院内コラム

院内コラム

外出自粛で治療に行けない!?肩こりに効果的なツボはココ!!

外出自粛が続くと運動不足になったり 

 

 

自宅でのデスクワークなどで 

 

 

 

肩こりや腰痛に悩まされている人も 

 

 

 

多いのではないでしょうか? 

 

 

 

しかし”外出自粛で治療に行くのも・・・”

 

 

 

という人のために今回からは 

 

 

 

自宅でもできる簡単なツボ押しによる

 

 

 

 

凝りの 解消法についてお伝えしていきます。 

 

 

 

 

 

《肩こり》 

 

 

 

 

肩こりとは主に『僧帽筋』という筋肉が 張っていて 

 

 

 

『僧帽筋』が緊張することで肩がこわばったり 

 

 

 

痛みが出ることを”肩こり”と言います。 

 

 

 

 

原因は、はっきりはしていませんが 

 

 

 

殆どの場合、肩周辺の血行の悪さだと 

 

 

 

いわれています。 

 

 

 

 

血行が悪いと肩の乳酸などの 

 

 

 

疲労物質の流れが悪くなり蓄積することで 

 

 

 

神経を刺激するため 

 

 

 

 

こりや痛みが引き起こされてしまいます。 

 

 

 

血行不良は 

 

 

 

*悪い姿勢から来る筋疲労やストレス 

 

 

 

*猫背や長時間のデスクワーク 

 

 

 

 

といったことが原因で起こります。 

 

 

 

 

そこで今回は 

 

 

 

『肩こりに効くツボ』を紹介していきます。 

 

 

 

 

肩こりに効果的なツボは沢山あるのですが 

 

 

 

 

肩こりを感じる場所でツボの場所も違います。 

 

 

 

 

自分の症状に合わせて試しください。 

  

 

 

 

 

 

①肩の前側がこっている人 

 

 

この様な症状の方は、鎖骨周辺のこりを 

 

 

ほぐしましょう。 

 

 

 

  

ツボは『欠盆(けつぼん)』というところになります。 

  

 

 

肩の前側がこっている人は、 

 

 

 

首すじから鎖骨(さこつ)にかけてこっています。 

 

 

*文字を書く 

 

 

*パソコンで仕事をしている 

 

 

*重い物を持つ 

 

 

 

 

といった動作で起こりやすいこりです。 

  

 

 

 

『欠盆』の場所は 

 

 

 

乳頭から真っすぐ上に上がったライン上で、 

 

 

 

鎖骨中央のすぐ上の大きくへこんでいる所にあります 。

 

 

 

指先を当て、痛みを感じる手前で止めゆっくり刺激しましょう。

 

 

 

 

 

 

②肩の上がこっている人 

 

 

 

 

肩の上がこっている人は、 

 

 

 

僧帽筋(そうぼうきん)がこっています。 

 

 

 

*読書のしすぎ 

 

 

 

*長時間のパソコン操作 

 

 

 

 

といったことが原因で起こりやすく 

 

 

 

これを放置すると慢性的な肩こりになります。 

 

 

 

ツボは『肩井(けんせい)』と言い 

 

 

 

ツボの場所は 首の後ろの突起した骨と 

 

 

 

肩の先端を結んだ中間にあります。 

 

 

 

 

真下に引き降ろすような感じで刺激し

 

 

この場合も痛いほど強く押さないようにしましょう。
 

 

 

 

  

③肩の後ろがこっている人 

  

 

今までお伝えした①や②のコリを 

 

 

 

放置していると、 

 

 

 

肩甲骨の周辺から首すじにかけて こりが出てきます。 

 

 

 

 

これは肩こりがひどくなって、 

 

 

 

慢性化してしまっている状態です。 

 

 

 

 

 

この様な症状には『肩中兪(けんちゅうゆ)』という 

 

 

 

ツボが効果的です。 

  

 

 

 

『肩中兪(けんちゅうゆ)』の場所は 

 

 

首の後ろに出ている骨の少し下で、 

 

 

 

体の中心から指3本外側にあります。 

 

 

 

 

指先を当て、痛みを感じる手前で止め ゆっくり刺激しましょう。 

 

 

 

 

 

 

いかがでしたか? 

 

 

 

指で押さえると疲れるという人は 

 

 

 

ドライヤーの熱で温めても効果的ですので 

 

 

 

試してみてくださいね。 

 

 

 

記事一覧へ