院内コラム

院内コラム

基本クレンジングのやり方を学ぶ!

 

 

前回はスキンケアのコツについてお伝えしましたが

 

 

 

今回はクレンジングについて・・・

 

 

 

 

 

何度かコラムでも書いてきましたが

 

 

 

美肌の基本はクレンジングになります。

 

 

 

 

 

 

 

しかし、化粧水や美容液は真剣に選んでも

 

 

 

クレンジングは適当に選んでいる人が

 

 

 

多いのではないでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

でもスキンケアの中で、

 

 

 

クレンジングが一番大切で

 

 

 

しかも、肌を一番乾燥させるのもクレンジングになります。

 

 

 

 

 

つまりクレンジング次第で肌の状態が変わって

 

 

 

しまうということになるんです。

 

 

 

 

 

 

 

メイク汚れが良く落ちるものを選べば

 

 

 

良い様な気がするかもしれませんが

 

 

 

 

実は落ち易いクレンジングは

 

 

 

 

 

50代以降の女性のほとんどが悩まされる

 

 

 

「シワ」の原因になります。

 

 

 

 

 

 

 

女性は閉経を迎えると、

 

 

 

女性ホルモンがほぼゼロになり、

 

 

 

肌もどんどん薄くなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

水分を肌にため込みづらくなるので

 

 

 

乾燥しやすい状態になってしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

そのような肌に洗浄力の強すぎる

 

 

 

クレンジングを使うと、

 

 

 

 

肌本来の皮脂まで洗い流し、

 

 

 

乾燥が進みシワを増やす原因になります。

 

 

 

 

 

 

つまり、クレンジングを

 

 

 

見直すだけで乾燥肌を防ぐこともでき

 

 

 

シワが減る可能性もでてきます。

 

 

 

 

 

 

《うるおいを守るメイク落とし》

 

 

メイクを落としたあと、

 

肌がつっぱる・・・と感じたことはありませんか?

 

 

 

一度でも感じた事があれば「落としすぎ」の

 

 

サインになります。

 

 

 

 

 

では、どのようなクレンジングがあるのか・・・

 

 

 

 

 

 

※オイルタイプ

 

 

メイク汚れがもっともよく落ちるタイプですが

 

 

その分、うるおいと皮脂も取り去ってしまいます。

 

 

 

 

 

 

※ジェルタイプ

 

 

洗い上がりがさっぱりしているので

 

 

夏向きのクレンジングですが

 

 

メイク残りが気になる場合もあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

※クリームタイプ

 

 

 

メイク汚れは落ちやすい、と言えますが

 

 

 

なじむまで時間がかかるので

 

 

 

肌に負担がかかってしまうのがデメリットと言えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

※ミルクタイプ

 

 

うるおいが高いので肌に負担は

 

 

かかりませんが、洗浄力は抑えめになります。

 

 

 

 

 

 

 

※美容液(水)タイプ

 

 

ふき取るだけで簡単にメイクが落とせます。

 

 

さらに、洗い流さないので、うるおいが残ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

このようにして見ると、美容液タイプの

 

 

 

クレンジングが良いようですね。

 

 

 

 

 

 

次回は美容液タイプのクレンジングについて

 

 

 

詳しくお伝えしていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

*********************************************
Koharu(こはる) はり灸 整骨院

鍼灸師・柔道整復師

院長 清水 芳幸(しみず よしゆき)

〒546-0033   大阪市東住吉区南田辺1-3-13-1F

TEL&FAX  06-7505-7435

E-mail  info@koharu-jp.com

URL http://koharu-jp.com/
**********************************************

記事一覧へ