院内コラム

院内コラム

コロナ対策で手が荒れてしまったら!?

 

 

本来であれば楽しいはずの ゴールデンウイークですが 

 

 

 

今年は予想もしないゴールデンウイークに 

 

 

 

なってしまいましたね。 

 

 

 

 

しかし、今この時期我慢することで 

 

 

 

これからの日々を少しでも日常に戻すことが 

 

 

 

 

出来るのであれば我慢も仕方ありませんね。 

 

 

 

 

 

また女優の岡江久美子さんが 

 

 

 

突然お亡くなりになったことも ショックでしたね・・・ 

 

 

 

 

どこか他人事のように感じていた人も 

 

 

 

 

志村けんさんや岡江久美子さんといった方の 

 

 

 

 

逝去の報道でコロナを身近に感じて 

 

 

 

 

より感染予防に対して気を付けるように 

 

 

 

 

なったのではないでしょうか。 

 

 

 

 

 

 

そこで、感染予防と言えば 

 

 

 

 

”手洗い””マスクの着用”などが ありますが 

 

 

 

 

 

その裏で頻繁に消毒することで 手荒れで悩まれる方や 

 

 

 

マスクを着用することで 肌荒れを起こしている人が 

 

 

 

増えているそうです。 

 

 

 

 

 

そこで、今回から 

 

 

 

 

”手荒れ”とマスクによる”肌荒れ”について 

 

 

 

 

お伝えしていきたいと思います。 

 

 

 

 

 

 

《手荒れ》 

 

 

 

 

コロナの感染予防対策として 

 

 

 

欠かせないのが手の消毒になります。 

 

 

 

 

しかし、手を洗ったり 

 

 

 

アルコール消毒したりする機会が多くなると 

 

 

 

 

そのたびに皮脂が洗い流されるため、 

 

 

 

 

肌内部の水分や保湿成分が保たれにくく 

 

 

 

 

なってしまいます。 

 

 

 

 

肌表面の角質層には、「バリア機能」があり 

 

 

*肌の水分を保持 

 

 

*外部刺激による肌ダメージを防ぐ 

 

 

 

といった働きをしています。 

 

 

 

 

 

しかし、肌が乾燥すると 

 

 

 

このバリア機能が低下してしまいます。 

 

 

 

 

つまり、肌の乾燥が進行し 

 

 

 

細菌などによる炎症が起こりやすくなるといった 

 

 

 

悪循環になってしまうんです。
 

 

 

 

 

では、どういったことに気を付ければ 

 

 

 

良いのでしょうか? 

 

 

 

 

 

①手肌の水分をしっかり拭く 

 

 

 

 

手洗い後は清潔なタオルなどで 

 

 

 

しっかりと手肌の水分を拭き取りましょう。 

 

 

 

 

これだけでも過剰な乾燥を 抑えることができます。
 

 

 

 

 

②自宅でのハンドケア

 

 

*就寝前に化粧水で水分をたっぷりと補ってから 

 

 

 

ハンドクリームを塗る。 

 

 

 

 

*ハンドマッサージで血行促進する 


 

 

 

*就寝時にシルクやコットンの手袋を着用する 

 

 

 

 

といったことも肌荒れ予防や改善に 

 

 

 

効果的と言えます。
 

 

 

 

 

 

 


③ひどい手荒れは皮膚科へ
 

 

 

セルフケアで改善しない手荒れの場合は 

 

 

 

皮膚科を受診して 

 

 

 

外用薬や保湿剤を処方してもらうように 

 

 

 

することも大切になります。 

 

 

 

 

 

また消毒液にもいろいろな種類がありますので 

 

 

 

自分に合った消毒液を探すのも一つの 

 

 

 

方法ではないでしょうか。
 

 

 

 

 

今後も手の消毒など 

 

 

 

気を付けなければならない日々が 

 

 

 

続くかと思いますが 

 

 

 

 

消毒することで手が荒れてしまっては 

 

 

 

逆に細菌が定着しやすい・・・

 

 

といったリスクにも つながりますので、

 

 

 

手荒れを起こしている人は 

 

 

 

是非ハンドケアをしながら感染対策も 

 

 

 

 

行っていきましょう 


 

記事一覧へ