院内コラム

院内コラム

骨の役割を知っていますか!?

 

前回までは美容についてお伝えしてきましたが

 

 

今回からは『骨』について

 

 

詳しくお伝えしていきます。

 

 

 

 

 

まず第1回目は骨の役割について・・・・

 

 

 

《骨の役割》

 

 

骨は

 

 

*頭、顔、胸、背中に80個

 

 

*左右の腕、脚に126個

 

 

 

合計206個あり

 

 

 

体重の約15〜18%を占めています。

 

 

 

そして全身の骨のおよそ4分の1にあたる

 

 

54個が両手にあります。

 

 

 

 

 

つまり、人間にとって手の動きが

 

 

 

とても大切だということが分かりますね。

 

 

 

 

 

では、これらの骨にはどんな役割が

 

 

 

あるのでしょうか?

 

 

 

 

 

詳しく見ていきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

◎体を支える

 

 

背骨は1本の骨ではなくて、

 

 

ブロックの形を小さなたくさんの骨が

 

 

いくつも積み重なってできています。

 

 

 

 

さらに、ゆるやかなカーブを描いているため

 

 

 

バランスを保ち、体を支える事ができるんです。

 

 

 

 

 

また体の重さを支え、動きによって

 

 

 

生じる衝撃を吸収するため

 

 

 

足の骨は、アーチ型の橋のような形になっています。

 

 

 

 

 

◎体を動かす

 

 

*歩く、走る、蹴る、跳ぶ

 

 

*階段の昇り降り

 

 

*物を拾う、投げる、運ぶ

 

 

*泳ぐ

 

 

 

 

 

と言った体の動きは筋肉が収縮し、

 

 

その筋肉が付いている

 

 

骨が動くことによってできます。

 

 

 

 

 

◎内臓を守る

 

 

 

*頭蓋骨

 

 

脳を守るヘルメットのような役割

 

 

 

*背骨

 

 

脳からつながる神経を守っています。

 

 

 

 

分かりやすく言うと

 

 

鉛筆の芯を囲む木の部分のような

 

 

感じでしょうか。

 

 

 

 

*胸骨と肋骨

 

 

鳥かごのような形をしていて、

 

 

肺や心臓、大きな血管などを守っています。

 

 

 

 

 

◎血液成分を作る

 

 

 

骨の中心部では

 

 

血液の主要な成分である

 

 

 

『赤血球、白血球、血小板』がつくられます

 

 

 

 

 

つまり背骨は、大切な血液の成分を

 

 

作り続ける精密機械工場のような役割を

 

 

 

持っています。

 

 

 

 

 

 

◎カルシウムの貯金箱

 

 

 

骨は、カルシウムの貯蔵庫としての役割もあり

 

 

 

カルシウムをたくさん蓄えています。

 

 

 

 

 

カルシウムは体内で作れないので

 

 

 

食べ物から摂取する必要があります。

 

 

 

 

 

 

またカルシウムの99%は

 

 

 

骨や歯の形成に使われていて

 

 

 

血中のカルシウム濃度は

 

 

常に一定に保たれる必要があります。

 

 

 

 

 

 

そのため

 

 

 

血液の中のカルシウムの量が増えると、

 

 

 

カルシムは血液中から骨の中に蓄えられます。

 

 

 

 

 

逆にカルシムが減ると、

 

 

 

カルシムが骨から溶かし出され、

 

 

 

体の各組織へと運ばれていきます。

 

 

 

 

 

つまり骨の貯蔵量が少なくなると、

 

 

骨はスカスカになってしまい

 

 

 

もろくなり骨粗しょう症になります。

 

 

 

 

 

このように、体に大切な働きをする

 

 

カルシウムの量を調節しているのも

 

 

 

骨の役割になります。

 

 

 

 

 

骨には色々な役割がありますね。

 

 

 

 

次回は骨の生まれ変わりや

 

 

骨粗しょう症について

 

 

 

詳しくお伝えしていきたいと思います。

 

 

記事一覧へ