院内コラム

院内コラム

かかとのカサつき・・・原因は何!?

 

 

前回は冷えによる腰痛について

 

お伝えしましたが

 

 

 

 

今回は女性の中でも多くの方が

 

 

悩んでいらっしゃるであろう

 

 

 

”かかとのカサつき”につてお伝えしていきます。

 

 

 

 

カサついたかかとは、

 

 

見た目も良くないですが、

 

 

酷くなると痛みも出てきます。

 

 

 

 

 

そんなかかとのカサつき…。

 

 

 

 

酷くなる前に原因とお手入れについて

 

 

お伝えしていきますね。

 

 

 

 

 

 

《カサつく原因》

 

 

かかとなどは日頃目につきにくい場所。

 

 

 

 

なのでケアを怠りがちですが、

 

 

放置しておくと固くなって割れ

 

 

出血したり、痛みで歩けなくなることもあります。

 

 

 

 

 

 

かかとは皮脂が少く、歩くときに体重がかかるので

 

 

皮膚が厚く、代謝のスピードも遅い部位になります。

 

 

 

 

 

 

つまり、乾燥と摩擦などによってカサつくので

 

 

毎日のケアが必須になります。

 

 

 

 

 

 

特に、冷えていると乾燥しやすくなるので

 

 

血行を良くすることも重要になります。

 

 

 

 

 

 

また、削る人もいるかと思いますが

 

 

そうすると外部刺激から守ろうとして

 

 

 

 

よけいに皮膚が厚くなってしまうので、

 

 

むやみに削らないことも大切と言えます。

 

 

 

 

 

 

◆水分不足◆

 

 

もともとかかとには、

 

 

皮脂を分泌する「皮脂腺」がありません。

 

 

 

 

 

 

つまり肌を保湿し保護する役割を

 

 

するものが無いという事・・・

 

 

 

 

 

 

 

特に冬は肌が乾燥しがちですが、

 

 

かかとは皮脂腺が無いので最も

 

 

乾燥しやすい部位と言えます。

 

 

 

 

 

 

更に暖房やこたつなどによって

 

 

皮膚が乾燥するので冬は特に注意が必要です。

 

 

 

 

 

 

夏場は空気が湿気を含んでいるので

 

 

冬場ほど乾燥は気にならないかもしれませんが

 

 

 

 

 

かかとは自分で潤う力が無いので、

 

 

常に乾燥しているということを忘れないようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

◆外部からの刺激◆

 

 

人は一日中歩いたり立ったりするので

 

 

かかとや足の裏には、全体重がかかり

 

 

多くの刺激を受けてしまいます。

 

 

 

 

 

 

更に

 

 

 

 

*サイズがあっていない靴を履いている

 

 

 

*サンダルなどで紫外線を浴びたりする

 

 

 

 

 

といったことも原因になります。

 

 

 

 

 

 

◆古い角質がたまる◆

 

 

肌の角質は乾燥や外部刺激によって

 

 

厚くなってしまいます。

 

 

 

 

 

 

しかし肌のターンオーバーが

 

 

正常に働いていると

 

 

 

古い角質は垢として自然に剥がれ落ちますが

 

 

 

 

 

足は

 

 

 

 

*血液やリンパの流れが滞りやすく

 

 

新陳代謝が悪い

 

 

 

 

*ストレスや加齢、疲れなどによる

 

 

肌の再生能力の衰え

 

 

 

 

 

と言った事が原因で

 

 

 

 

古い角質がそのまま蓄積され

 

 

分厚くなってしまいます。

 

 

 

 

 

 

さらに古くなった角質がたまっていると

 

 

手触りがガサガサになり

 

 

保湿をしても乾燥を解消できなくなります。

 

 

 

 

 

 

◆水虫などの雑菌◆

 

 

 

また、乾燥だけが原因ではなく

 

 

水虫などの雑菌によってもかかとは硬くなります。

 

 

 

 

 

 

特徴としては水虫の原因の白癬菌が

 

 

皮膚の奥に存在しているため

 

 

 

かゆみに気づきにくいこと。

 

 

 

 

 

 

これは、放置しておくと

 

 

指や爪に感染する可能性もあるので

 

 

注意が必要です。

 

 

 

 

 

 

では次回はそんな”かかとの予防方法”について

 

お伝えしていきます。

 

 

記事一覧へ