院内コラム

院内コラム

これから気になる花粉症・・・マスク不足が心配・・・

 

 

前回までは感染症について 

 

 

 

お伝えしてきましたが 

 

 

 

 

今回からはもうすぐ悩まされる 

 

 

花粉症について・・・・ 

 

 

 

 

花粉症の方が今一番気がかりなのが 

 

 

 

マスク不足なのではないでしょうか? 

 

 

 

 

 

 

花粉症が始まるころには マスク不足

 

 

 

解消しているといいですね。 

 

 

 

 

 

では1回目は 

 

 

 

花粉症とはどんなものなのか・・・ 

 

 

 

 

についてお伝えしていきます。 

 

 

 

 

 

★花粉症とは★ 

 

 

 

 

花粉症とは鼻腔内に特定の花粉が入ることで 

 

 

 

引き起こされるアレルギー反応のことです。 

 

 

 

 

《原因》

 

 

 

花粉症を引き起こす植物はいろいろありますが 

 

 

 

 

原因の約70%がスギだといわれています。 

 

 

 

 

そのほか原因となる植物として、 

 

 

*ヒノキ 

 

 

*カモガヤ 

 

 

*カナムグラ 

 

 

*ブタクサ 

 

 

*ヨモギ 

 

 

*ハンノキ 

 

 

*シラカンバ 

 

 

 

などがあります。 

 

 

 

 

 

このような植物の花粉が飛び散る時期は 

 

 

 

種類や地域によって違いますが 

 

 

 

*スギは2~4月頃 

 

 

*ヒノキが3~5月頃 

 

 

 

 

に飛散するので 

 

 

 

 

 

例年これからの季節に 

 

 

 

花粉症になる人が増えるといえますね。 

 

 

 

 

 

 

 

※では花粉症になる人はどのような人なのでしょうか?

 

 

 

 

 

主な原因と言われているのが 

 

 

”遺伝的にアレルギー体質である” 

 

 

 

ということなのですが 

 

 

 

 

それ以外の原因もあります。 

 

 

 

 

まず食生活の変化です。 

 

 

この理由として 

 

 

 

『同じ地域に住んでいても、 

 

 

お年寄りには花粉症の人が少ない』 

 

 

 

という統計があるからなんです。 

 

 

 

 

現代社会では 

 

 

 

*インスタント食品 

 

 

*スナック菓子 

 

 

 

 

などがたくさんありますよね。 

 

 

 

 

しかし昔は、そのような食品は 

 

 

 

ほとんどありませんでした。 

 

 

 

 

 

つまり”和食がアレルギー体質になりにくい” 

 

 

 

と言えるのかもしれません。 

 

 

 

 

他にも 

 

*睡眠不足 

 

 

*不規則な生活 

 

 

*ストレス 

 

 

 

 

も原因と言われています。
 

 

 

 

 

このようなことから 

 

 

生活習慣を見直し、規則正しい生活を 

 

 

 

心がけることも花粉症対策には 

 

 

 

大切と言えそうです。
 

 

 

 

 

 

さらに排気ガスの影響もあると 

 

 

 

考えられています。 

 

 

 

 

それは花粉の飛散量が同じでも、 

 

 

排気ガスの多い地域に住んでいるほうが 

 

 

 

花粉症になる人が多いという統計もあるそうです。 

 

 

 

 

 

 

排気ガスと花粉を一緒に吸いこむことで 

 

 

 

アレルギー反応が出やすくなると言われています。 

 

 

 

 

 

 

 

また、現代ではアスファルトの道路が 

 

 

 

殆どですよね。 

 

 

 

 

確かにきれいに整備され便利にはなりましたが 

 

 

 

昔はほとんどの道路は土だったので 

 

 

 

花粉が飛んでも土に吸収され、 

 

 

 

再び舞い上がることはありませんでした。 

 

 

 

 

 

しかしアスファルトになってから 

 

 

 

落ちた花粉が吸収されず 

 

 

 

何度でも風に舞い上がるため 

 

 

 

 

花粉を吸い込みやすくなると言われています。 

 

 

 

 

 

 

このように現代社会は便利にはなったものの 

 

 

 

いろいろな代償も払わなくては ならなくなった

 

 

 

ということなのでしょうね。 

 

 

 

 

 

次回も花粉症についてお伝えしていきます。 

 

 

 

記事一覧へ