院内コラム

院内コラム

笑顔で免疫力アップ!!コロナになんか負けない!

 

 

前回、免疫力を高めるには“笑うことも大切”

 

 

 

と言う事をお伝えしました。

 

 

 

 

そこで、今回は笑う事でどんな変化があるのか

 

 

 

と言った事につてお伝えしていきたいと思います。

 

 

 

 

とはいっても、コロナの収束も見えないこんな時

 

 

 

笑えない・・・と言う人も多い事と思います。

 

 

 

 

 

しかし、今はこの状況を乗り切らないと

 

 

 

 

前には進めませんよね。

 

 

 

 

 

そこで、今回のコラムを参考に

 

 

 

一人でも笑顔になれて、それが周りの人にも影響を与え

 

 

 

広がっていくと良いな・・・

 

 

 

 

そんな思いで書かせて頂きたいと思います。

 

 

 

 

 

《笑顔と健康の関係性》

 

 

『笑う門には福来る』と言う言葉がありますが

 

 

 

それって本当なの?って思ってしまいますね。

 

 

 

 

 

そこで笑うという行為には

 

 

 

実際にはどんな効果があるのでしょうか。

 

 

 

 

①「笑い」と自律神経

 

このコラムでも事あるごとに自律神経について

 

 

 

お話させて頂いていますが

 

 

 

人の体には“交感神経”と“副交感神経”と言う

 

 

 

自律神経があります。

 

 

 

 

このバランスが崩れてしまうと、

 

 

 

“自律神経失調症”などの不安定な状態になり

 

 

 

体調不良の原因にもなります。

 

 

 

 

しかし、笑っている時は、これらの神経が

 

 

 

バランスよく働いていると言われている事から

 

 

 

笑いは健康に大切と言う事が分かりますね。

 

 

 

 

②笑う事とがん予防

 

 

「笑い」がもたらす代表的な効果として、

 

 

 

がん予防の効果がありますが

 

 

 

聞いた事がある人もいるかと思います。

 

 

 

 

有名な話で言うと

 

 

 

癌の患者さんに“吉本新喜劇”を見せて

 

 

 

その前後の血液検査でNK(ナチュラルキラー)細胞の

 

 

 

変化を調べたところ、ほとんどの人が

 

 

 

“吉本新喜劇”を見た後にNK(ナチュラルキラー)細胞が

 

 

 

増加していたのだとか・・・・

 

 

 

 

 

このNK細胞と言うのは白血球の一種で、

 

 

 

ある種の腫瘍細胞を破壊することができ、

 

 

 

腫瘍が発生するのを防ぐ働きがあると言われています。

 

 

 

 

癌細胞は誰の身体の中にも毎日のように

 

 

 

出来ているにも関わらず癌にならないのは

 

 

 

このNK細胞が体内で絶えず発生していて

 

 

 

 

がん細胞をやっつけてくれているからなんです。

 

 

 

 

 

このNK細胞のNKが低いとがんになりやすいという

 

 

 

研究結果があり

 

 

 

漫才などを見て笑った後にはNK活性が上昇することから

 

 

 

笑いの力って凄い事が分かりますね。

 

 

 

 

因みに、「笑い方」もいろいろで

 

 

 

クスクス笑いからガハガハ大笑いまで・・・

 

 

 

 

しかし、意外なことに、NK細胞の増殖は

 

 

 

どんな笑い方でも・・・作り笑いでも大丈夫なのだとか!

 

 

 

 

つまり、毎日笑顔でいる事が大切と言う事になりますね。

 

 

 

 

しかし笑うことが健康に良いのはわかっても

 

 

 

憂鬱な時など笑う事って意外と難しかったりしますね。

 

 

 

赤ちゃんは1日平均400回以上笑うと言われていて

 

 

 

大人になり35歳を超えるとその回数は

 

 

 

1日15回にまで減ってしまうそうです・・・・

 

 

 

 

社会人になると、テレビのお笑い番組や

 

 

 

コメディ映画を観るにも限界がありますね。

 

 

 

 

このコロナの時代、憂鬱でいつ終わるかもわからない

 

 

 

不安な日々が続きますが

 

 

 

 

まずは作り笑いでも良いので笑顔を意識した日々を

 

 

 

過ごしてみてはいかがでしょうか?

 

 

記事一覧へ