院内コラム

院内コラム

マスクが外せない秋・・・肌が荒れるのは何故!?

 

前回から『マスクによる肌荒れ』について

 

 

 

お伝えしていますが

 

 

 

 

 

まず10月と言う季節は肌にとってどんな季節か・・・

 

 

 

ご存知でしょうか?

 

 

 

 

 

《肌にもたらす10月の環境》

10月は気温も湿度も低下して、

 

 

過ごしやすい季節ではありますね。

 

 

 

 

しかし肌は、少しずつ乾燥が進むことにより

 

 

*今まで使っていた化粧水がすぐに乾いて

 

カサカサになる

 

 

*肌色が冴えない.・・・

 

 

 

といった変化を感じ始める人も多いのではないでしょうか?

 

 

 

 

 

そんな季節に『今年はマスクが外せない・・・』

 

 

 

と言った環境になってしまいましたね。

 

 

 

 

 

そこで問題になるのがマスクの「つけ外し」。

 

 

 

 

 

実はコロナが流行りだして肌トラブルに悩んでいる要因は

 

 

 

 

「マスクをつけたり外したりする行為」

 

 

 

と言う事があるようです。

 

 

 

 

日常生活の中では飲み物を口にする時など

 

 

 

 

マスクを外すことがありますね。

 

 

 

 

 

 

このようなマスクの着脱を1日に何度か繰り返すと

 

 

 

 

肌とマスクがこすれ、角層がダメージを受けてしまいます。

 

 

 

 

 

 

またマスクの中は高温で湿度も高い為

 

 

 

そのような環境から、いきなり肌が外気にさらされると

 

 

 

 

温湿度の変化を受けることで肌トラブルの原因になっています。

 

 

 

 

 

 

つまり、マスクを外した時に中の湿気と同時に

 

 

 

肌の水分も同時に蒸発してしまうので

 

 

 

 

より肌が乾燥してしまう・・・と言う事になります。

 

 

 

 

 

 

このように肌に急激な温度・湿度の変化を与えると

 

 

 

 

 

バリア機能や保湿機能の低下になってしまいます。

 

 

 

 

 

このような状態が重なった結果、多くの女性が

 

*かゆみ

 

*ニキビ

 

*肌荒れ

 

 

 

 

といった「マスク荒れ」で悩んでいるようです

 

 

 

 

 

では、このような場合どういったスキンケアが良いのか・・・

 

 

 

 

 

《マスク荒れには低刺激スキンケア》

 

 

コロナ禍後スキンケアに対する女性たちの意識も

 

 

 

変化しているようで

 

 

 

 

あるアンケートによると

 

 

*肌を守れるようなスキンケアを使いたい

 

 

*保湿を重視するようになった

 

 

 

という回答が増えているとか・・・・

 

 

 

 

 

そこで具体的には、どのようなお手入れを

 

 

 

すべきなのでしょうか?

 

 

 

 

 

マスクが原因でバリア機能が低下してしまうと

 

 

 

『洗顔や保湿、衣服が肌に触れる』と言った

 

 

 

 

普段なら何でもないことが刺激になってしまいます。

 

 

 

 

 

このような場合は、

 

 

 

 

まず『低刺激性のスキンケア』を使ってみましょう。

 

 

 

 

 

 

さらに、お手入れをする時は

 

 

 

 

肌に摩擦をなるべく与えず、しっかり保湿することが大切になります。

 

 

 

 

 

そこで次回のコラムでは家でできる

 

 

 

スキンケアについてお伝えしていきます。

 

 

 

記事一覧へ