院内コラム

院内コラム

コロナも気になるけどこれからは紫外線も!!

 

未だコロナの収束に至らず

 

 

 

何かと心配な日々が続いていますね。

 

 

 

 

しかし、これからの季節、気になるのが紫外線ですね。

 

 

 

 

更に最近では”コロナに紫外線が効果的なのでは・・・”

 

 

 

と言う話も出てきましたね。

 

 

 

 

 

この紫外線は今まで聞いたこともないような

 

 

 

『深紫外線』と言う物らしいのですが

 

 

 

 

ここでは私達が普段生活する上で

 

 

 

気をつけたい紫外線についお伝えしていきますので

 

 

 

参考にしてくださいね。

 

 

 

 

 

《紫外線とは》

 

 

 

 

紫外線は肌にダメージをもたらすもの・・・

 

 

 

と言う事はご存知かと思います。

 

 

 

 

では、紫外線にはどのような種類があり、

 

 

 

どんなダメージをもたらすのでしょうか。

 

 

 

 

まず紫外線は、波長の長さによって

 

 

*UVA(紫外線A波)

 

 

*UVB(紫外線B波)

 

 

*UVC(紫外線C波)

 

 

 

の3つに分けられますが

 

 

 

UVCはオゾン層に吸収されるため、地表には届かないので

 

 

 

私たちの肌に悪影響を与えるのは『UVAとUVB』の2つになります。

 

 

 

 

 

【UVA】

 

紫外線の約9割を占めるのがUVAで

 

 

 

波長が長く雲や家の中・車の窓ガラスも透過します。

 

 

 

 

その為、肌の奥の美しく健やかな肌の源である

 

 

真皮にまで到達し

 

 

 

“エラスチン”や“コラーゲン”などを作る

 

 

線維芽細胞を傷つけてしまうため弾力が弱まり

 

 

 

シワやたるみを引き起こしてしまいます。

 

 

 

 

 

【UVB】

 

対してUVBは波長が短いので真皮には到達しませんが

 

 

表皮を中心にダメージを与え

 

 

肌に炎症を起こしシミや色素沈着の原因になります。

 

 

 

 

このように、美しい肌を保つには

 

 

UVAからもUVBからも

 

 

徹底的に肌を守ることが大切だということになります。

 

 

 

 

《紫外線量は?》

 

紫外線は365日降り注いでいますが

 

 

その量は季節・時刻・天候によって異なります。

 

 

 

 

たとえ、冬でも曇りでも、

 

 

紫外線は肌に届きますので

 

 

 

紫外線対策は、季節や天候を問わず

 

 

行う事が大切になります。

 

 

 

※季節による違い

 

 

紫外線量は春先から急に増え始め

 

 

UVAは5~6月には真夏とほとんど同じ量になり

 

 

UVBも真夏の8割程度の量になります。

 

 

 

9月からはUVA、UVBとも

 

 

だんだん少なくなっていきますが

 

 

 

UVAは、冬でも夏の半分程度しか減らないので

 

 

一年中注意が必要と言えます。

 

 

 

 

※時刻による違い

 

 

紫外線量は、朝7時ごろから少しずつ増え

 

 

 

朝9時には急増し太陽の位置がもっとも高くなる

 

 

正午前後にピークになります。

 

 

 

 

その後は、だんだん減っていきますが、

 

 

夕方になってもゼロにはなりませんので

 

 

夜の帰宅時も紫外線対策は忘れないようにしましょう。

 

 

 

 

※天候による違い

 

 

 

曇りや雨の日は大丈夫だと思っているかも

 

 

知れませんが

 

 

 

*曇りの日では晴れた日の6割強

 

 

*雨の日でも晴れた日の約2割

 

 

 

の紫外線が地表に届いているので

 

 

季節を問わず紫外線にも注意が必要と言えますね。

 

 

 

 

次回も紫外線についてお伝えしていきたいと思います。

 

 

記事一覧へ