院内コラム

院内コラム

冬に肩凝りが酷いのは何故?

 

今年もあとわずかとなり、

 

 

寒さも厳しくなってきましたね。

 

 

 

 

 

そこで今回からは冬に多い

 

 

 

肩凝りと腰痛についてお伝えしていきます。

 

 

 

 

 

 

まずは冬に酷くなる肩凝りについて・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

《冬に肩凝りが酷いのは何故?》

 

 

冬に肩こりがひどいのは、どうしてだと思いますか?

 

 

 

肩凝りは首や肩の周りにある筋肉の

 

 

 

緊張と血行不良が原因で起こりますが

 

 

 

冬になるとそこに冷えが加わることで酷くなります。

 

 

 

 

 

 

皆さんも外を歩く時、肩を挙げ

 

 

 

身体を縮こませて歩いていませんか?

 

 

 

 

 

 

寒さを感じると、脳から『熱を逃がさないように』

 

 

 

という指令が身体に出されるため

 

 

 

 

身体は筋肉を収縮させて熱を作らせ

 

 

 

 

熱を逃がさないように血管を細くします。

 

 

 

 

 

 

 

このような状態が続くことで

 

 

より血液の流れが悪くなり肩こりが酷くなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

さらに冬場に着る洋服も多くなり

 

 

 

それ自体が重たくなるので

 

 

 

薄着の季節と比べると肩への負担は大きくなり

 

 

 

肩こりが酷くなってしまいます。

 

 

 

 

 

ではそんな肩凝りを

 

 

予防するポイントは何なのでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

《肩こりを予防するポイント》

 

 

 

 

①背中を動かす

 

 

 

肩や首のコリを感じた時は、

 

 

 

マッサージをして貰いに行く・・・

 

 

 

と言う人も多いのではないでしょうか?

 

 

 

 

 

 

しかし、ここでは自分でもできる

 

 

簡単な肩凝り解消法をお伝えしますね。

 

 

 

 

コリを改善するためには、

 

 

凝っている部分の筋肉を動かすと

 

 

筋肉がほぐれ、血流が良くなります。

 

 

 

 

先程もお伝えした様に寒いと

 

 

身体が縮こまり前かがみになりがちですね。

 

 

 

 

 

そうすると、僧帽筋という

 

 

首・肩・背中をつなぐ

 

 

 

 

筋肉が伸びたままになるため

 

 

 

 

血流が悪くなり肩や首が凝ってしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

この前かがみの姿勢は、寒さだけでなく

 

 

*スマホを長時間見ている

 

 

*パソコン作業が多い

 

 

と言った人にも多くみられます。

 

 

 

 

 

そんな時は、こんな

 

 

ストレッチを取り入れると効果的です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

《こりをほぐすストレッチ》

 

 

 

◆①◆

1・肩をすぼめるようにして

 

グーっと両肩を上に持ち上げ、そのまま3秒キープ。

 

 

 

 

2・その後息を吐きながら肩を下ろします。

 

 

 

 

3・これを数回繰り返しましょう。

 

 

 

 

 

 

◆②◆

 

 

1・左の鎖骨のあたりに右手を置き

 

少し下に押し下げます。

 

 

 

2・それと同時に、

 

 

 

右側に気持ちがいい程度に

 

 

首をゆっくりと倒し、首筋を伸ばします。

 

 

 

3・逆側も同じようにします。

 

 

 

 

 

◆③◆

 

1・肩を上に持ち上げながら、

 

 

鎖骨を前に動かすようにゆっくりとまわします。

 

 

 

2・後ろ向きにも数回まわしましょう。

 

 

 

これだけでも随分軽くなるかと思います。

 

 

 

それでも酷い時は当院へ是非お越しください!

 

 

 

 

 

次回はその他の

 

 

 

肩凝りの対策についてお伝えします。

 

 

 

 

 

 

記事一覧へ