院内コラム

院内コラム

【超重要!】夏のインナードライで知っておきたいこと!

 

 

前回は“冷房と肌”についてお伝えしましたが

 

 

 

今回は『夏のインナードライ』についてお伝えします。

 

 

⇒前回の「冷房と肌」についての記事はコチラ!!

 

 

 

 

 

 

夏は汗や皮脂の分泌量が多いので、

 

 

 

「いつもより肌が潤っている・・・」

 

 

 

と感じる人が多いかもしれません。

 

 

 

 

 

しかし、肌表面が潤っているようでも

 

 

内側が乾燥している

 

 

「インナードライ」に陥っている可能性があります。

 

 

 

 

 

 

【夏の肌がインナードライに陥りやすいのは?】

 

 

夏は湿度も高く、汗もかくので

 

 

『冬ほどスキンケアを入念に行っていない・・・』

 

 

 

『丁寧に行わなくても大丈夫なのでは・・・・』

 

 

 

と思っていませんか?

 

 

 

 

 

しかし、夏も

 

 

*紫外線によるダメージ

 

 

*一日中肌を刺激する冷房の影響

 

 

 

 

 

 

などによって、肌が乾燥しやすい状態に・・・

 

 

 

暑いと皮脂の分泌量が増えますが

 

 

 

皮脂の分泌量が増えるということは、

 

 

 

 

肌が乾燥するのを防ぐために、

 

 

 

水分の蒸発量を減らそうと

 

 

 

皮脂を過剰に分泌している可能性があります。

 

 

 

 

 

 

【インナードライに陥りやすい人とは?】

 

 

 

『肌のベタつきから

 

 

夏は乳液や保湿クリームの量を減らしている』

 

 

 

 

 

『日中のテカリが気になって

 

 

こまめにあぶらとり紙で皮脂を取っている』

 

 

 

 

 

このような人は

 

 

“インナードライに陥りやすい”

 

 

と言えますので注意が必要です。

 

 

 

 

 

夏だからとスキンケアを簡単に済ませ

 

 

乾燥対策の手抜きはよくありません。

 

 

 

 

 

また、あぶらとり紙は

 

 

肌表面の皮脂を過剰に取り除いてしまい

 

 

必要な水分まで奪ってしまう可能性も。

 

 

 

 

 

 

 

肌表面の皮脂は潤いを

 

 

キープするためにある程度は必要なのです。

 

 

 

 

 

 

また肌を乾燥させる

 

 

原因の一つに紫外線もあります。

 

 

 

 

 

 

 

「少しの外出だから、日焼け止めは良いや・・」

 

 

という人も、インナードライに陥る可能性が・・・。

 

 

 

 

 

部屋の中でも紫外線は浴びてしまうので

 

 

面倒がらず少しの時間の外出でも

 

 

日焼け止めは塗りましょう。

 

 

 

 

 

 

【夏のインナードライ予防法】

 

 

では夏のインナードライを予防するには

 

 

どうすればいいのでしょうか・・・?

 

 

 

 

 

 

 

《スキンケア》

 

 

 

それは夏でも化粧水の後に、

 

 

 

きちんと乳液やクリームを塗るようにし

 

 

 

ベタつきが気になるのであれば

 

 

夏の間は“さっぱりタイプ”に替えるのもオススメ。

 

 

 

 

 

乳液や保湿クリームの使用量を減らす場合は

 

 

 

化粧水でのケアを念入りに行いましょう。

 

 

 

 

 

 

化粧水を手の平に馴染ませ

 

 

顔をやさしくハンドプレスすることで

 

 

手の平の温度で毛穴が開き、

 

 

 

 

 

 

ぎゅっと上からふたをするので、

 

 

化粧水の浸透率があがるんです!

 

 

 

 

 

 

 

そのあと、保湿成分が

 

 

配合された美容液を使うと効果的です。

 

 

 

 

 

 

 

《気になるテカリには》

 

 

テカリが気になるときは“あぶらとり紙”ではなく

 

 

 

ティッシュを使って

 

 

 

上からそっと手で押さえて皮脂を取りましょう。

 

 

 

 

 

どうしてもテカリが気になる人は

 

 

 

朝のメイク時にテカリをコントロールできる

 

 

 

化粧下地をTゾーンに塗っておくのがおすすめ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

《冷房対策》

 

 

また、冷房のきいた室内で

 

 

『肌が乾燥している』と感じたら、

 

 

 

 

 

 

スプレータイプの化粧水を

 

 

 

肌に吹きかけるのもおすすめですよ。

 

 

 

 

夏の間に乾燥対策を行っておくと

 

 

 

 

秋冬の肌のコンディションも変わるかも・・・・

 

 

 

 

 

 

まだまだ暑い日が続きますので

 

 

 

これから来る季節の為にも

 

 

 

手を抜かず、きちんとしたスキンケアを行いましょう!

 

 

 

 

 

*********************************************
Koharu(こはる) はり灸 整骨院

鍼灸師・柔道整復師

院長 清水 芳幸(しみず よしゆき)

〒546-0033   大阪市東住吉区南田辺1-3-13-1F

TEL&FAX  06-7505-7435

E-mail  info@koharu-jp.com

URL http://koharu-jp.com/
**********************************************

 

 

 

 

記事一覧へ