院内コラム

院内コラム

骨粗しょう症の症状は!?若いからと安心はできない!?

 

前回は骨の生まれ変わりについて

 

 

 

お伝えしましたが

 

 

 

 

今回は『年代別の骨』についてと

 

 

 

『高齢の骨粗しょう症』について

 

 

 

お伝えしていきたいと思います。

 

 

 

 

まずは年代別で骨はどのように変化していくのか。

 

 

 

 

《年代別骨の変化》

 

 

 

◆成長期◆

 

 

成長期は新陳代謝が活発なため

 

 

 

さかんにつくられ、同時に壊されています。

 

 

 

 

しかしこの時期は骨をつくる力の方が強いため

 

 

 

体は成長していきます。

 

 

 

つまり、この時期は骨の成長を促進するのに

 

 

 

食事と運動がとても重要になります。

 

 

 

 

ちなみに、骨の増加は

 

 

*背骨の骨量は20歳頃まで

 

 

*手足の骨の骨量は30歳頃まで

 

 

 

といわれています。

 

 

 

 

 

◆成熟期◆

 

 

体が完全にできあがる年代は30代以降で

 

 

骨量も最も多くなります。

 

 

 

 

更に骨をつくる力と壊す力のバランスが

 

 

取れている時期なので

 

 

 

バランスのとれた食生活をすることで

 

 

 

将来の骨量の減少を遅らせる事ができます。

 

 

 

 

 

◆高齢期◆

 

この時期は年齢を重ねるにつれて、

 

 

 

骨量は少しずつ減少していきます。

 

 

 

 

また骨をつくる力も、骨を壊す力も

 

 

弱まっていきますが、

 

 

 

骨を壊す力の方が強い時期になります。

 

 

 

 

特に50代以降の女性は

 

 

 

閉経により女性ホルモンが減少するため

 

 

 

骨量が急激に減少します。

 

 

 

 

この状態が病的に進行したのが

 

 

骨粗しょう症になります。

 

 

 

 

骨量が早くから減少する原因として

 

 

*20代までにしっかり骨量を上げていなかった

 

 

*日々の食事のカルシウム不足

 

 

 

といったことが考えられますので

 

 

 

 

若い頃からの食生活などが

 

 

 

とても大切だと言う事が分かります。

 

 

 

 

では骨粗しょう症とはどんな病気なのでしょうか?

 

 

 

 

《骨粗しょう症とは?》

 

 

骨粗しょう症とは加齢により、

 

 

骨の量が減ってしまう病気のことを言います。

 

 

 

 

 

特に骨粗しょう症の高齢者は

 

 

*家のなかでつまずいて転ぶ

 

 

*ささいなことで骨折してしまう

 

 

 

このような事が原因で

 

 

要介護状態や寝たきりになってしまいます。

 

 

 

 

それが原因となって寿命が短くなる

 

 

 

可能性もあります。

 

 

 

 

 

 

=骨粗しょう症の原因=

 

 

 

 

骨粗しょう症の原因は幾つかあります。

 

 

 

 

 

まず骨をつくるのに必要なカルシウムは、

 

 

 

腸から吸収されますが年を取ると

 

 

 

腸からのカルシウム吸収が悪くなるため

 

 

 

骨粗しょう症の原因の一つになります。

 

 

 

 

 

しかし、加齢だけでなく

 

 

*運動不足

 

 

*偏った食生活

 

 

*過度のダイエット

 

 

*喫煙、飲酒、

 

 

*日光に当たらない生活

 

 

 

 

といったことが原因で

 

 

 

カルシウムの吸収や合成に悪影響を及ぼし

 

 

 

骨組しょう症になってしまう可能性があります。

 

 

 

 

 

このような事から、

 

 

日頃から骨粗しょう症を防ぐための

 

 

 

生活習慣が重要になってくるということが

 

 

 

お分かりいただけるのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

特に生活習慣については

 

 

 

そのまま骨粗しょう症の原因となるため、

 

 

 

普段から気を付ける事が大切になります。

 

 

 

 

 

=骨組しょう症の主な症状=

 

 

では症状はどのような物があるのでしょうか。

 

 

 

 

*背中や腰の痛み

 

 

*骨折しやすくなる。

 

 

*加齢とともに背中が曲がる。

 

 

などがあげられます。

 

 

 

 

更に骨粗しょう症が招く健康障害もあります。

 

 

 

 

骨組しょう症の人は『動脈硬化』

 

 

 

になりやすいことも分かっています。

 

 

 

 

 

動脈硬化が進行すると、

 

 

 

*心筋梗塞や脳梗塞

 

 

 

といった心臓や血管の病気を

 

 

 

発症することになり

 

 

 

寝たきりや要介護になるリスクが

 

 

 

高くなります。

 

 

 

 

では骨粗しょう症の予防法には

 

 

どのような物があるのか

 

 

 

次回お伝えしていきます。

 

 

記事一覧へ