院内コラム

院内コラム

中国鍼灸協会も認めた免疫力を高めるツボとは!?

毎日のように話題になる”コロナウイルス” 

 

 

緊急事態宣言が少しずつ緩和され 

 

 

 

人が行きかうようになると 感染が怖いですよね。 

 

 

 

 

しかし、これまでの生活様式を変えて 

 

 

 

ウイルスと共存していくには 

 

 

 

自分の身は自分で守るしかありません。 

 

 

 

 

 

以前のコラム(3月20日掲載)では 免疫力を高める方法として  

  

  

*腸の働きをよくする  

  

  

*体温を上げる  

  

  

*質の良い睡眠をとる 

 

 

といったことをお伝えし 

 

 

 

それに対する効果的なツボを紹介しました。 

 

 

 

 

 

そこで今回はコロナウイルス対策として 

 

 

中国鍼灸協会も認めた 

 

 

 

免疫力を高めるツボを4つ紹介していきます。 

 

 

 

 

 

①合谷(ごうこく)  

 

 

 

手にあるツボで人差し指の骨と 親指の骨が 

 

 

 

ちょうどぶつかる所にあり 人差し指よりにあります。 

 

 

 

 

押すと痛みがありますので、そこがツボになります。 

 

 

 

 

効果としては 

 

*風邪のひきはじ

 

*頭痛

 

*歯の痛み 

 

*疲れなどで歯が浮いた感じがするとき

 

*眼の症状 

 

 

 

などにも効果的です。
     

 

 

 

10秒ほどゆっくり押して刺激しましょう。 

 

 

 

 

 

②尺沢(しゃくたく) 

 

このツボは咳や痰に効果的なツボになります。 

 

 

 

ツボは腕にあり 肘を曲げた時にできる皺の上で 

 

 

 

親指側にあります。 

 

 

 

 

このツボも押さえて行くと痛みがありますので 

 

 

分かるかと思います。 

 

 

 

 

この部分も10秒ほどゆっくり刺激しましょう。 

 

 

 

 

③足三里(あしさんり) 

このツボは松尾芭蕉の奥の細道にも 

 

 

 

出てくるくらい有名なツボなので 

 

 

 

耳にされた方も 多いのではないでしょうか? 

 

 

 

 

ツボの場所は足のすねの外側、小指側に あります。 

 

 

 

 

 

膝の皿のすぐ下に窪みがありますが 

 

 

 

その窪みから”指4本分下”にあります。 

 

 

 

 

親指で押しながら揉みましょう。 

 

 

 

このツボは 

 

”足の疲れ” 

 

”胃腸の調子が悪い” 

 

 

 

といった症状にも効果的です。 

 

 

 

 

④三陰交(さんいんこう) 

 

 

「三陰交」は多くの不調の改善効果があり 

 

 

万能のツボともいわれています。

 

 

 

東洋医学では 

 

 

「肝」・・・筋肉や血液をつかさどる 

 

 

「腎」・・・生命力の根源で水分代謝の役割がある。 

 

 

「脾」・・・消化器のことで、 

      体に栄養を補給する働きがある 

 

 

と言われていて

 

 

この重要な3つの経絡が 交わっているのが

 

「三陰交」になります。 

 

 

 

つまり全身のめぐりが良くなるので 

 

 

冷え性の改善にも効果的で 

 

 

 

*月経不順 

 

 

*生理痛 

 

 

*更年期障害 

 

 

 

といった婦人科系疾患にも効果があると 

 

 

 

言われています。 

 

 

 

 

ツボの場所はふくらはぎの内側で親指側にあります。 

 

 

 

くるぶしから指4本分上にあります。 

 

 

 

 

押しながら痛みのある所を探して 

 

 

 

10秒ほどゆっくり揉みましょう。 

 

 

 

 

〈まとめ〉 

 

この4つのツボを 

 

 

*お風呂の中で揉む 

 

 

*ドライヤーで温める 

 

 

 

など、自分の生活スタイルに合わせて 

 

 

毎日継続して行い 

 

 

 

コロナウイルスに負けない身体を作っていきましょう。 

 

 

 

記事一覧へ