院内コラム

院内コラム

花粉症対策!!花粉が多くなる前に知っておきたいこと!

 

前回のコラムでは花粉症の症状について 

 

 

 

お伝えしてきました。 

 

 

 

 

今回は花粉症の対策について 

 

 

 

 

お伝えしていきたいと思います。 

 

 

 

 

 

その前に、花粉が飛びやすいといわれている 

 

 

 

気象条件について・・・ 

 

 

 

 

毎年花粉症で悩んでいる方は 

 

 

 

ご存じかと思いますが 

 

 

 

 

初めて花粉症になった、という人の ために

 

 

 

お伝えしますね。 

 

 

 

 

 

参考にしてください。 

 

 

 

 

 

 

《花粉が飛びやすい気象条件》 

 

 

 

*晴天または曇りの日

 

*雨が降った翌日晴れた日

 

*湿度が低く、乾燥した日

 

*強めの風が吹いて晴れた日 

 

 

 

 

などがあります。 

 

 

 

 

このように気象を前もって 確認することで 

 

 

 

少しでも症状を抑える対策が できますね。 

 

 

 

 

 

《花粉症対策》 

 

 

 

 

花粉症対策といえば『マスク』が 

 

 

 

一番先に思いつきますね。 

 

 

 

 

今ではコロナウイルスの影響で 

 

 

 

マスク不足が深刻になっているようですね。 

 

 

 

 

そんなマスクですがちょっとした工夫で 

 

 

 

より効果的になります。 

 

 

 

 

 

【手作り「濡れマスク」】 

 

 

マスクで花粉の7割から8割程度は 

 

 

 

防げるといわれていますが 

 

 

 

 

付け方が正しくないと効果も 

 

 

 

弱まってしまいます。 

 

 

 

 

まずはマスクと顔に隙間が無いよう 

 

 

 

マスクを顔にフィットさせましょう。 

 

 

 

 

 

次にマスクを2枚用意し、 

 

 

 

1枚目のマスクと2枚目のマスクの間に 

 

 

 

 

ウェットティッシュを挟むことで 

 

 

 

 

花粉をより吸着してくれます。 

 

 

 

 

しかしウェットティッシュが乾くと 

 

 

 

 

吸着する効果がなくなるので 

 

 

 

 

乾いたらすぐに取り換えることが大切です。 

 

 

 

 

 

 

【衣類への工夫】 

 

 

 

衣類が家に持ち込む花粉の量は 

 

 

 

窓をあけて換気するときよりも 数倍多い、

 

 

とも言われています。 

 

 

 

 

つまり選ぶ服やお手入れ方法も 

 

 

重要になってきます。 

 

 

 

 

 

①家の中に入る際は 

 

 

外で花粉を落としましょう。 

 

 

 

 

 

この時手で払って落とすと 

 

 

 

花粉が舞ってしまうので 

 

 

 

 

濡れたタオルや粘着シートなどで 

 

 

 

花粉をとるようにして落とすことが 

 

 

 

大切になります。 

 

 

 

 

 

 

②花粉は静電気によって引き寄せられるので 

 

 

 

洗濯する時は静電気防止のために 

 

 

 

 

柔軟剤を使用しましょう。 

 

 

 

 

 

 

さらに洗濯物を室内で干すようにするのが 

 

 

 

鉄則になります。 

 

 

 

 

 

洗濯ができない衣類に関しては 

 

 

 

静電気を防止するグッズとして 

 

 

 

 

外出前、衣類に静電気防止スプレーを 

 

 

 

するのも効果的です。 

 

 

 

 

30cm四方に4秒程度を目安にスプレーし 

 

 

 

*かばんとこすれる部分 

 

 

*コート、スカート、スラックスの裾 

 

 

 

 

といった部分は静電気が起きやすいと 

 

 

 

 

言われていますので 

 

 

 

表だけでなく裏の部分にもスプレーしましょう。 

 

 

 

 

 

③また花粉が付着しにくい素材を 

 

 

 

選ぶことも大切になります。 

 

 

 

 

 

コートなどのアウターは、 

 

 

 

”綿”や”ポリエステル”などの 

 

 

 

 

化学繊維で表面がツルツルしている素材が 

 

 

 

おススメと言えます。 

 

 

 

 

次回も花粉症対策について 

 

 

お伝えしていきます。 

 

 

 

記事一覧へ