院内コラム

院内コラム

スキンケアに配合されている成分~大阪市東住吉区整骨院ならKoharuはり灸整骨院~

こんにちは!

 

今週は暑かったですね~!

 

 

いや~汗かきまくりでした・・・

 

 

 

 

 

 

さてさて、前回の続きですが・・・

 

 

 

スキンケアに配合されている

 

 

 

成分をチェックすることで、

 

 

 

肌の悩みをより効果的に解決できます。

 

 

 

 

 

 

ここからは代表的な成分について

 

 

 

詳しくお伝えしていきます。

 

 

 

 

 

 

 

<タイプ別保湿成分の働き>

 

 

 

保湿に重点を置いた成分は

 

 

乾燥を防ぐだけではなく、

 

 

それぞれにアプローチ方法などが異なっています。

 

 

 

 

 

 

※セラミド

 

セラミドの他の成分との違いは

 

 

セラミドは水分を肌のすき間に挟み込み

 

 

水分を保持するクッションのような役割をします。

 

 

 

 

 

 

つまり、保湿のイメージとしての

 

 

『たくさんの水分を肌内部にとじ込める』

 

 

『うるおいで満たす』

 

 

 

という効果とは少し違う働きがあります。

 

 

 

 

 

 

 

※コラーゲンやヒアルロン酸

 

 

これらの成分は

 

 

 

水分をたっぷりと抱えた状態で

 

 

 

肌に密着しますので

 

 

 

 

 

 

成分そのものが水分を含んだ状態で

 

 

角質層に留まるといった働きをします。

 

 

 

 

 

 

※NMF(天然保湿因子)

 

 

 

この成分は水分を吸収するタイプで

 

 

 

特徴としては外部の水分を吸収して

 

 

 

 

 

自己に取り込むことで

 

 

 

水分量を増加させるという働きがあります。

 

 

 

 

 

 

《成分別特徴》

 

【セラミド】

 

『セラミド』は、

 

 

ヒトの肌に存在している油分の一種で、

 

 

 

 

バリア機能を担っているため

 

 

肌の水分の蒸発を防いでくれます。

 

 

 

 

 

「セラミド」が不足すると、

 

 

角層のバリア機能が充分に働かず

 

 

 

 

乾燥など外部刺激を受けやすくなるので

 

 

肌荒れしやすい状態になってしまいます。

 

 

 

 

 

なかでも「ヒトセラミド」は

 

 

人の肌が持っているセラミドと

 

 

ほぼ同じ成分なので肌に優しく、おススメです。

 

 

 

 

 

 

 

 

【ヒアルロン酸】

 

 

保湿効果が高い成分で抜群の保水力で

 

 

 

肌に水分を保持してくれます。

 

 

 

 

 

 

細胞と細胞の間でクッションのような役割をして

 

 

 

もともとヒトの真皮に多く含まれています。

 

 

 

 

 

 

しかし年齢とともに減少していき、

 

 

不足すると肌が乾燥してハリが失われてしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

【ビタミンC誘導体】

 

 

ビタミンC誘導体は、

 

 

美白効果および抗酸化作用を持つため

 

 

主にアンチエイジングに効果的な成分です。

 

 

 

 

 

角質層への透過を良くし、

 

 

肌に吸収されてからメラニン色素に近い距離で

 

 

 

 

ビタミンCに変化し、

 

長時間活性を持続する性質があります。

 

 

 

 

 

メラニンの生成をおさえ

 

 

新陳代謝をあげメラニンの排出を助け、

 

 

色素沈着の改善を促します。

 

 

 

 

 

さらに、皮脂分泌のコントロールの作用があるので

 

 

ざらざら肌・オイリー肌・にきび肌・大人の肌ケア

 

 

にも効果が期待されます。

 

 

 

 

 

 

 

【コラーゲン】

 

 

コラーゲンはタンパク質の1種で

 

 

 

人体を構成する重要な成分のひとつで

 

 

 

約30%がコラーゲンと言われています。

 

 

 

 

 

皮膚のコラーゲンは、ハリと弾力を与えて

 

 

みずみずしく健康的な肌を保ってくれています。

 

 

 

 

 

 

しかし、コラーゲンは

 

 

30代半ばを境目にして、急激に減少していき

 

 

肌がたるんでしまう原因になります。

 

 

 

 

 

また紫外線も

 

 

コラーゲンの大敵と言われています。

 

 

 

 

 

 

正常なコラーゲンは、

 

 

規則正しく真皮層に張り巡らされていますが

 

 

 

 

紫外線を多く浴びた肌は、

 

 

ダメージを受けてコラーゲンが老化し

 

 

肌機能も落ちるため肌も老化してしまいます。

 

 

 

 

 

 

つまり、良質なコラーゲンを維持するには

 

 

 

肌を紫外線から守ることが大切ということになります。

 

 

 

 

 

*********************************************
Koharu(こはる) はり灸 整骨院

鍼灸師・柔道整復師

院長 清水 芳幸(しみず よしゆき)

〒546-0033   大阪市東住吉区南田辺1-3-13-1F

TEL&FAX  06-7505-7435

E-mail  info@koharu-jp.com

URL http://koharu-jp.com/
**********************************************

 

 

 

記事一覧へ