院内コラム

院内コラム

気圧の変化で体調が悪い・・・そんな時の対処法は?

 

前回は気象病の原因と症状について

 

 

 

お伝えしましたが、今回は対処法について

 

 

 

お伝えしていきたいと思います。

 

 

 

 

 

《低気圧でなくても気象病の症状が出る場合》

 

 

 

たとえば

 

 

*高層ビルの展望台に行ったら関節痛が起きた

 

 

*飛行機に乗ったら耳鳴りがする

 

 

 

 

といったケースでも高層ビルや飛行機の中も、

 

 

 

地表よりは気圧が低いので低気圧の場合と同じような

 

 

 

症状が出るようです。

 

 

 

 

このような事から気象病は

 

 

 

「耳が敏感な人がなりやすいのではないか」

 

 

 

とも言われています。

 

 

 

 

つまり内耳には気圧の変化を感じる

 

 

 

センサーがあるのではないか、と考えられているからなんです。

 

 

 

 

内耳で気圧の変化を感じると、

 

 

 

その情報が脳へと入り、自律神経系を活性化させます。

 

 

 

 

つまり、内耳が気圧の変化に敏感だと、

 

 

 

少し気圧が変化しただけでも、自律神経の

 

 

 

バランスが崩れるのでは・・・と言われているようです。

 

 

 

 

 

◎自律神経のバランス

 

 

交感神経が活発になれば痛みを感じ

 

 

副交感神経が活発になればだるくなったり眠くなったりします

 

 

 

 

気象病は交感神経が活発になりすぎて

 

 

*痛みの神経を直接刺激

 

 

*血管が過剰に収縮したりしてけいれんし、

 

血管の周囲の神経を興奮させる

 

 

 

といったことから神経痛や関節痛が起こります。

 

 

 

更に、古傷が痛む、と言う人もいますが

 

 

これは、脳が過去の痛みの記憶を呼び起こすから

 

 

と考えられています。

 

 

 

 

また気象病に悩んでいる人は、

 

 

 

乗り物酔いにも悩んでいることが多いとも言われています。

 

 

 

 

それは

 

 

*乗り物酔いをしやすい人は、内耳が揺れに敏感

 

 

*気象病は内耳が気圧の変化という「揺れ」に敏感

 

 

 

といったことから、乗り物に酔いやすい人は

 

 

 

気象病になりやすいのではないかと考えられているとか・・・。

 

 

 

 

では、気象病はどのようにして予防すればよいでしょうか?

 

 

 

 

《気象病の予防》

 

 

 

このような体調不良を予防するには、

 

 

 

自律神経系のバランスを整える生活を送ること。

 

 

 

*睡眠時間の確保

 

*毎日同じ時間での起床

 

*適度な運動

 

*冷え対策・入浴

 

 

といったことを心掛けましょう。

 

 

 

 

では詳しく見ていきましょう。

 

 

 

①きちんと睡眠をとる

 

自律神経を整えるためには、なるべく

 

 

1日7時間は睡眠をとるようにしましょう。

 

 

 

 

しかし、休日の寝だめなど長すぎる睡眠は

 

 

 

逆に頭痛を引き起こす原因になるので避けましょう。

 

 

 

 

また人それぞれに適した睡眠時間があるかと

 

 

思いますので、ご自身の中で

 

 

 

すっきり目覚められる睡眠時間を探すのも一つの方法です。

 

 

 

 

②軽い運動をする

 

朝、目が覚めたとき

 

*身体がだるい

 

*やる気が起こらない

 

 

 

と言った症状がある時は、

 

 

副交感神経が優位になっている可能性が・・・。

 

 

 

 

起床後にはカーテンを開けて日光を浴び

 

 

軽くストレッチをしましょう。

 

 

 

そうすることで、交感神経が優位になり、

 

 

気持ちよく1日が始められます。

 

 

 

 

③冷え対策

 

蒸し暑いと薄着になり、冷たい食物・飲物を

 

 

 

摂る機会が多くなりますね。

 

 

 

しかし、このような生活は筋肉が硬くなり

 

 

 

血行が悪くなり身体が冷えてしまいます。

 

 

 

「冷え取り靴下」や「ひざ掛け」を活用し、

 

 

 

食事の中に温かい物を1品でも摂り入れる事を

 

 

 

おススメします。

 

 

 

 

④湯船につかる

 

 

暑い季節はシャワーで済ましてしまう・・・

 

 

 

と言う人が多いかと思いますが

 

 

 

「37~39℃」のぬるめのお湯にゆっくりと入る事で

 

 

 

副交感神経を優位にすることができます。

 

 

 

 

 

入浴直後は眠りにつきにくいので

 

 

 

質の良い睡眠をとるためにも

 

 

眠る1時間前までに入浴するようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

では食事で気象病の予防は出来ないのでしょうか?

 

 

 

次回は気象病に良い食事についてお伝えしていきます。

 

低気圧になると体調が悪い・・・どうして?

 

最近台風が立て続けに起こり

 

 

 

コロナに加えて色々と大変な時期に入りましたね。

 

 

 

台風も以前と比べると大きな台風が来るようになり、

 

 

 

 

これも温暖化のせいなのでしょうか・・・

 

 

 

 

皆さんの所は大丈夫でしたか?

 

 

 

 

また最近では『天気のせいで体調が悪い・・・』

 

 

 

と言う人が増えているようです。

 

 

 

 

そこで、今月は『気圧と体調の関係』について

 

 

 

お伝えしていきたいと思います。

 

 

 

 

《気圧と体調の関係》

 

 

9月は年間で台風が最も多い季節で

 

 

台風や雨の日など、体調が悪くなる・・・

 

 

という人も少なくない様です。

 

 

 

「今日は頭が痛いと思ったら、低気圧が近づいている」

 

 

「台風が近づくとぜんそくの発作が出る」

 

 

「梅雨時に古傷が痛む」

 

 

 

 

など、体調不良で天気をピタリと当ててしまう人が

 

 

 

皆さんの近くにもいるのではありませんか?

 

 

 

 

私の知り合いには“後何時間後に雨が降るよ”

 

 

 

と時間まで正確にわかる人もいました。

 

 

 

 

このような天気が原因で体調不良を起こすことを

 

 

 

「気象病」と呼び最も多くの人が挙げる症状が”頭痛”のようです。

 

 

 

その他にも

 

 

 

*首の痛み

 

*めまい

 

*耳鳴り

 

*気管支ぜんそく

 

*関節痛、神経痛

 

*古傷の痛み

 

*鬱(うつ)

 

 

 

と言った症状もあるようです。

 

 

 

 

さらに現代ではエアコンで夏は涼しく、

 

 

冬でも温かく過ごすことができるといった

 

 

 

生活環境によって「気象病」になりやすい

 

 

 

体質になってしまっているとか・・・。

 

 

 

 

 

また最近では、局地的大雨(ゲリラ豪雨)と言う言葉も

 

 

 

良く耳にする様になりましたね。

 

 

 

このような極端な気象現象が多くなるにつれ

 

 

 

年々気象病の患者数は増加しているようです。

 

 

 

 

このように「気象病」の主な原因は、気圧の変化と言えますが

 

 

 

 

気圧の変化は急なほど症状が強くなり気圧が低下するときの方が

 

 

 

不調を訴える人が多いようです。

 

 

 

 

 

 

 

更に

 

 

*1日の間に10度以上の温度変化

 

 

 

*気圧が前の日と比べて10ヘクトパスカル以上変化

 

 

 

 

すると症状が出やすいとも言われています。

 

 

 

 

つまり、台風の多い時期やゲリラ豪雨の発生しやすい時期は

 

 

 

このような体調不良を訴える人が多くなる、と言う事が言えますね。

 

 

 

 

では、どうして気圧の変化でこのような症状が出るのでしょうか?

 

 

 

 

気圧が変化すると、人間の体はストレスを感じるので

 

 

自律神経が活性化され、それに対抗しようとします。

 

 

 

自律神経系には、交感神経と副交感神経があり、

 

 

この調整がうまくいかないと、

 

 

 

さまざまな体調不良が起こる原因になってしまいます。

 

 

 

 

つまり気圧の変化で自律神経のバランスが乱れてしまい

 

 

 

「気象病」の症状が出やすい、と言う事がいえます。

 

 

 

 

それでは、このような時はどうすれば良いのでしょうか?

 

 

 

 

次回は「気象病」の対処法についてお伝えしていきたいと思います。

 

 

暑くて眠れない!!そんな時はココを刺激してみよう!

 

早いもので8月も終わり9月になりましたね。

 

 

コロナの影響で例年とは違う夏となり更に温暖化の影響なのか・・・

 

 

 

毎年毎年最高気温の更新と共に暑さも激しさを増して

 

 

 

過ごしにくく寝苦しいと感じている人も多いのでは?

 

 

 

 

そこで、今回のコラムでは“快眠のために効果的なツボ”

 

 

 

をお伝えしていきます。

 

 

 

 

是非参考にしてくださいね。

 

 

 

 

 

《ツボを押すと快眠できる理由》

 

 

東洋医学では、人体には

 

 

*「気(生きるためのエネルギー)」

 

 

*「血(血液)」

 

 

 

 

の通り道である「経絡(けいらく)」が

 

 

 

張り巡らされていると考えられています。

 

 

 

 

「気」と言うのは“元気”やる気“”運気“と言った

 

 

 

言葉に使われていますね。

 

 

 

 

 

そして「ツボ」と言うのはこの経絡上にある

 

 

 

“気”の出入り口のことを言います。

 

 

 

 

ツボは身体の各臓器と深く関係していて

 

 

 

それぞれ対応したツボを押すことで、不調が緩和されます。

 

 

 

 

そこでせっかくツボを刺激するのであれば

 

 

 

快眠のツボ押しの効果を上げるポイントを知っておきましょう!

 

 

 

 

《効果的なツボの押し方》

 

①不眠緩和のためのツボ押しは

 

 

寝る30分~1時間前に行うのが理想的。

 

 

 

 

②ツボを刺激する時は照明を落とし

 

 

 

快適な室内温度の中で行いましょう。

 

 

 

 

テレビを見ながらのツボ押しや

 

 

 

過度な飲酒の後のツボ押しNGです。

 

 

 

 

③ツボの正確な場所探しを頑張ると

 

 

 

脳がリラックスできないので

 

 

 

軽く押して気持ちよい所なら大丈夫です。

 

 

 

 

 

④強く押すと効果的なようですが

 

 

 

強く押しすぎると脳がかえって覚醒してしまうので

 

 

 

気持ちいい程度の優しい押し方を心がけましょう。

 

 

 

 

⑤ツボを押す時は

 

 

 

*息を細く長く吐きながらツボを押す

 

 

 

*ゆっくり息を吸いながら圧迫をゆるめる。

 

 

 

このように約10回繰り返しましょう。

 

 

 

 

《睡眠に効果的なツボ》

 

★労宮(ろうきゅう)

 

精神に働きかける作用のあるツボで

 

 

緊張したときに手のひらに「人」という字を書いて

 

 

飲み込むというおまじないがありますよね。

 

 

 

これも労宮を刺激して心を静める・・・

 

 

と言った意味合いがあります。

 

 

 

 

場所は手を握ったときに中指が当たる所。

 

 

 

指先をツボに当てたら、人差し指の付け根に向かって

 

 

 

押し上げましょう。

 

 

 

 

現在コロナ対策で手洗いを行いますので

 

 

 

その時手を洗いながら刺激するのも良いですね。

 

 

 

 

★失眠(しつみん)

 

足の裏側でかかと中央の少しへこんだところにあります。

 

 

 

このツボは高ぶった神経を落ち着かせ

 

 

 

眠気を誘う効果がありますので

 

 

 

目がさえてなかなか眠れない夜などに試してみてください。

 

 

 

 

イスに座った状態で行う場合は

 

 

 

片手で足首を持ち、もう片方の手で握りこぶしを作り

 

 

 

このツボを10~20回程度、軽く叩きましょう。

 

 

 

 

★内関(ないかん)

 

内関(ないかん)は、自律神経のバランスを整え

 

 

穏やかな気分にさせてくれるのでスッと眠りに入る事ができます。

 

 

 

 

内関は手首を曲げた時にできる太い横ジワの中央から

 

 

ひじに向かって親指2本分ほどの所にあります。

 

 

 

親指で優しく垂直に押しましょう。

 

 

 

 

★百会(ひゃくえ)

 

百会(ひゃくえ)は、頭頂部の近くにあるツボで

 

 

「多くの経絡が会うところ」と言う意味があり

 

 

 

いくつもの経絡が交わっているツボなので

 

 

全身の気を補い、ストレスを解消してくれ質の良い睡眠がとれます。

 

 

 

 

百会は両耳をつなぐ直線と

 

 

眉間の中心線が交わるところにあり

 

 

頭頂部よりは、前の方にあるので注意しましょう。

 

 

 

 

気持ち良い程度の強さで、

 

 

小さい円を描くように刺激しましょう。

 

 

 

いかがでしたか?

 

 

 

暑い夜、眠れない時など試してみてくださいね♪

 

 

« 前のページへ 記事一覧へ 次のページへ »