院内コラム

院内コラム

骨粗しょう症の予防法はコレ!!丈夫な骨でいつまでも若々しく!!

 

前回まで骨粗しょう症について

 

 

 

お伝えしてきましたが

 

 

 

今回は予防法についてお伝えしていきます。

 

 

 

 

 

まず『骨粗しょう症』について

 

 

 

簡単におさらいをして行きますね。

 

 

 

前回もお伝えしましたが

 

 

 

体の中では骨の新陳代謝と言って

 

 

 

古い骨は壊され、

 

 

 

新しい骨がつくられています。

 

 

 

 

 

しかし新陳代謝のバランスがくずれ、

 

 

 

古い骨が壊される事だけが盛んになって

 

 

 

新しい骨ができるのが追いつかなくなると、

 

 

 

 

骨の量が減りスポンジのように

 

 

 

スカスカになってしまいます。

 

 

 

 

 

 

これが骨粗しょう症の症状なのですが

 

 

 

こんな骨だと骨折しやすくなりますよね。

 

 

 

 

 

 

それでは、そんな骨組しょう症にならないためには

 

 

 

 

どのような事に気をつければ良いのか・・・・

 

 

 

 

見ていきたいと思います。

 

 

 

 

 

◆骨粗しょう症の予防法◆

 

 

 

※食生活※

 

 

現在の日本人の食生活は、

 

 

 

欧米化が進み、昔と比べて

 

 

 

カルシウムが不足しているようです。

 

 

 

 

昔は小魚や野菜などを沢山摂り入れた

 

 

和食が中心でしたが

 

 

 

現在では“ハンバーグ”など柔らかく

 

 

 

食べやすい欧米の食事が中心に

 

 

 

なっていますよね。

 

 

 

 

日本人の身体はもともと和食に適していて

 

 

欧米の食事はカロリーも取り過ぎてしまうようです。

 

 

 

 

そこで、意識して牛乳や小魚などの

 

 

 

カルシウム摂取が大切になってきます。

 

 

 

 

 

 

その他にも塩分の過剰摂取にも

 

 

 

気をつけましょう。

 

 

 

 

塩分を摂りすぎると、

 

 

 

カルシウムが尿に出てしまうからです。

 

 

 

 

またカルシウムの吸収を阻害する栄養素が

 

 

 

入っている食べ物として

 

 

 

“炭酸飲料”

 

 

“スナック菓子”

 

 

“インスタント食品”

 

 

 

があります。

 

 

 

 

 

 

これらの食品の食べすぎには注意が

 

 

必要です。

 

 

 

 

 

※カルシウムの吸収を阻害※

 

 

 

カルシウムの吸収を阻害するものとして

 

 

*タバコ

 

 

*アルコ-ル

 

 

*コ-ヒ-

 

 

*塩辛い漬物

 

 

*インスタント食品

 

 

*加工食品

 

 

 

 

等があります。

 

 

 

 

タバコは食欲を抑制し

 

 

女性ホルモンの分泌を妨げるので

 

 

 

カルシウム摂取に影響を与えてしまいます。

 

 

 

 

また、アルコールは利尿作用があるため

 

 

カルシウムの排出につながってしまう

 

 

可能性があります。

 

 

 

 

 

このように、食生活がアンバランスになると

 

 

 

カルシウムの吸収が悪くなるので

 

 

 

 

気をつけなければなりません。

 

 

 

 

 

※適度な運動※

 

 

骨は適度の運動で負荷がかかることで

 

 

新陳代謝が活発になり丈夫な骨になります。

 

 

 

 

しかし、

 

 

いきなり激しい運動から始めるのではなく

 

 

まずは軽めのウォーキングなどから

 

 

 

始めるようにすると良いかと思います。

 

 

 

 

さらに屋外で光を浴びながらの運動は

 

 

体内で骨の生成に役立つ

 

 

 

ビタミンDの合成を促進するので

 

 

 

 

朝、夕10分ぐらいずつの散歩から

 

 

 

始めてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

慣れて来たら少しずつ時間を長くするなど

 

 

自分の身体に合わせた運動を

 

 

 

毎日続ける事が大切になってきます。

 

 

 

 

 

※日光浴※

 

 

運動の部分でも触れましたが

 

 

人間は日光に当たることで、

 

 

 

 

カルシウム吸収に必要なビタミンDが

 

 

作られます。

 

 

 

 

 

中々運動ができないと言う人も

 

 

 

昼間の30分ほど家から出て

 

 

 

 

日光を浴びるだけでも十分ですので

 

 

 

日光浴をする工夫をして

 

 

 

 

陽の光を浴びましょう。

 

 

 

 

 

日本人の平均寿命は世界でも上位に入りますが

 

 

この中に元気で長生きされている方は

 

 

 

 

何人くらいおられるでしょうか・・・

 

 

 

 

 

「健康寿命」という言葉がありますが

 

 

 

これは

 

「寝たきりや認知症になることなく、

 

 

健康で自立して暮らすことができる」

 

 

 

と言う意味があります。

 

 

 

 

 

骨粗しょう症を予防し

 

 

 

丈夫な骨の保持増進に努め

 

 

 

 

より長い健康寿命を獲得するために

 

 

 

毎日の食事や運動に気を配る生活を

 

 

 

 

心掛けていきましょう!

 

 

記事一覧へ