院内コラム

院内コラム

今年の夏はマスクで熱中症に!?いつもより気をつけたい熱中症とは?

早いもので 7月になり

 

 

今年も半分過ぎてしまいましたね。

 

 

 

コロナウイルスも未だに先が見えず

 

 

 

感染者の数も気になりますね。

 

 

 

 

更に飛沫感染予防としてマスクの

 

 

 

着用が大切になってきますが

 

 

 

これからの時期、マスクの着用で暑さが増し

 

 

 

熱中症になる人も多くなりそうですね。

 

 

 

 

誰もが

 

 

『できればマスクを外したい・・・』

 

 

『でも感染が怖い・・・』

 

 

と言ったところではないでしょうか・・・

 

 

 

今年の夏は今までよりも熱中症に

 

 

注意が必要になりそうです。

 

 

 

そこで今回から『熱中症』について

 

 

お伝えしていきたいと思います。

 

 

 

《熱中症とは?》

「熱中症」は、

 

*梅雨の合間の気温が高い日

 

 

*梅雨明けの蒸し暑い日

 

 

と言った、

 

 

まさにこの時期の発生がピークになります。

 

 

 

熱中症とは

 

 

*大量の発汗により体内の水分や塩分が失われる

 

 

*体の中の熱の生産と放出のバランスが崩れ

 

体温の調節機能が効かなくなる

 

 

と言った状態になることで体に不具合が

 

 

生じることをいいます。

 

 

 

熱中症が発生しやすい環境は

 

 

*炎天下に長時間いた

 

 

*真夏の暑いなか運動をした

 

 

 

と考える人が多いかもしれませんが

 

 

 

実際はこのような場合だけでなく

 

 

寒暖差の激しい時期に身体が暑さに

 

 

なれておらずかかりやすいとも言えます。

 

 

他にも・・・

 

 

*高温・多湿

 

 

*風が弱い、陽射しが強い

 

 

*熱を発生するものがある

 

 

*気密性の高い室内(体育館や作業場)

 

 

*激しい運動

 

 

 

と言った環境の下でかかりやすくなります。

 

 

 

と言うのも、このような環境下では

 

 

体から外気への熱の放出量が減り

 

 

汗の蒸発も不十分となるからなんです。

 

 

 

 

しかし最近では室内でも熱中症にかかるケースが

 

 

多くなっていますね。

 

 

 

これは家の中でじっとしていても

 

 

室温や湿度の高さが原因と言われています。

 

 

 

 

では熱中症の症状にはどんな物があるのか・・・

 

 

 

《熱中症の症状は?》

 

熱中症は重症度によって、

 

 

3つの段階に分けられます。

 

 

 

 

【Ⅰ度 軽傷】

 

*立ちくらみ

 

(脳への血流が瞬間的に不十分になり生じる)

 

 

*筋肉痛、筋肉の硬直(こむら返り)

 

(大量の発汗による塩分不足で生じる)

 

 

このような症状の場合は

 

 

現場での応急処置で対応できます。

 

 

 

【Ⅱ度 中等症】

 

*頭痛

 

*気分の不快

 

*吐き気、嘔吐

 

*倦怠感、虚脱感

 

 

 

このような症状の場合は

 

 

病院への搬送が必要となります。

 

 

 

【Ⅲ度 重症】

 

*意識障害

 

*けいれん、手足の運動障害

 

*高体温(体に触ると熱い)

 

 

このような症状の場合は

 

 

入院して集中治療の必要があります。

 

 

 

 

では熱中症を予防するにはどうしたら良いのか・・・

 

次回のコラムでお伝えしていきます。

 

 

記事一覧へ