院内コラム

院内コラム

コロナにも負けない!寒い季節を乗り切る冷え性対策

 

明けましておめでとうございます。

 

 

年末から年始にかけて、コロナウイルスの感染が

 

 

 

全国的に広がってきましたね。

 

 

 

 

 

更にウイルスの好む寒さと乾燥でこれからの

 

 

 

広がりが心配ですね・・・

 

 

 

 

 

今年もコラムを通して皆さんの役に立てる

 

 

 

 

情報をお伝えしていきたいと思いますので

 

 

 

 

よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

では今年第1回目のコラムは

 

 

 

 

『寒い季節を乗り切る冷え性対策』について・・・・

 

 

 

 

 

寒い季節になると、手先や足先の冷えが

 

 

 

になってきますね・・・

 

 

 

 

当の本人も足の冷えがあるので

 

 

 

 

この季節は憂鬱になってしまいます・・・

 

 

 

 

さて「冷えは万病の元」と言われているように

 

 

 

肩こりや腰痛、便秘や肌あれ、抵抗力の低下

 

 

 

といった症状が多数存在します。

 

 

 

 

《冷え性の原因》

 

 

 

冬の冷えというと、気温の低下や寒冷の影響で

 

 

 

 

手足が冷たくなったり、体調を崩したりする・・

 

 

 

 

 

と言った人が殆どですが

 

 

 

 

 

最近はストレスや不規則な生活などによって

 

 

 

 

体温を調節する自律神経がうまく機能しなくなり

 

 

 

 

冷え性になる人もいるようです。

 

 

 

まさに、今この時期コロナの事で

 

 

 

ストレスが溜まっている人も多く

 

 

 

 

それが原因で冷え性になっている人もいるかもしれません。

 

 

 

 

 

その他の原因として

 

 

*熱を作る筋肉量の減少

 

 

*きつい下着や靴による血行不良

 

 

*貧血や低血圧など血管系の疾患

 

 

 

と言った事が挙げられます。

 

 

 

 

健康に気をつけていても、

 

 

 

ストレスの多い生活をしていると体は温かくなりません。

 

 

 

 

 

日常の生活様式が変わってしまった今・・・

 

 

 

ストレスを解消するために、スポーツや趣味など

 

 

 

楽しくて夢中になれる活動を見つけて

 

 

 

自分の生活の中に取り入れる事も大切になりますね。

 

 

 

 

 

《冷え性を改善する生活習慣》

 

 

 

 

冷え性の改善には、身体を内側から温め、

 

 

 

 

血行を促すような生活習慣が大切になります。

 

 

 

 

◎身体をあたためる食事の工夫

 

 

 

栄養バランスのとれた食事を基本に、

 

 

 

身体を温める食材を積極的にとりましょう。

 

 

 

 

 

おススメの食材として

 

 

*肉類

 

 

肉類に多く含まれるたんぱく質は

 

 

 

熱源となる筋肉を作ってくれます。

 

 

 

 

*ビタミンE

 

 

 

シシャモやタラコ、アボカドやアーモンド

 

 

 

などに多く含まれるビタミンEには、

 

 

 

末梢血管を広げて血液循環を良くする働きがあります。

 

 

 

 

◎身体の隅まで血液を届ける生活習慣

 

 

身体を締め付ける衣服や靴は避け

 

 

 

38~40度くらいのぬるめの湯にゆっくりつかりましょう。

 

 

 

 

熱い湯は体の表面だけ温まり、

 

 

 

内部が十分に温まっていないことが多く、

 

 

 

さらに急激に血圧を上昇させるので、

 

 

 

ぬるめのお湯に入る事が大切になります。

 

 

 

 

◎自律神経を整える生活習慣

 

 

 

十分に睡眠をとって心身を休ませ

 

 

 

歩く習慣やストレッチなど、

 

 

 

 

日常に適度な運動をとりいれる事も必要です。

 

 

 

 

コロナで外出自粛などありますが

 

 

 

 

ストレッチなど家の中で簡単に摂り入れられますので

 

 

 

おススメです。

 

 

 

この他にもあったかアイテムを取り入れる事で

 

 

 

寒さ対策にもなります。

 

 

 

 

次回はそんなあったかアイテムを

 

 

 

お伝えしていきますね。

 

 

 

年末年始の胃腸を整えるツボを紹介!!

 

 

 

今年も残り僅かとなってきましたね。

 

 

 

例年と違う年末年始・・・・

 

 

 

本当に今年1年今まで当たり前、と思っていたことが

 

 

 

当たり前では無くなり、生活様式も大きく変わってしまいましたね。

 

 

 

 

まさか自分が生きている間にこんな世の中が来るとは

 

 

 

夢にも思っていませんでした。

 

 

 

 

 

しかし、明日は何が起こるか分からない・・・

 

 

 

 

毎日を大切に生きていかなければならないと

 

 

 

 

強く実感した1年でもありました。

 

 

 

 

 

さて今回のコラムは今年最後のコラムとなります。

 

 

 

 

今年はコロナに関するコラムも沢山書かせていただきました。

 

 

 

 

 

未だ収束の見えないコロナウイルス・・・

 

 

 

 

変異したウイルスも見つかり不安も大きくなりましたね。

 

 

 

 

 

お役に立てる情報もあるかと思いますので

 

 

 

読み返して頂くとお役に立てるかと思います。

 

 

 

 

 

 

 

では、今年最後のコラムの内容は

 

 

 

 

年末年始、自宅で過ごし家族だけの忘年会・新年会を

 

 

 

 

行われる方も多いかと思います。

 

 

 

 

 

普段よりも多くのアルコールを飲まれる方も

 

 

 

多いのではないでしょうか?

 

 

 

 

そこで、食べすぎ・飲みすぎに効果的なツボを

 

 

 

お伝えしていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

《食べすぎ・飲みすぎに効果的なツボ》

 

 

食べ過ぎによる不調は、自律神経の

 

 

 

 

調子に深く関係するようなので、これらのツボを

 

 

 

日ごろから意識してケアしておく事をお勧めします。

 

 

 

 

 

 

 

◎食欲を抑えたいとき

 

 

 

★胃腸点

 

 

 

中指を内側に曲げたとき、指先が接するところから

 

 

 

手首との中間点にあります。

 

 

 

親指でゆっくりと押して揉みましょう。

 

 

 

 

 

 

 

◎食べ過ぎを予防するツボ

 

 

 

★関元(かんげん)

 

 

関元とは元気の出入り口を表し

 

 

 

自律神経のバランスを整え、

 

 

 

 

胃腸炎、過敏性腸症候群などにも効果的です。

 

 

 

 

 

ツボの位置はおへそからまっすぐ、

 

 

 

 

指の幅三本分ほど下がったところにあります。

 

 

 

 

両手を重ねて、中指でお腹の脂肪がへこむように

 

 

 

軽く、5~10秒押しましょう。

 

 

 

 

これを3~10回ほど繰り返します。

 

 

 

 

 

 

◎消化を助けるツボ

 

 

 

★中脘(ちゅうかん)

 

 

中脘とは「胃の中央」を表し

 

 

 

胃もたれ・お腹がふくれた感じ・下痢

 

 

 

胸やけ・げっぷなど消化器系に作用する万能のツボです。

 

 

 

 

 

ツボはおへそから自分の親指の幅4本分上で

 

 

 

おへそとみぞおちの中間あたりにあります。

 

 

 

 

 

両手を重ねて、息を吐きながら中指で軽く押しましょう。

 

 

 

5~10秒間の刺激を4~5回行いましょう。

 

 

 

 

次に、中かんからおへそまで、3回ほど

 

 

 

ゆっくり押しながら移動させましょう。

 

 

 

 

 

 

 

◎胃もたれ、胃のむかむかを和らげるツボ

 

 

 

★足三里(あしさんり)

 

 

 

足にあるツボなので関係無いようですが

 

 

 

胃の不調全般、腹痛、下痢、吐き気と、

 

 

 

胃からお腹の調子を整えるときの特効的なツボになります。

 

 

 

 

ツボはひざのお皿の下の外側にあるくぼみから、

 

 

 

指の幅4本分を下がったところにあります。

 

 

 

 

5~10秒間の刺激を4~5回行いましょう。

 

 

 

 

========================

 

それでは、最後になりましたが今年1年大変お世話になりました。

 

 

 

来年はコロナが収束していつもの日常が戻る事を

 

 

 

祈りたいと思います。

 

 

 

 

 

皆様も身体に気を付けて良い年をお迎えください。

 

 

冬でも脱水症状?マスク着用で増えているって?

 

今年もあとわずかとなりましたが

 

 

 

 

コロナの勢いも止まらず例年と違う年末年始になりそうですね。

 

 

 

 

 

マスクも必需品になって今話題になっているのが

 

 

 

 

『冬の脱水症状』

 

 

 

 

 

 

テレビなどでも報道されていますので

 

 

 

 

 

聞いた事がある人も多いのではないでしょうか?

 

 

 

 

 

『何故マスクで脱水症状?』

 

 

 

『冬なのに脱水症状?』

 

 

 

 

 

と思ってしまいますね。

 

 

 

 

 

 

そこで今回は

 

 

 

 

”冬の脱水症状とはどんなもの?”

 

 

 

 

 

と言ったテーマでお伝えしていきたいと思います。

 

 

 

 

 

《冬の脱水症状とは?》

 

 

 

脱水症状は夏によく発症すると思いがちですが

 

 

 

 

冬は空気が乾燥して水分を積極的にとらなくなったり

 

 

 

 

現在ではマスクをしている事で喉の渇きを感じにくい・・・

 

 

 

 

と言う事も原因で脱水症状がおこると言われています。

 

 

 

 

 

 

 

つまり、脱水症状は季節を問わず

 

 

 

注意しなければならない・・・と言う事になりますね。

 

 

 

 

 

◎冬の脱水症状の原因とその症状

 

 

 

冬でも脱水症状が起きる理由は

 

 

 

 

水分補給をおろそかにしがちになるから・・・

 

 

 

 

 

私たちの体は、普通に生活していても

 

 

 

“季節を問わず1日に2.5Lほどの水分を消費している”

 

 

 

といわれています。

 

 

 

 

これだけの水分は、体内で作られる水分や、

 

 

 

 

食事から摂取する水分だけでは十分ではないので

 

 

 

 

意識して水分補給することが大切と言えます。

 

 

 

 

 

 

またマスクは保湿効果があるため、

 

 

 

 

喉の渇きをさらに感じにくく

 

 

 

 

それに加え着脱が面倒なことから

 

 

 

 

水分補給の回数も減りがちになります。

 

 

 

 

 

 

冬など乾燥する日が続くと皮膚などからの蒸発が増し

 

 

 

 

さらに、喉があまり渇かないため脱水に気づきにくく、

 

 

暖房で、より乾燥した室内では蒸発が進むので

 

 

 

水分が奪われやすくなります。

 

 

 

 

更に、感染予防で外出機会が減り

 

 

 

水分を保つ役割もある筋肉の量が減少してしまい

 

 

 

脱水が起きやすくなる・・・といったこともあるようです。

 

 

 

 

 

 

 

このような事から冬でも

 

 

 

脱水症状には注意しなければならない事が分かりますね。

 

 

 

 

 

◎冬の脱水症の症状

 

 

 

 

脱水症状になると下記のような体調不良が表れやすくなります。

 

 

 

*めまい、立ちくらみ

 

*眠気

 

*疲労

 

*食欲不振

 

*関節の痛み

 

 

 

このような症状が起きた時、水分補給によって

 

 

 

改善された場合は脱水症状が原因だったといえます。

 

 

 

 

◎冬の脱水症状対策

 

 

では、冬の脱水症状を予防するために、

 

 

 

生活の中で取り入れたい事を見ていきましょう。

 

 

 

 

①こまめな水分補給

 

 

 

汗をかきにくい冬は、1日3回の食事時に加えて、

 

 

 

2時間に1回コップ1杯程度の水を飲むこと。

 

 

 

 

また、飲み物だけでなく、ほうれん草や小松菜など、

 

 

 

水分とミネラルが豊富な緑黄色野菜を意識して

 

 

 

 

食べることも水分摂取につながるのでおすすめです。

 

 

 

 

②皮膚からの蒸発を防ぐ

 

 

 

加湿器などを使ったり観葉植物を置いたり、

 

 

 

室内に洗濯物を干したりすることで

 

 

 

 

室内を加湿するように心がけましょう。

 

 

 

 

また

 

*定期的に換気する

 

*水を張ったバケツにタオルをかけておく

 

 

 

といったことも効果的です。

 

 

 

 

まだまだ寒い季節も続きコロナも収まる

 

 

 

気配もありませんね。

 

 

 

 

今年の冬は特に気を付けて水分を摂取するようにしましょう!

 

« 前のページへ 記事一覧へ 次のページへ »