院内コラム

院内コラム

毎日欠かせないマスク・・でも肌が荒れてしまった・・・どうして?

 

 

4月も今日で最後となりましたね。 

 

 

 

 

今までに経験したことのないような 状況が続いて

 

 

 

不安になっている人や 

 

 

 

感染を恐れる人も多いことと思います。 

 

 

 

 

そこでマスクが必需品となった今 

 

 

 

マスクで肌が荒れる人も増えているようです。 

 

 

 

 

 

もはやマスクは肌の一部になってしまった・・・ 

 

 

 

という状況で、肌が荒れた人は 

 

 

 

どうすればいいのでしょうか? 

 

 

 

 

 

 

今回は『マスクによる肌荒れ』について 

 

 

 

お伝えしていきたいと思います。 

 

 

 

 

 

《マスクによる肌荒れの原因》 

 

 

①マスク内のムレ 

 

 

 

どれだけ口の中を清潔にしていても 

 

 

 

口の中には雑菌がすみついているので 

 

 

 

呼吸する時に少しではありますが 排出されています。 

 

 

 

 

排出された雑菌は、マスクの内側に留まり 

 

 

 

更に、くしゃみや咳、しゃべるときなど 

 

 

 

 

殺菌の含まれている唾液が飛ぶので 

 

 

 

 

それが、マスクに付着します。 

 

 

 

 

 

 

さらに、マスクの内側は 

 

 

 

 

呼吸によって湿度も温度も高くムレている 

 

 

 

といった状態になっています。
 

 

 

 

 

つまり雑菌にとって好ましい環境であるため 

 

 

 

雑菌がどんどん繁殖してしまい、 

 

 

 

肌荒れを起こす原因となる場合があります。 

 

 

 

 

 

②素材やアレルギー 

 

 

マスクに使用されている素材の殆どが 

 

 

 

ガーゼと不織布が使われています。 

 

 

 

 

 

また、不織布のマスクは接着するのに ”樹脂”が使われていて

 

 

 

マスクによっては細菌やカビを防ぐ 

 

 

 

”抗菌剤”が使用されているものもあります。 

 

 

 

これらの素材が肌に合わずに肌荒れを 

 

 

 

 

起こす原因となっています。 

 

 

 

 

 

③マスクと肌の摩擦 

 

*マスクと肌の摩擦 

 

 

*外したときの乾燥 

 

 

 

 

といったものも、肌荒れの原因として 挙げられます。 

 

 

 

 

マスクを着用すると、鼻の上部から顎の下まで 

 

 

 

顔の広い範囲が覆われます。 

 

 

 

 

 

このとき、マスクの繊維と直接接して 

 

 

 

擦れることがあります。 

 

 

 

 

 

その刺激によって、肌が荒れることがあります。 

 

 

 

 

ガーゼで作られたマスクよりも 

 

 

 

”不織布マスク”のほうが摩擦は強いので 

 

 

 

肌への刺激も強いと言えます。 

 

 

 

 

 

④マスクを外した時の乾燥 

 

 

マスクを外したときに起きる乾燥も 

 

 

 

肌荒れの原因になる場合があるようです。 

 

 

 

 

着用している間は 

 

 

 

マスクの内側は湿度が保たれていますが 

 

 

 

マスクを外すと、外気の湿度が低いため 

 

 

 

肌に付着していた水分が蒸発してしまいます。 

 

 

 

また水分が蒸発するときに肌の水分まで 

 

 

 

一緒に蒸発するため 

 

 

 

乾燥が進み、肌荒れを起こす場合もあります。 

 

 

 

 

 

この様に肌荒れを起こす原因はいくつかありますが 

 

 

 

毎日の生活に欠かせないマスク・・・ 

 

 

 

 

できる限り肌ダメージを最小限にする必要が 

 

 

 

ありますね。 

 

 

 

 

 

そこで 肌の負担を極力抑えるためには 

 

 

 

どのようなマスクを選ぶのが良いのか ・・・

 

 

 

といったことを次回お伝えしていきます。 

 

 

 

  

記事一覧へ