院内コラム

院内コラム

骨が生まれ変わる理由はコレ!!

 

 

前回から骨についてお伝えしていますが

 

 

今回は骨の生まれ変わる仕組みについて

 

 

お伝えしていきたいと思います。

 

 

 

 

《骨が生まれかわるしくみ》

 

 

骨は、皮膚と同じように「新陳代謝」が行われています。

 

 

 

 

1日に約1グラムずつ、新しい骨に作り替えられ

 

 

 

1本の骨が新しい骨になるには

 

 

 

約3〜4ヶ月かかりますので

 

 

 

 

体のすべての骨が、新しい骨になるには

 

 

約3年、長い人で約5年かかると言われています。

 

 

 

 

 

このように、新しい骨に生まれ変わることを

 

 

 

「骨代謝」と言います。

 

 

 

 

では、どのようにして骨代謝は

 

 

 

 

行われているのでしょうか?

 

 

 

 

 

それは、骨には

 

 

*新しい骨をつくる『骨芽細胞(こつがさいぼう)』

 

 

*古くなった骨を溶かしてなくす『破骨細胞(はこつさいぼう)』

 

 

 

 

と言う細胞があり

 

 

 

 

 

この2つの細胞が活動し一定の形や密度を保ちながら、

 

 

 

毎日少しずつ骨をつくり変えていきます。

 

 

 

 

 

《骨が生まれ変わる理由》

 

 

 

先程もお伝えしましたが

 

 

 

骨は成長期だけ生まれ変わるのではなく

 

 

 

成人でも約3年で生まれ変わります。

 

 

 

 

その理由は・・・

 

 

①カルシウムを送りだす

 

前回のコラムでもお伝えしましたが

 

 

 

人間の生命維持に大切な

 

 

 

カルシウムをからだに送り出すため。

 

 

 

 

 

骨にはカルシウムが蓄えられていて

 

 

 

不足すると骨から溶かし出され、

 

 

 

余ると骨の中に蓄えられます。

 

 

 

 

つまり、骨は常に

 

 

カルシウムを出し入れしているので

 

 

生まれ変わる、と言うわけです。

 

 

 

 

 

 

②骨を若返らせる

 

 

 

骨も古くなると弾力を失いもろくなるので

 

 

 

生まれ変わることで、

 

 

しなやかな強さを維持することができます。

 

 

 

 

 

 

このような理由から

 

 

 

骨は生まれ変わります。

 

 

 

 

 

ではいつ作られているのでしょうか?

 

 

 

 

答えは、昼に壊れ、夜に作られる・・・なんです。

 

 

 

 

 

良く昔から『寝る子は育つ』と言いますが

 

 

 

 

まさしくこれなんです!

 

 

 

 

骨は夜眠っているあいだに

 

 

 

「骨芽細胞」が働くので

 

 

 

 

 

睡眠障害や不眠症などがあると、

 

 

 

骨の成長にも影響があるようです。

 

 

 

 

 

さらに、睡眠時間が短い人の骨は

 

 

 

弱く折れやすい、

 

 

 

という研究結果もあるとか・・・・

 

 

 

 

 

また、年を取ると骨がもろくなるのは

 

 

 

破骨細胞と骨芽細胞の活動が

 

 

 

関係しています。

 

 

 

 

 

 

と言うのも若い頃の

 

 

 

骨の破壊と生まれ変わりは

 

 

 

ほとんど同じ量が行われているのに対し

 

 

 

 

 

年を取るにつれ、

 

 

 

 

破骨細胞の量が増えてくるからなんです。

 

 

 

 

 

 

特に女性は、閉経をむかえると

 

 

 

女性ホルモンが少なくなることから

 

 

 

 

破骨細胞の抑制がきかなくなってしまいます。

 

 

 

 

その為、

 

 

 

骨や関節の障害が起こりやすくなり

 

 

 

60〜70歳代の女性に

 

 

*「骨粗しょう症」

 

 

*「変形性ひざ関節症」

 

 

 

が多く発症するんです。

 

 

 

 

では、高齢になって

 

 

 

骨がもろくなるのを防ぐには

 

 

どうしたら良いのか・・・

 

 

 

 

と言う事を次回のコラムで

 

 

お伝えしていきます。

 

 

 

 

記事一覧へ