院内コラム

院内コラム

肝心な保湿の常識について大切なこと!

こんにちは!

 

 

 

本日から一段と寒さが増しました・・・

 

 

 

 

いや~かなわないです。

 

 

 

 

 

 

 

さて、前回は手荒れの原因についてお伝えしてきましたが

 

 

 

今回はその手荒れの予防についてお伝えしていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

★保湿

 

 

手荒れの予防に一番大切なのは保湿です。

 

 

 

 

特に手荒れが酷くなる冬には,

 

 

 

 

保湿クリームを持ち歩いて

 

 

 

 

 

手を洗うたびに細目に塗って保湿するようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし酷い場合は保湿クリームだけでは

 

 

 

良くなりませんので皮膚科などで受診して

 

 

 

 

ステロイドなどの塗り薬を使うことをお勧めします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

★手を洗いすぎない

 

 

お湯や水に長い時間触れていたり

 

 

 

洗いすぎると、指先を守っている

 

 

 

 

皮膚表面の皮脂が余分に取れ

 

 

 

 

皮膚のバリア機能が弱くなります。

 

 

 

 

 

 

 

また、お湯は水よりも洗浄力が強いので

 

 

 

 

手荒れが悪化してしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大抵の汚れは水だけで落ちるので

 

 

 

 

熱いお湯ではなく

 

 

 

 

人肌くらいのぬるま湯で洗うようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

石けんを使うと

 

 

 

必要な皮脂までも落としてしまうので

 

 

 

 

手のかさつきが気になるときは

 

 

 

 

控えた方が良いかと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さらに手洗い後は、濡れたままにすると

 

 

 

 

 

残った水分と一緒に手の潤いも蒸発するので

 

 

 

 

 

皮膚の乾燥が進み、手荒れが酷くなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

手を洗った後は、強くこすらないように

 

 

 

 

水分を十分拭き取り、しっかり保湿しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

★過度の刺激を避ける

 

 

 

 

特に冬場は温かいお湯を使う人も多いかと

 

 

 

 

思いますが、お湯は皮脂を落とす力が強いので

 

 

 

 

肌荒れの原因になり易いと言えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こまめにハンドクリームでケアしても、

 

 

 

 

水仕事のたびに落ちてしまいますので

 

 

 

 

洗い物をするときはゴム手袋で予防をし

 

 

 

 

お湯や水に直接触れないようにすることが必要です。

 

 

 

 

 

 

 

 

食器洗いはなるべく一度にすませ、

 

 

 

食洗機や乾燥機の使用もおススメです。

 

 

 

 

 

 

 

《手のケアの仕方》

 

 

★化粧水で保湿

 

 

 

手を洗った後は、フェイスケア同様、

 

 

化粧水で肌を潤しましょう。

 

 

 

 

 

 

そうすることで後に

 

 

塗るハンドクリームが浸透しやすくなります。

 

 

 

 

 

 

 

★ハンドクリームで保湿

 

 

 

手に取ったハンドクリームは

 

 

 

 

両手で温めてから使いましょう。

 

 

 

 

 

温めることで皮膚になじみやすくなります。

 

 

 

 

 

 

 

★ハンドパック

 

 

フェイスケア同様、乾燥が気になるときには

 

 

 

 

*手袋タイプのパック

 

 

 

*クリームを塗るタイプのパック

 

 

 

といった自分に合ったハンドパックでケアしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

手荒れの予防とケアについてお伝えしてきましたが

 

 

 

とにかく乾燥を防ぐ事が一番大切になります。

 

 

 

 

 

 

*洗い物をするときにはゴム手袋を使う

 

 

 

*寝る前にはできるだけ手袋をする

 

 

 

 

 

 

 

といった工夫をして、乾燥した空気に

 

 

 

あまり触れないように気をつけましょう。

 

 

 

 

*********************************************
Koharu(こはる) はり灸 整骨院

鍼灸師・柔道整復師

院長 清水 芳幸(しみず よしゆき)

〒546-0033   大阪市東住吉区南田辺1-3-13-1F

TEL&FAX  06-7505-7435

E-mail  info@koharu-jp.com

URL http://koharu-jp.com/
**********************************************

 

記事一覧へ