急に敏感肌になる人も多くいます。

 

 

 

 

 

これは肌が乾燥しやすくなることで

 

 

 

本来の肌バリア機能が低下するのが原因です。

 

 

 

 

 

 

 

カサつきやかゆみ・赤みなどの症状が出始めたら

 

 

 

刺激の少ない美容液を選ぶことが大切になります。

 

 

 

 

 

 

 

しかし、敏感肌になって低刺激のものを

 

 

 

 

選ぶ際には肌に合わない事もありますので

 

 

 

 

 

 

できればサンプルで

 

 

 

 

試せるようなスキンケアがおススメと言えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

年齢とともに肌トラブルが増えるのは

 

 

 

 

仕方のない事かもしれませんが

 

 

 

 

スキンケアの使い方や選び方次第で

 

 

 

 

 

 

予防はできますので

 

 

 

 

自分に合ったスキンケアを選ぶようにしましょう!!

 

 

 

 

 

 

*********************************************
Koharu(こはる) はり灸 整骨院

鍼灸師・柔道整復師

院長 清水 芳幸(しみず よしゆき)

〒546-0033   大阪市東住吉区南田辺1-3-13-1F

TEL&FAX  06-7505-7435

E-mail  info@koharu-jp.com

URL http://koharu-jp.com/
**********************************************

 

美容液タイプクレンジングのオススメの使い方一例!

 

 

前回からクレンジングについて

 

 

お伝えさせてもらっておりまして・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は「美容液タイプ」ということで、

 

 

 

続編となります!!

 

 

 

 

 

 

こんにちは!

 

 

 

1週間ぶりの配信となりました、

 

 

 

 

この美容のコラムですね^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では、そのクレンジングについてお伝えします。

 

 

 

 

 

 

 

《美容液タイプクレンジング》

 

 

 

「美容液タイプ」のクレンジングは保湿成分で

 

 

 

メイクを落とすので

 

 

 

洗浄力はオイルタイプなどに

 

 

 

劣りますが肌へのやさしさが違います。

 

 

 

 

 

 

 

 

コットンにたっぷり含ませて、

 

 

 

うるおいの力でメイク汚れを落とし、

 

 

 

その後洗い流さなくて良いので

 

 

 

保湿成分が肌に残り、肌が潤うんです。

 

 

 

 

 

 

 

ここで重要なのは、

 

 

コットンに美容液をたっぷりしみ込ませて使うこと!

 

 

 

 

 

 

使う量が少ないと、肌をこするので

 

 

 

刺激を与えてしまい、

 

 

 

肌トラブルの原因になる可能性もあるからです。

 

 

 

 

 

 

 

使う量はコットン1枚に

 

 

 

500円玉2個分くらいで優しくなでるように落としましょう。

 

 

 

 

 

 

濃いメイクは、こすらずにコットンで

 

 

 

数秒押さえるとしっかりと落とすことができます。

 

 

 

 

 

 

 

では、このようなクレンジングを

 

 

お勧めしたいのが50代からの女性になります。

 

 

 

 

 

 

 

その理由は・・・50代の女性は

 

 

 

閉経を迎える年齢でもあるからです。

 

 

 

 

 

閉経を迎えると女性ホルモンが

 

 

ほぼゼロになってしまいます。

 

 

 

 

 

それも閉経とともに突然ゼロになってしまうとか・・・

 

 

 

 

 

だから更年期障害など突然身体の不調が

 

 

出てしまう事があるんです。

 

 

 

 

 

 

女性ホルモンは毛細血管内に流れ、

 

 

皮膚のコラーゲン生成を促す働きがありますが、

 

 

 

 

女性ホルモンがゼロになるということは

 

 

コラーゲン生成が激減するということ・・・。

 

 

 

 

 

 

ふっくらとハリがあった肌も、

 

 

薄くなり潤いを肌内部に保つことが

 

 

できなくなってしまうんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

すると慢性的に乾燥した状態になり

 

 

 

肌が薄くなっていってしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

さらに、もう一つの原因として

 

 

 

紫外線ダメージの蓄積もあります。

 

 

 

 

 

 

私たちは生まれた時から紫外線を浴び

 

 

 

そのダメージは皮膚に蓄積していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

紫外線は、皮膚のコラーゲン組織を

 

 

 

破壊してハリを奪ってしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

長距離ドライバーの肌を見た事がありますか?

 

 

 

 

顔の半分や腕など、

 

 

太陽の光を浴びっぱなしの方が

 

 

浴びていない方に比べると

 

 

確実にシワやシミが沢山出来てしまっています。

 

 

 

 

 

 

 

それくらい紫外線の影響は

 

 

大きいという事が分かりますね。

 

 

 

 

 

つまり、年齢を重ねていくと、

 

 

それだけ紫外線を

 

 

 

 

浴びている時間も長いという事なので

 

 

ハリの低下と乾燥が顔全体で進むということになるんです。

 

 

 

 

 

では、どうしたら良いのか・・・

 

 

次回は薄くなった皮膚に

 

 

 

 

うるおいを浸透させるコツについて

 

 

 

お伝えしていきますね♪

 

 

 

 

*********************************************
Koharu(こはる) はり灸 整骨院

鍼灸師・柔道整復師

院長 清水 芳幸(しみず よしゆき)

〒546-0033   大阪市東住吉区南田辺1-3-13-1F

TEL&FAX  06-7505-7435

E-mail  info@koharu-jp.com

URL http://koharu-jp.com/
**********************************************

 

 

 

 

 

基本クレンジングのやり方を学ぶ!

 

 

前回はスキンケアのコツについてお伝えしましたが

 

 

 

今回はクレンジングについて・・・

 

 

 

 

 

何度かコラムでも書いてきましたが

 

 

 

美肌の基本はクレンジングになります。

 

 

 

 

 

 

 

しかし、化粧水や美容液は真剣に選んでも

 

 

 

クレンジングは適当に選んでいる人が

 

 

 

多いのではないでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

でもスキンケアの中で、

 

 

 

クレンジングが一番大切で

 

 

 

しかも、肌を一番乾燥させるのもクレンジングになります。

 

 

 

 

 

つまりクレンジング次第で肌の状態が変わって

 

 

 

しまうということになるんです。

 

 

 

 

 

 

 

メイク汚れが良く落ちるものを選べば

 

 

 

良い様な気がするかもしれませんが

 

 

 

 

実は落ち易いクレンジングは

 

 

 

 

 

50代以降の女性のほとんどが悩まされる

 

 

 

「シワ」の原因になります。

 

 

 

 

 

 

 

女性は閉経を迎えると、

 

 

 

女性ホルモンがほぼゼロになり、

 

 

 

肌もどんどん薄くなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

水分を肌にため込みづらくなるので

 

 

 

乾燥しやすい状態になってしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

そのような肌に洗浄力の強すぎる

 

 

 

クレンジングを使うと、

 

 

 

 

肌本来の皮脂まで洗い流し、

 

 

 

乾燥が進みシワを増やす原因になります。

 

 

 

 

 

 

つまり、クレンジングを

 

 

 

見直すだけで乾燥肌を防ぐこともでき

 

 

 

シワが減る可能性もでてきます。

 

 

 

 

 

 

《うるおいを守るメイク落とし》

 

 

メイクを落としたあと、

 

肌がつっぱる・・・と感じたことはありませんか?

 

 

 

一度でも感じた事があれば「落としすぎ」の

 

 

サインになります。

 

 

 

 

 

では、どのようなクレンジングがあるのか・・・

 

 

 

 

 

 

※オイルタイプ

 

 

メイク汚れがもっともよく落ちるタイプですが

 

 

その分、うるおいと皮脂も取り去ってしまいます。

 

 

 

 

 

 

※ジェルタイプ

 

 

洗い上がりがさっぱりしているので

 

 

夏向きのクレンジングですが

 

 

メイク残りが気になる場合もあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

※クリームタイプ

 

 

 

メイク汚れは落ちやすい、と言えますが

 

 

 

なじむまで時間がかかるので

 

 

 

肌に負担がかかってしまうのがデメリットと言えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

※ミルクタイプ

 

 

うるおいが高いので肌に負担は

 

 

かかりませんが、洗浄力は抑えめになります。

 

 

 

 

 

 

 

※美容液(水)タイプ

 

 

ふき取るだけで簡単にメイクが落とせます。

 

 

さらに、洗い流さないので、うるおいが残ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

このようにして見ると、美容液タイプの

 

 

 

クレンジングが良いようですね。

 

 

 

 

 

 

次回は美容液タイプのクレンジングについて

 

 

 

詳しくお伝えしていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

*********************************************
Koharu(こはる) はり灸 整骨院

鍼灸師・柔道整復師

院長 清水 芳幸(しみず よしゆき)

〒546-0033   大阪市東住吉区南田辺1-3-13-1F

TEL&FAX  06-7505-7435

E-mail  info@koharu-jp.com

URL http://koharu-jp.com/
**********************************************

« 前のページへ 記事一覧へ