院内コラム

院内コラム

まだまだマスクが手放せない!!肌荒れを防ぐにはどうしたら良いの!?

5月になりましたね。 

 

 

 

緊急事態宣言も1ヶ月延びるとか・・・ 

 

 

 

早く収束すると良いですね・・・

 

 

 

 

先日マスクによる肌荒れについて 

 

 

お伝えしてきました。 

 

 

 

 

これから暑い日が続くとマスクを付けるのも 

 

 

 

大変になりますね・・・ 

 

 

 

 

 

そこで、今回はマスクによる肌荒れを 

 

 

 

 

防ぐ方法をお伝えしていきます。 

 

 

 

 

 

《正しいマスク選び》 

 

①マスクの形 

 

 

マスクには”プリーツ型””立体型” 

 

 

 

などさまざまな形状がありますが 

 

 

 

 

選ぶ時、すべてのタイプ対して気をつけたいこと・・・ 

 

 

 

それは 

 

 

 

『自分の顔のサイズにきちんと合ったものを選ぶ』 

 

 

 

と言う事です。 

 

 

 

 

*鼻、頬、フェイスラインの隙間がない 

 

 

*肌との接触する面積が小さい 

 

 

*ずれることがない 

 

 

 

 

といったものを選ぶことが大切になります。 

 

 

 

着用するマスクが大きすぎたり 

 

 

 

小さすぎて食い込んでいたりすると、 

 

 

 

必要以上に摩擦を起こし 

 

 

 

 

更に摩擦によって強い刺激があることで 

 

 

 

肌荒れにつながるからです。 

 

 

 

 

またマスクの紐も重要なポイントです。 

 

 

 

 

紐が細かったり緩かったりすると、 

 

 

ずれやすくなり 

 

 

ずれたときに肌との摩擦も起きてしまいます。 

 

 

 

紐が太めでマスクが動きづらいものを 

 

 

 

選ぶようにしましょう。 

 

 

 

 

 

 

 

②マスクの素材 

 

 

 

敏感肌やアレルギー体質で 肌が弱い人は、 

 

 

 

マスクをするだけで肌に負担がかかります。 

 

 

 

 

そこで、肌荒れを防ぎたいときは 

 

 

 

マスクの素材にも気を付けましょう。 

 

 

 

 

マスクの入手が難しくなった最近では 

 

 

 

自作する人も増えているようですが 

 

 

 

不織布マスクよりもガーゼ素材のマスクのほうが 

 

 

 

肌に優しく、肌荒れを起こしにくいので 

 

 

 

おすすめです。 

 

 

 

 

自作する場合の注意点としては 

 

 

*ガーゼやコットンの天然素材 

 

 

*肌に摩擦刺激を感じないもの 

 

 

*シルク混など肌触りのよい生地 

 

 

 

を選ぶようにしましょう。 

 

 

 

 

また真新しいガーゼで作る場合は 

 

 

 

揉み洗いをして柔らかくしてから 

 

 

 

使うようにすると良いようです。 

 

 

 

 

また手作りは・・・という人は 

 

 

 

不織布マスクのなかにも、 

 

*シルク配合 

 

*敏感肌用 

 

 

 

といった肌に優しい素材で作られたものもるので 

 

 

 

そのようなマスクを選ぶのも良いのではないでしょうか。 

 

 

 

 

③マスクにガーゼを挟む 

 

 

肌が荒れやすい人には 

 

 

 

不織布マスクよりガーゼのマスクが おススメですが 

 

 

 

 

ウイルス対策には、ガーゼ素材のマスクより 

 

 

 

不織布マスクのほうが効果が高いので 

 

 

 

こちらがおススメではあります。 

 

 

 

 

しかし、不織布マスクはムレやすいため 

 

 

 

雑菌も繁殖しやすい、といったデメリットも 

 

 

あります。 

 

 

 

 

 

そこでおススメの使い方が 

 

 

 

マスクと顔の間にガーゼを挟むこと・・・ 

 

 

 

 

これは、呼気により排出された水分を 

 

 

 

ガーゼに吸い取らせ湿度を下げることで 

 

 

 

マスクのムレを防ぐからです。 

 

 

 

 

さらにガーゼが肌とマスクの摩擦も防ぐので 

 

 

 

摩擦による肌荒れの対策にもなります。
 

 

 

 

 

内側に挟むガーゼの大きさは 

 

 

 

着用するマスクと同じくらいのサイズで 

 

 

 

長時間マスクを使う場合は 、複数枚のガーゼを用意して 

 

 

 

ガーゼが湿ってきたら、交換するようにしましょう。 

 

 

 

そうすることで、いつでも良い状態で 

 

 

 

過ごすことができます。 

 

 

 

 

この様なことに気を付けると 

 

 

 

マスクによる肌荒れを防ぐことが 出来ます。 

 

 

 

 

しかし、肌が荒れてしまったら 

 

 

 

どうしたらよいのか・・・ 

 

 

 

 

そこで、次回はスキンケアについて お伝えしていきます。 

 

 

 

記事一覧へ