院内コラム

院内コラム

肩凝りの予防法はこれだけでOK!他はいらないです!

 

前回は肩凝りの予防のための

 

 

ストレッチについてお伝えしました。

 

 

 

 

 

今回はその他の予防法についてお伝えしていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

②身体を温める

 

 

 

身体を温めると、

 

 

血管が広がるので血流が改善します。

 

 

 

 

 

 

 

一番効果的なのは、

 

 

湯船にゆっくりとつかること。

 

 

 

 

 

特に血行促進効果が高いのは

 

 

 

炭酸入りの入浴剤になるのでおススメ!

 

 

 

 

 

 

忙しくて湯船につかれない時は

 

 

 

コリのある部分に温かいシャワーを当てて、

 

 

 

 

血流を促しましょう。

 

 

 

 

 

 

しかし、長時間当てると

 

 

 

刺激を与えすぎてしまい

 

 

 

逆効果になりますので気をつけましょう。

 

 

 

 

 

 

③質の良い睡眠

 

 

 

体内には、交感神経と副交感神経という

 

 

 

自律神経があり、

 

 

 

それぞれのバランスが

 

 

 

 

うまく取れているのが身体にとっては最善と言えます。

 

 

 

 

 

 

 

交感神経は

 

*目が覚めて活動を始めるとき

 

 

*仕事をしているとき

 

 

*運動をしているとき

 

 

に働く神経です。

 

 

 

 

 

 

副交感神経は、

 

*食後

 

 

*睡眠中

 

 

 

 

などに働く神経で体を休ませる機能があります。

 

 

 

 

 

 

つまり、

 

 

『十分な睡眠が取れていない』

 

 

 

『熟睡できていない』

 

 

 

と言った事があると、

 

 

 

体内の自律神経が乱れ、

 

 

 

交感神経が優位になりすぎてしまいます。

 

 

 

 

 

 

そうすると血管が収縮し、

 

 

 

血流の流れが悪くなるので

 

 

 

コリを引き起こしやすくなります。

 

 

 

 

 

 

そこで質の高い睡眠を取ることで

 

 

 

自律神経のバランスが整いコリ予防にもなります。

 

 

 

 

 

 

では質の高い睡眠をとるには、

 

 

 

 

どうしたら良いのでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

《質の高い睡眠を摂るには》

 

 

 

※就寝3時間前には夕食を済ませましょう。

 

 

 

 

 

 

食事後すぐに寝ると消化活動のため

 

 

 

 

内臓が休息する時間が短くなります。

 

 

 

 

 

 

 

睡眠時間は同じでも

 

 

 

このような状態では眠りが浅くなったり

 

 

 

疲れが取れにくくなります。

 

 

 

 

 

そのような事がないようになるべく

 

 

 

就寝3時間前には食事を済ませましょう、

 

 

 

 

 

 

時間がどうしても短くなる、と言う人は

 

 

 

 

消化の良いものを少量摂るように

 

 

 

 

心掛けると良いと言えます。

 

 

 

 

 

 

 

◆温かい飲み物をとる

 

 

 

自然な眠気がおきるのは

 

 

 

 

体温が下がり始めるときなので

 

 

 

 

寝る前に温かい飲み物をとり

 

 

 

 

 

内臓から体温上昇を促すことで

 

 

 

 

 

睡眠前のリズムをつくる事ができます。

 

 

 

 

 

 

 

さらに安眠効果を高めるために

 

 

 

 

ノンカフェインのものを選ぶようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆ぬるめの入浴

 

 

 

 

熱めのお湯は体の覚醒を誘い

 

 

 

体の負担も増大するため

 

 

 

 

質の良い睡眠を得るためには

 

 

 

就寝に必要な体温変化を得やすくするために

 

 

 

38度ほどのぬるめのお湯に5~30分つかりましょう。

 

 

 

 

 

 

体をじっくり温めることで、

 

 

リラックス効果を期待できます。

 

 

 

 

 

 

その他にも

 

 

*リラックスできる音楽を聴く

 

 

 

*室温・光で心地よい空間を作る

 

 

 

*自分に合った寝具を選ぶ

 

 

 

*日中に適度な運動を行う

 

 

 

 

といったことが挙げられます。

 

 

 

 

 

 

 

質の良い睡眠を摂るためにも

 

 

 

 

できる事を実践していきましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

記事一覧へ