院内コラム

院内コラム

外で遊ぶ時には、こんな工夫をして紫外線対策を!!

今月のコラムでは紫外線対策について

 

 

 

お伝えしています。

 

 

 

 

今回は、子供が外で遊ぶ時に気をつける

 

 

 

紫外線対策についてお伝えしていきます。

 

 

 

 

 

《屋外で遊ぶ時》

 

 

①時間の工夫

 

 

紫外線は、1 日のうちで10時から14時の間が強く

 

 

早朝や夕方は非常に弱くなります。

 

 

 

 

屋外で遊ぶ時は紫外線の弱い時間帯を選び

 

 

強い時間帯に遊ぶ時は

 

 

紫外線対策をきちんと行うようにしましょう。

 

 

 

また、紫外線は4月から9月に強くなりますが

 

 

皮膚は夏から秋にかけて厚くなり抵抗力も強くなりますので

 

 

 

長時間、紫外線を浴びるような場合は

 

 

 

これらの時間帯や季節を考えて行うようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

②場所の工夫

 

 

 

日陰は日向よりも紫外線が約50%減るので、

 

 

テントやパラソル、等を利用しましょう。

 

 

 

曇りでも紫外線は晴天の約80%出ているので

 

 

 

対策は必要になります。

 

 

 

 

 

 

③帽子、服の活用

 

 

 

帽子のつばが7センチあれば

 

 

 

約60%の紫外線をカットできますし

 

 

 

服も七分袖や襟付きのような

 

 

体を覆う部分の多い方が肌を守ることができます。

 

 

 

 

生地は濃い色のほうが紫外線を吸収します。

 

 

 

しかし、熱中症対策としては

 

 

白か淡い色のものが良いので

 

 

 

その場合は、織目や編目がしっかりした

 

 

 

木綿かポリエステル・木綿の混紡素材のものを選びましょう。

 

 

 

 

 

 

④サンスクリーン剤の活用

 

サンスクリーン剤はSPF15以上であれば

 

 

紫外線対策としては十分と言えます。

 

 

 

しかし、たっぷりと均一に塗らないと

 

 

効果は得られませんので

 

 

 

下記の量を2度塗りするとより効果的です。

 

 

 

 

 

※塗る量

 

 

*クリームならパール粒大

 

 

*液なら1円玉大

 

 

 

この量を首、胸元、背中、腕や手など

 

 

塗り忘れや塗りむらがないように

 

 

2度塗りましょう。

 

 

 

 

白くなるのが嫌な人もいるようですが

 

 

 

屋外活動の15分前までに塗ると

 

 

 

肌になじんで目立たなくなります。

 

 

 

また、時間とともに、 汗で流れたりするので

 

 

2、3時間ごとに重ね塗りするとより効果的です。

 

 

 

 

 

 

《水遊びをする時》

 

 

水遊びをする時は肌を露出し、

 

 

紫外線の影響を受け易いので、

 

 

紫外線対策はより重要になります。

 

 

 

 

 

 

①時間の工夫

 

屋外で遊ぶのと同様

 

 

紫外線の強い時間をさけるようにしましょう。

 

 

 

 

 

②場所

 

 

 

室内プールや、プールの上に天幕を張り

 

 

泳ぐ時の紫外線を防ぎましょう。

 

 

 

また屋外の場合はプールサイドに

 

 

テントを用意して、泳がない時の

 

 

紫外線対策として活用しましょう。

 

 

 

 

 

③服で覆う

 

 

プールやマリンスポーツ時に着用する

 

 

肌を守ることを目的として作られた物があります。

 

 

 

 

身体にフィットして濡れても大丈夫な素材でできた

 

 

 

Tシャツのようなものなのでおススメです。

 

 

 

 

 

 

④サンスクリーン剤

 

 

サンスクリーン剤の使用を許可してもらい

 

 

ウォータープルーフのものを使いましょう。

 

 

 

 

 

※子どもに適したサンスクリーン剤

 

 

*「SPF 15 以上」、「PA ++ ~ +++」を目安に・・・

 

 

*「無香料」および「無着色」の表示があるもの

 

 

*「耐水性」または「ウォータープルーフ」の

 

表示があるもの

 

 

 

 

 

 

紫外線は怖いだけではありません。

 

 

 

ある程度の紫外線は必要ともいわれています。

 

 

 

過剰な紫外線対策はお子さんの成長の妨げに

 

 

なる場合もありますので、

 

 

 

上手に紫外線対策を行うようにしましょう。

 

外出自粛緩和!!でも子供の紫外線対策はどうすれば良いの!?

 

6月も半ばが過ぎ、外出自粛も緩和され 

 

 

 

外出する機会も増えてきているのではないでしょうか? 

 

 

 

そこで、6月のコラムでは”紫外線”について 

 

 

お伝えしています。 

 

 

 

しかし自分の紫外線対策はしっかりできていても 

 

 

子供の場合どうすれば良いのか

 

 

分からない人もいるのではないでしょうか。 

 

 

 

 

そこで、今回は 

 

 

 

赤ちゃんや子どもの紫外線防止』 

 

 

 

についてお伝えしていきたいと思います。 

 

 

 

 

《紫外線に対する考え方》 

 

以前は、赤ちゃんの健康のためにも 

 

 

日光浴や子どもの日焼けは 必要だと言われてきました。 

 

 

 

 

それは骨や歯の形成に欠かせない 

 

 

 

ビタミンDの生成を 

 

 

 

紫外線が助ける働きがあるためです。 

 

 

 

 

 

しかし近年では、 紫外線を浴びることで 

 

 

*表皮の細胞 

 

 

*一部真皮の細胞 

 

 

の DNAを傷つけることが分かり 

 

 

紫外線対策が論じられるようになりました。 

 

 

 

 

さらに最近では、必要なビタミンD 

 

 

食事から充分に摂取することができるようになり 

 

 

 

逆に紫外線による悪影響の方が大きいと 

 

 

考えられるようになってきたようです。 

 

 

 

 

しかし、外の空気にふれる「外気浴」も大切。 

 

 

 

 

そこで、赤ちゃんを外に連れて行くときは 

 

 

紫外線量の少ない朝夕の時間帯に 

 

 

するよう心がけることが大切になります。 

 

 

 

  

《子どもの紫外線対策が必要な理由》 

 

 

では 子どもの紫外線対策が必要な理由とは 

 

 

何なのでしょうか? 

 

 

 

それは 

 

 

※子どもは成長過程にあるため 

 

 

紫外線の悪影響を大人より受けやすい 

 

 

 

※子どもの皮膚は大人の半分ほどの薄さのため 

 

 

大人に比べて刺激に弱い 

 

 

 

ということがあげられます。 

  

 

 

子どもは紫外線の影響をとても受けやすく 

 

 

ダメージを蓄積してしまうので 

 

 

 

子どもの頃から浴びた紫外線の量が多いほど 

 

 

 

将来の健康に悪影響が起こると言われています。 

 

 

 

そこで、小さいころからの紫外線対策は 

 

 

とても大切と言う事が言えます。 

  

  

 

 

具体的にどの時期から 

 

 

 

紫外線対策を行えばよいのでしょうか? 

 

 

 

 

子ども用の日焼け止めクリームは、 

 

 

 

生後6か月以降からの使用が可能と言われていますが

  

 

 

それまでの間どうすればいいのか・・・ 

 

 

 

*紫外線を気にしすぎて、外出しない 

 

 

*頭から足の先まで、がっちりガードする 

 

 

 

 

といったことは敵策とは言えません。 

 

 

 

 

では、どういった工夫があるのでしょうか。 

  

 

 

 

 

*ベビーカーのフードの活用 

 

 

*ストールやタオルの活用 

 

 

*日陰を利用する 

 

 

*子供用のUVカットウエアを活用 

 

 

 

 

 

など、上手に紫外線を避けることを心がけ、 

 

 

肌を安全に守ってあげ外出を楽しみましょう! 

  

 

 

 

次回は、子供の紫外線対策について 

 

 

もう少し詳しくお伝えしていきたいと 思います。

 

 

紫外線から肌を守るためにできる事とは?

前回は紫外線について詳しくお伝えしてきました。

 

 

 

 

今回は“紫外線の影響を防ぐ”には・・・

 

 

 

と言う事についてお伝えしていきたいと思います。

 

 

 

 

 

《紫外線による影響を防ぐには》

 

 

 

まず日常の生活に取り入れやすい方法について・・・

 

 

 

①紫外線 の強い時間帯を避ける

 

 

 

朝10時から夕方4時頃までは

 

 

 

1日のうちでも紫外線が強い時間帯になります。

 

 

 

 

②日陰を利用する

 

 

日陰は直接日光に当たりませんが

 

 

 

地面や建物から反射したものを

 

 

 

浴びることもありますので注意が必要です。

 

 

 

 

③日傘を使い、帽子をかぶる

 

日傘や帽子は、直接の紫外線からは防げますが

 

 

 

大気中の紫外線までは防ぐことはできませんので

 

 

 

その点に注意しましょう。

 

 

 

 

④袖や襟のついた衣服で覆う

 

 

 

皮膚への紫外線を減らすためには

 

 

 

しっかりした編み目をもつ生地 を

 

 

 

選ぶことが大切になります。

 

 

 

 

色よりも生地を重要視して選びましょう。

 

 

 

⑤サングラスをかける

 

最近は普通のメガネや、コンタクトレンズにも

 

 

 

紫外線カットの効果のあるものが多くありますが

 

 

 

眼に入る紫外線は、正面からだけではないので

 

 

*レンズサイズの小さいめがね

 

*顔の骨格に合わないめがね

 

 

 

などは紫外線に対して十分な防止効果を期待できません。

 

 

 

 

紫外線から眼を守るためには、

 

 

ある程度の大きさがあり自分の顔にあったサイズの

 

 

メガネをかけるようにしましょう。

 

 

 

また、色の濃いサングラスの方が

 

 

 

効果的な様な感じがしますが

 

 

 

このようなサングラスは瞳孔が普段より大きく開くため

 

 

 

逆に沢山の紫外線が眼の中へ入 り、

 

 

 

危険な場合がありますので気を付けて選びましょう。

 

 

 

 

⑥日焼け止めクリームを上手に使う

 

 

日焼け止めは1度塗るだけで一日中効果が

 

 

あるとは限りません。

 

 

 

*知らず知らずのうちに顔をこする

 

*汗をかく

 

 

 

といったことで落ちていることが多いので、

 

 

2~3時間ごとに細目に塗りなおすことが大切になります。

 

 

 

更に、量についても、正しい量を使わないと

 

 

効果が不十分になりますので、使う量は、

 

 

顔の場合ですと

 

 

*クリームタイプは「真珠2つ分」

 

 

*液状タイプは「1円玉2枚 分」

 

 

 

の量は使うように心がけましょう。

 

 

 

 

首や腕なども忘れずに塗りましょう。

 

 

 

《日焼け止めの「SPF」「PA」とは?》

 

 

日焼け止めの表面に「SPF」「PA」とありますが

 

 

※「SPF」とは、

 

 

B波を防止する効果の強さで

 

 

数が大きいほど強力になります。

 

 

 

※「PA」とは、

 

 

A波を防止する効果の強さで

 

 

プラスの数は1個から3個まであり、

 

 

 

3個が最も強力になります。

 

 

 

 

強いものが良いように思いますが

 

 

あまり強いものばかり使うと肌に負担がかかるので

 

 

 

普段外出する時は

 

 

『SPF15、PA+~++』程度のもので

 

 

十分と言われています。

 

 

 

更に水泳やスポーツをする場合には

 

 

「ウォータープルーフ」のものを使うようにしましょう。

 

 

 

どちらを使うにしても、2~3時間おきに

 

 

塗りなおすことが大切になりますので

 

 

 

正しい使い方をして紫外線から肌を守りましょう。

 

« 前のページへ 記事一覧へ 次のページへ »