院内コラム

院内コラム

肌の紫外線ダメージは入浴でケアできるのか?

おはようございます・・・

 

 

 

いやいや、涼しくなる!って言ってるのに、

 

 

 

昼間は全然暑いじゃないか!と、突っ込みたくなりますね。

 

 

 

 

首がかなり日焼けしちゃいました!

 

 

 

 

 

さてさて、前回は紫外線を浴びてダメージを受けた肌に

 

 

対するケアについてお伝えしましたが

 

 

 

 

 

 

今回は

 

 

 

『肌の紫外線ダメージは

 

 

入浴でケアできるのか?』

 

 

 

 

ということについてお伝えしていきます。

 

 

 

 

 

 

 

《紫外線を浴びた肌は?》

 

 

夏の紫外線にさらされた肌は、

 

 

 

ダメージを受けて

 

 

 

肌のバリア機能が崩れ、

 

 

 

とてもデリケートになっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

そうなると、肌は水分を

 

 

 

保持できずに乾燥した状態に・・・・。

 

 

 

乾燥は肌トラブルの一番の原因。

 

 

 

 

 

『シミ・シワ・弾力低下』など

 

 

 

 

一生懸命ケアしている肌悩みを

 

 

 

 

悪化させてしまうことにもなります。

 

 

 

 

 

なので、しっかりとケアしたいですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

《入浴方法を変えてみよう》

 

 

 

毎日顔はきちんとケアしていても、

 

 

 

全身の肌までケアしている人は

 

 

 

少ないのではないでしょうか?

 

 

 

 

 

 

いくら顔にハリがあっても手の甲で

 

 

 

年齢が分かる・・・という位

 

 

 

『手の甲のシミやシワ』

 

 

 

 

 

 

その他にも『首のシワ』も、

 

 

 

見た目年齢を上げてしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

つまり、顔はもちろん全身の肌も

 

 

 

きちんとケアすることが大切ということになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

“ボディクリームなどで保湿する”と

 

 

 

言う人も多いかもしれませんが

 

 

 

毎日の入浴方法を

 

 

 

 

工夫してみるのもおすすめのケアになります。

 

 

 

 

 

 

 

《湯船やシャワーの温度は“ぬるめ”に》

 

 

 

美容に効果的な入り方は

 

 

 

「熱いお湯に長時間浸かって、

 

 

汗をたくさんかく」

 

 

 

 

 

と思っている人もいるかもしれませんが、

 

 

 

 

 

 

紫外線のダメージを受けて

 

 

 

弱っている肌には、

 

 

 

熱いお湯は刺激が強すぎる可能性があり

 

 

 

 

 

長時間浸かると、

 

 

 

肌の水分を保持するために必要な

 

 

 

脂分まで落としてしまうことも・・・・。

 

 

 

 

 

 

つまり紫外線のダメージを受けた肌は、

 

 

 

38~40度くらいのぬるめのお湯に

 

 

 

15分ほど浸かる入浴の仕方がおススメと言えます。

 

 

 

 

 

 

 

また熱いシャワーも、皮膚に刺激を

 

 

 

与えてしまうので

 

 

 

シャワーの温度もぬるめにして使いましょう。

 

 

 

 

 

顔をすすぐときは直接シャワーを顔にかけると

 

 

 

それだけで肌には刺激になってしまうので絶対NG!!

 

 

 

 

手ですくったぬるま湯でやさしく洗い流しましょう。

 

 

 

 

 

 

《体は手でやさしく洗い流すだけでも良い》

 

 

 

 

ここ数年言われてきていますが

 

 

毎日ボディソープでゴシゴシ身体を洗うと

 

 

 

肌の潤い成分まで洗い流してしまうので

 

 

 

 

 

 

 

汗をたくさんかいた時でも

 

 

 

せっけんやボディソープの泡を手の平につけて、

 

 

 

手でやさしく洗うだけでも大丈夫・・・という事。

 

 

 

 

 

 

これからの季節には余り汗をかかないので

 

 

 

ワキやひざの裏といった

 

 

 

汚れやすい部分だけをせっけんで洗い、

 

 

 

 

 

 

他の箇所はお湯で

 

 

 

洗い流すだけでも充分なんです。

 

 

 

 

 

 

そして入浴後は時間をおかずに、

 

 

すぐにボディクリームなどで保湿しましょう。

 

 

 

 

 

 

紫外線で肌が疲れていると

 

 

 

感じている人はぜひ試してみてくださいね。

 

 

 

 

 

*********************************************
Koharu(こはる) はり灸 整骨院

鍼灸師・柔道整復師

院長 清水 芳幸(しみず よしゆき)

〒546-0033   大阪市東住吉区南田辺1-3-13-1F

TEL&FAX  06-7505-7435

E-mail  info@koharu-jp.com

URL http://koharu-jp.com/
**********************************************

紫外線を浴び続けてきたお肌の対処法!

 

 

いや~早いもので10月になりましたね。

 

 

 

なんだか、まだまだ暑いですけど・・・

 

 

 

 

こんにちは、koharu院の清水芳幸です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は紫外線を浴び続けてきた肌の

 

 

 

対処法についてお伝えしていきます。

 

 

 

 

 

 

肌トラブルを起こさないために

 

 

 

季節ごとに気を付ける事がありますね。

 

 

 

 

 

 

これまでの暑い夏は紫外線に用心し

 

 

 

冬は乾燥に気を付けなければなりません。

 

 

 

 

 

 

 

しかし、気温が少し下がってきた

 

 

 

秋のお手入れはどうしているでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

また、この時期こそ肌のトラブルが多くなる・・・

 

 

 

という事をご存知でしょうか?

 

 

 

 

 

 

今回は、秋に欠かせない

 

 

 

お肌のお手入れについて紹介していきますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

<夏に受けたダメージは・・・・?>

 

 

 

夏の強烈な日差しの対策として、

 

 

*日焼け止め

 

 

*日傘

 

 

*サングラス

 

 

*手袋

 

 

 

 

 

といったものを使って

 

 

 

紫外線を防御してきた方も多いのではないでしょうか?

 

 

 

 

 

そんな夏も終わり、

 

 

 

紫外線への警戒から解放された頃に出てくる

 

 

 

「肌トラブル」に悩んでいる人も多いのでは・・・?

 

 

 

 

 

これは、夏の間に受けたダメージが

 

 

 

表面化してきたものなんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

『どうして今頃・・・?』

 

 

と思うかもしれませんが

 

 

 

肌は常に細胞分裂して、

 

 

 

新しく生まれ変わっています。

 

 

 

 

 

 

 

これを肌のターンオーバーと言いますが

 

 

 

 

正常ですとこの期間は約1ヶ月かかります。

 

 

 

 

 

 

 

 

つまり、夏の間に受けたダメージは

 

 

 

 

肌の奥の方に潜んでいて

 

 

 

 

肌のターンオーバーが完了する1ヶ月ごろに

 

 

 

目に見えるトラブルとして表れてくるので

 

 

 

 

 

 

『どうして今頃・・・?』

 

 

 

と思ってしまうんですね^^;

 

 

 

 

 

 

代表的なトラブルとして

 

 

*しみ・そばかす・くすみ

 

 

*肌のハリが失われる

 

 

*化粧のノリが悪くなる

 

 

といったことがあります。

 

 

 

 

 

更に、秋になると

 

 

 

気温や湿度が下がり空気が乾燥してくるので、

 

 

 

カサカサした肌になることもあります。

 

 

 

 

 

 

『夏のダメージ』

 

 

『冬の乾燥が迫ってくる秋』

 

 

 

そんな季節だからこそ、

 

 

より普段のケアが大切になってきます。

 

 

 

 

 

では秋のお手入れで

 

 

大切な事とは何でしょうか?

 

 

 

 

<秋に合わせた日焼け止めを使う>

 

 

 

 

夏は強烈な紫外線を防ぐため、

 

 

PA値やSPF値の高い日焼け止めを

 

 

 

使う人が多いかと思いますが

 

 

 

 

 

数値の高い日焼け止めは、

 

 

肌への負担も大きくなります。

 

 

 

 

 

 

そこで紫外線が少し弱まった秋には、

 

 

 

『SPFは20程度、PA値は++程度』

 

 

 

の日焼け止めを使うようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

<クレンジング>

 

 

 

何度もお伝えしていますが

 

 

クレンジングする時はこすらずに

 

 

 

優しく落とすように気をつけましょう。

 

 

 

 

 

クレンジングはキレイな肌で

 

 

 

いるために一番重要な事になります。

 

 

 

 

 

 

メイク落としがしっかりできていないと、

 

 

 

肌トラブルの元となりますので

 

 

 

しっかり落とす事が大切にならいます。

 

 

 

 

 

乾燥していると感じたら、

 

 

ホットタオルなどで温めてから、

 

 

クレンジングしてみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

<スキンケアを丁寧にしっかり>

 

 

 

化粧水やクリームで保湿するときは、

 

 

 

手で押し込む「ハンドプレス」がおすすめ。

 

 

 

 

 

 

化粧水などを手に取って軽く温めてから

 

 

 

ハンドプレスすると

 

 

 

よりよい状態でお肌に届けることができます。

 

 

 

 

 

 

顔全体につけたら、

 

 

 

『額・まぶた・頬・鼻筋・フェイスライン』

 

 

など、10秒ずつ手で押さえましょう。

 

 

 

 

 

複数の基礎化粧品を使っている場合は

 

 

 

それぞれを毎回ハンドプレスすることで

 

 

 

違いを実感できる肌になるはずです♪

 

 

 

 

 

 

夏が終わったからといって、

 

 

 

油断をせず夏のアフターケアとして

 

 

 

『クレンジング・洗顔・保湿』といった

 

 

 

 

基礎を丁寧に行い

 

 

 

秋のメンテナンスをしっかり行うことで

 

 

 

冬の乾燥への備えにもなりますので

 

 

 

 

これからの季節のスキンケアを

 

 

 

しっかり行う様にしましょう。

 

 

 

 

 

*********************************************
Koharu(こはる) はり灸 整骨院

鍼灸師・柔道整復師

院長 清水 芳幸(しみず よしゆき)

〒546-0033   大阪市東住吉区南田辺1-3-13-1F

TEL&FAX  06-7505-7435

E-mail  info@koharu-jp.com

URL http://koharu-jp.com/
**********************************************

 

 

 

肌と寝具の切っても切れない関係性を知ることで快眠を!

 

 

今回は私達が一番過ごす時間の長い

 

 

寝具について・・・

 

 

寝具は過ごしている間ずっと肌が

 

 

触れているものですよね。

 

 

 

 

 

だから、もしその寝具が

 

 

 

『不潔』だとか

 

 

 

『肌に刺激を与えるようなもの』

 

 

 

だとしたら、

 

 

 

肌にとっては良い影響は与えませんね^^;

 

 

 

 

 

 

特に肌が敏感な方は、寝具でも

 

 

 

肌トラブルになってしまう場合もあるので要注意!

 

 

 

 

 

では

 

<肌にダメージを与えてしまう寝具>

 

 

 

 

と言うのはどういう状態なのか・・・

 

 

 

 

《ダニがいる》

 

 

 

これは良く聞く話なのでご存知かと思いますが

 

 

ダニは温かくて湿気の多い場所を好むので

 

 

汗を吸って湿度が高くなっている寝具の中は

 

 

ダニにとって居心地の良い場所になります。

 

 

 

 

 

 

さらに、寝具の中には『人間の皮膚』や『フケ』

 

 

などが付着していて

 

 

これはダニのエサになっています。

 

 

 

 

 

このような寝具のダニが原因で、

 

肌が荒れてしまうこともあります。

 

 

 

 

 

 

《素材が合わない》

 

 

最近の寝具には色々な素材が使われて

 

 

『凹凸が多いもの』 『繊維の硬いもの』

 

 

などもあります。

 

 

 

 

 

肌が敏感な人にとっては、このような

 

 

 

素材との摩擦が肌トラブルの元になることもあります。

 

 

 

 

 

 

 

《汚れ》

 

 

 

寝具には汗や皮脂が付着していると説明しましたが

 

 

 

特に枕カバーは、顔につけたスキンケアなどで

 

 

 

 

汚れやすくなっているため

 

 

 

 

肌荒れの原因となってしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

では

 

 

 

<肌に優しい寝具の条件とは何なのか・・・>

 

 

 

 

◆清潔にすること◆

 

 

 

寝具はとにかく清潔な状態を保つことが重要です!

 

 

 

 

天気の良い日は寝具を外に干して、

 

 

 

 

日光や紫外線で殺菌しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

これから寝具を購入することを考えている人は

 

 

 

 

「防ダニ加工」が施された商品を

 

 

 

 

選ぶのも良いかも知れません。

 

 

 

 

 

 

 

そして、

 

 

 

*週に一度くらい寝具にも掃除機をかける

 

 

 

*シーツはこまめに洗濯する

 

 

 

*枕カバーは、頻繁に洗濯する

 

 

 

 

 

 

 

 

枕カバーを頻繁に洗濯するのが難しい場合は、

 

 

 

やわらかなバスタオルを敷き

 

 

 

そのタオルをこまめに変えて洗濯する、という方法もあります。

 

 

 

 

 

 

 

◆肌に優しい素材選び◆

 

 

 

 

なめらかでツルツルとした素材を選ぶと

 

 

 

肌への刺激を和らげる事ができます。

 

 

 

 

 

ガーゼは刺激の少ない素材なので

 

 

 

敏感肌の方は、ガーゼを使った

 

 

 

枕カバーなどがおすすめです。

 

 

 

 

 

 

最近では、肌質に合わせた寝具を

 

 

 

提供している寝具メーカーもあるようなので

 

 

 

寝具選びで迷っている人は

 

 

一度リサーチしてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

睡眠は美肌を維持する為にも

 

 

 

重要な時間になります。

 

 

 

 

 

 

質の良い睡眠を取るためにも

 

 

 

気持ちよく眠れる

 

 

 

寝具選びは重要といえますね♪

 

 

 

 

 

 

 

スキンケアも大切ですが、

 

 

 

身体の調子を整える事で

 

 

 

 

 

肌の状態も変わってきますので

 

 

 

寝具選びもスキンケアと

 

 

 

 

同じくらい気を遣って選んでみてはいかがでしょうか?

 

 

*********************************************
Koharu(こはる) はり灸 整骨院

鍼灸師・柔道整復師

院長 清水 芳幸(しみず よしゆき)

〒546-0033   大阪市東住吉区南田辺1-3-13-1F

TEL&FAX  06-7505-7435

E-mail  info@koharu-jp.com

URL http://koharu-jp.com/
**********************************************

 

 

 

 

 

 

 

« 前のページへ 記事一覧へ 次のページへ »