院内コラム

院内コラム

感染から身を守るために大切な免疫力とは!?

 

最近、コロナウイルスの話題ばかりで

 

 

 

不安になっている人も

 

 

 

 

多いのではないでしょうか?

 

 

 

 

 

 

どの報道番組でもトップニュースに 

 

 

 

なっていますね・・・。 

 

 

 

 

 

 

このコラムでも前回までに 

 

 

 

 

感染予防に大切な”手洗い”と”マスク”について 

 

 

 

 

お伝えしました。 

 

 

 

 

今回からは 

 

 

 

『ウイルスに負けない身体づくり』 

 

 

 

についてお伝えしていきますね。 

 

 

 

 

 

 

ウイルスに負けない身体にするには 

 

 

 

免疫力をアップすることです。 

 

 

 

ではどうすれば免疫力がアップ 

 

 

 

するのでしょうか? 

 

 

 

 

 

 

まず免疫力について・・・ 

 

 

 

 

 

※免疫とは※ 

 

 

 

 

免疫とは体内で発生したガン細胞や 

 

 

 

外から侵入した細菌やウイルスなどを 

 

 

 

撃退する自己防衛システムのことを言います。  

 

 

 

 

 

皆さんは、人間の身体の中では毎日 

 

 

 

がん細胞ができていることをご存じですか? 

 

 

 

 

 

しかしほとんどの人が、発病しませんよね。 

 

 

 

 

 

それはさまざまな免疫細胞が働いて 

 

 

 

ガンを死滅させるからなんです。 

 

 

 

 

この 免疫システムは15歳までに出来上がり 

 

 

 

20歳を超えると落ちていきます。 

 

 

 

 

 

 

※免疫力が下がると・・・※ 

 

 

 

では免疫力が下がるとどうなるのか・・・ 

 

 

 

風をひきやすくなる 

 

 

 

*感染症などにかかりやすくなる 

 

 

 

アレルギーの症状が悪化する 

 

 

 

がんや肺炎などを発症しやすくなる 

 

 

 

 

といったことがあります。 

 

 

 

 

 

 

 

では、免疫力を高めるためには、 

 

 

 

どうしたら良いのでしょうか? 

 

 

 

 

 

 

※免疫力を高めるには※ 

 

 

 

免疫力を高めるには 

 

 

 

腸内環境が大切と言われています。 

 

 

 

 

 

それは人の免疫細胞の約6~7割は、 

 

 

 

腸の中で生きているからなんです。 

 

 

 

 

 

 

腸内には細菌がおよそ1000種類、 

 

 

 

100兆個も生息しており 

 

 

 

 

 

 

体の健康のためには 

 

 

腸内に”ビフィズス菌”や”乳酸菌”といった 

 

 

 

善玉菌の割合を増やすことが重要と言えます。 

 

 

 

 

 

 

善玉菌を増やすには 

 

 

 

”オリゴ糖”や”食物繊維”を十分にとって、 

 

 

 

腸内細菌の働きを良くすることが 

 

 

 

大切になります。 

 

 

 

 

 

しかし腸内細菌は個人や食事などの要因で 

 

 

 

異なってきます。 

 

 

 

 

つまり腸内の免疫細胞を 

 

 

 

活性化できる食べ物をとっているかどうか・・・ 

 

 

 

 

これが、免疫力を大きく左右することになります。 

 

 

 

 

 

腸内の免疫細胞は、腸内細菌の善玉菌によって 

 

 

 

強くなります。 

 

 

 

 

そこで免疫細胞を活性化させるのに大切なのは、 

 

 

 

腸内の善玉菌を増やすこと。 

 

 

 

 

さらに善玉菌を増やすには 

 

 

 

善玉菌のえさになる食物をとることになります。 

 

 

 

 

 

 

では腸内環境を整え免疫力を高めるには 

 

 

 

どのような食生活が良いのでしょうか。 

 

 

 

 

次回はそのことについて 

 

 

詳しくお伝えしていきたいと思います。 

 

 

記事一覧へ