院内コラム

院内コラム

暑い夏とコロナに負けない!夏野菜のおススメ!!

 

夏休みも始まり、例年であれば楽しい日常が

 

 

 

待っているのでしょうが

 

 

 

今年はコロナの感染が全国的に広がり

 

 

 

ゆっくり楽しむ余裕もないのでは・・・

 

 

 

 

またせっかく旅行を計画していた人もキャンセルして

 

 

自宅で過ごしている人も多く

 

 

 

自宅で食事を摂る機会も増えているのでは・・・

 

 

 

 

そこで今回は暑い夏を乗り切るための

 

 

 

夏野菜についてお伝えしていきます。

 

 

 

《夏野菜》

 

夏野菜といえば、

 

 

 

キュウリ・オクラ・カボチャ・トマト・ナス・ピーマン

 

 

 

などが代表的なものになります。

 

 

 

旬の野菜は

 

*安い

 

*美味しい

 

*栄養価が高い

 

 

 

と言った良いこと尽くめの上

 

 

 

夏の気候に合わせて、夏バテの予防などにも効果的な

 

 

 

『ビタミンC、ビタミンE、β-カロテン』などを含む野菜が多く

 

 

 

夏を乗り切るためにも積極的に摂りたい野菜と言えます。

 

 

 

 

《夏野菜の持つ力》

 

 

ここからは代表的な夏野菜の持つ栄養素の働き

 

 

についてお伝えしていきます。

 

 

 

 

◎オクラ

 

オクラのねばねばには

 

 

*整腸作用

 

 

*コレステロールの低下作用

 

 

*血糖の急激な上昇を抑える働き

 

 

が認められています。

 

 

 

 

生のままでも美味しく食べられますが、

 

 

ゆでる場合はオクラに含まれる酵素が

 

 

熱に弱いため、サッと湯がきましょう。

 

 

 

◎カボチャ

 

3大抗酸化ビタミンである

 

*ビタミンC

 

*ビタミンE

 

*β-カロテン

 

 

を含む栄養価の高い食品です。

 

 

 

 

更に、炒ったカボチャの種には

 

 

コレステロール上昇抑制作用があります。

 

 

 

 

◎キュウリ

 

 

キュウリなどのウリ科の野菜には利尿作用や

 

 

体にこもった熱を放散してくれる働きがあります。

 

 

 

◎トマト

 

 

カボチャと同様3大抗酸化ビタミンである

 

*ビタミンC

 

*ビタミンE

 

*β-カロテン

 

 

を含み、動脈硬化やがん、老化防止にも

 

 

効果が期待されています。

 

 

 

特にトマト色素のリコペンには、

 

 

 

β-カロテンの2倍の抗酸化力があると言われています。

 

 

 

◎ナス

 

 

キュウリと同じウリ科の野菜で、利尿作用があり

 

 

ナスの皮には動脈硬化防止や抗がん作用があります。

 

 

 

 

◎ピーマン

 

 

ビタミンCが豊富で、風邪の予防や肌にも

 

 

効果的と言われています。

 

 

 

 

また、ピーマンに含まれるビタミンPは

 

 

加熱や酸化で壊れやすいビタミンCを守ってくれ

 

 

働きもあります。

 

 

 

 

《夏バテを解消する食べ物》

 

夏は、ビタミンB1の消耗が激しく、

 

 

 

不足しがちになります。

 

 

 

つまりビタミンB1を積極的に摂ることで、

 

 

体内に摂取された栄養を

 

 

効率よくエネルギーに変えられるようになります。

 

 

 

 

そこで夏バテ対策にはビタミンB1の多い

 

 

”豚肉やうなぎ、玄米”などがおススメ。

 

 

 

 

またアリシンを多く含む食品

 

 

 

ニンニク・ねぎ・たまねぎ・ニラなど

 

 

 

と一緒に摂ると、ビタミンB1の吸収率がアップします。

 

 

 

 

 

 

《まとめ》

 

 

夏野菜は生のまま食べられるものも多いのですが、

 

 

 

生で食べると体を冷やすといわれるキュウリやトマト、ナス

 

 

 

といった野菜は、加熱調理をしたり、

 

 

 

体を温めるネギ、ニンニク、ショウガなどや

 

 

 

香辛料と一緒に食べるなど工夫をしましょう。

 

 

 

 

暑い夏、コロナの夏を乗り切るために

 

 

このような野菜を積極的に摂取しましょう!

 

 

 

記事一覧へ