院内コラム

院内コラム

エイジングケアにこだわるガチの話!

どうも、こんにちは!

 

 

 

 

今月はエイジングケアについて

 

 

お伝えしています。

 

 

 

 

 

今回はエイジングケアで

 

 

こだわりたいことについてお伝えしていきます。

 

 

 

《エイジングケアでのこだわり》

 

 

<食事へのこだわり>

 

私たちの細胞は食べる物で出来ています。

 

 

 

いくらスキンケアをきちんとしていても

 

ジャンクフードやコンビニ弁当ばかり・・・

 

 

 

 

更に、暴飲暴食していたら

 

効果はイマイチになってしてしまいます。

 

 

 

 

 

いつまでも美しい肌でいようと思うのであれば

 

体の内側からのケアも重要になります。

 

 

 

まずは、バランスよく食事を摂ることと

 

美肌を考えたとき、

 

 

とくに意識して摂って欲しいのが

 

βカロテンを含む緑黄色野菜です。

 

 

 

β-カロテンは、体内に入ると

 

小腸から吸収され、ビタミンAに変化し

 

皮膚や粘膜の健康維持などに効果があります。

 

 

 

 

 

さらに抗酸化作用などもあるので

 

美肌を保つ為に期待できる成分でもあります。

 

 

 

 

 

<水にこだわる>

 

 

体内の60%は水で出来ています。

 

 

 

水分が足りないと代謝が悪くなって

 

 

老廃物の排出もうまくいかなくなるので

 

 

肌荒れの原因になります。

 

 

 

 

水は、喉が渇く前に摂るように!

 

 

 

 

 

 

 

<睡眠>

 

 

細胞は夜寝ている間に修復されるので

 

 

 

美肌と健康のために

 

 

 

質の良い睡眠は大切になります。

 

 

 

 

 

 

とくに眠り始めの3時間の間に

 

 

成長ホルモンの分泌が多くなるので

 

 

できるだけ6時間は睡眠をとるように心掛けましょう。

 

 

 

 

 

質の良い睡眠には

 

 

「夜に糖質を減らす」

 

「ゆっくりお風呂に入る」

 

「自分に合った寝具を使う」

 

 

といった工夫も必要です。

 

 

 

 

 

 

<まとめ>

 

年を重ねても若々しい肌でいるためには

 

 

エイジングサインに早く気づくことや

 

 

生活習慣を見直すことも大切になります。

 

 

 

 

 

ずっと同じようなケアではなく

 

 

その時の肌状態や肌トラブルに応じた

 

 

スキンケアを使うことや

 

 

体の内側からのケアをする事も重要になります。

 

 

 

 

では内側からのケアとは

 

どうすればいいのか・・・

 

 

 

ということについて

 

ここからは詳しくお伝えしていきます。

 

 

 

 

 

 

《内側からケアとは》

 

 

エイジングの原因の一つでもある

 

 

酸化や糖化を防ぐには

 

 

内側からのケアが重要になります。

 

 

 

 

 

栄養素は、いろいろな栄養素が

 

 

相互作用により、効率的に吸収されるので

 

 

バランスの良い食事を摂るようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

<ビタミンA>

 

 

抗酸化作用に優れ

 

 

肌や粘膜を正常に保つ作用があります。

 

 

 

 

 

緑黄色野菜の人参、ホウレンソウ

 

 

レバーなどに多く含まれています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<ビタミンC>

 

 

抗酸化作用があり、肌のハリに必要な

 

 

コラーゲンの生成をサポートしてくれます。

 

 

 

 

 

 

レモン・イチゴ・ピーマン・ブロッコリーなどに

 

 

多く含まれますがビタミンCは

 

 

 

 

必要以上に摂ると、

 

 

尿として排出されてしまうので、

 

 

毎日摂取するようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

<たんぱく質>

 

 

肌を作るのに欠かせない栄養素で

 

 

ビタミンCとともに摂取することで

 

 

肌のハリに欠かせないコラーゲンが生成されます

 

 

 

 

 

コラーゲンを摂取すれば増える・・・

 

 

というわけではないので

 

 

たんぱく質とビタミンCを一緒に積極的に摂りましょう。

 

 

 

 

 

 

これらの栄養素を、

 

 

食事で十分に摂取できない場合は

 

 

サプリメントを活用するのも

 

 

 

 

 

一つの手ですが

 

 

まずはバランスの摂れた食事を心がけ

 

 

サプリメントは

 

 

あくまでも補助的なものとして考え活用しましょう。

 

 

 

 

 

*********************************************
Koharu(こはる) はり灸 整骨院

鍼灸師・柔道整復師

院長 清水 芳幸(しみず よしゆき)

〒546-0033   大阪市東住吉区南田辺1-3-13-1F

TEL&FAX  06-7505-7435

E-mail  info@koharu-jp.com

URL http://koharu-jp.com/
**********************************************

 

 

 

記事一覧へ