院内コラム

院内コラム

紫外線から肌を守るためにできる事とは?

前回は紫外線について詳しくお伝えしてきました。

 

 

 

 

今回は“紫外線の影響を防ぐ”には・・・

 

 

 

と言う事についてお伝えしていきたいと思います。

 

 

 

 

 

《紫外線による影響を防ぐには》

 

 

 

まず日常の生活に取り入れやすい方法について・・・

 

 

 

①紫外線 の強い時間帯を避ける

 

 

 

朝10時から夕方4時頃までは

 

 

 

1日のうちでも紫外線が強い時間帯になります。

 

 

 

 

②日陰を利用する

 

 

日陰は直接日光に当たりませんが

 

 

 

地面や建物から反射したものを

 

 

 

浴びることもありますので注意が必要です。

 

 

 

 

③日傘を使い、帽子をかぶる

 

日傘や帽子は、直接の紫外線からは防げますが

 

 

 

大気中の紫外線までは防ぐことはできませんので

 

 

 

その点に注意しましょう。

 

 

 

 

④袖や襟のついた衣服で覆う

 

 

 

皮膚への紫外線を減らすためには

 

 

 

しっかりした編み目をもつ生地 を

 

 

 

選ぶことが大切になります。

 

 

 

 

色よりも生地を重要視して選びましょう。

 

 

 

⑤サングラスをかける

 

最近は普通のメガネや、コンタクトレンズにも

 

 

 

紫外線カットの効果のあるものが多くありますが

 

 

 

眼に入る紫外線は、正面からだけではないので

 

 

*レンズサイズの小さいめがね

 

*顔の骨格に合わないめがね

 

 

 

などは紫外線に対して十分な防止効果を期待できません。

 

 

 

 

紫外線から眼を守るためには、

 

 

ある程度の大きさがあり自分の顔にあったサイズの

 

 

メガネをかけるようにしましょう。

 

 

 

また、色の濃いサングラスの方が

 

 

 

効果的な様な感じがしますが

 

 

 

このようなサングラスは瞳孔が普段より大きく開くため

 

 

 

逆に沢山の紫外線が眼の中へ入 り、

 

 

 

危険な場合がありますので気を付けて選びましょう。

 

 

 

 

⑥日焼け止めクリームを上手に使う

 

 

日焼け止めは1度塗るだけで一日中効果が

 

 

あるとは限りません。

 

 

 

*知らず知らずのうちに顔をこする

 

*汗をかく

 

 

 

といったことで落ちていることが多いので、

 

 

2~3時間ごとに細目に塗りなおすことが大切になります。

 

 

 

更に、量についても、正しい量を使わないと

 

 

効果が不十分になりますので、使う量は、

 

 

顔の場合ですと

 

 

*クリームタイプは「真珠2つ分」

 

 

*液状タイプは「1円玉2枚 分」

 

 

 

の量は使うように心がけましょう。

 

 

 

 

首や腕なども忘れずに塗りましょう。

 

 

 

《日焼け止めの「SPF」「PA」とは?》

 

 

日焼け止めの表面に「SPF」「PA」とありますが

 

 

※「SPF」とは、

 

 

B波を防止する効果の強さで

 

 

数が大きいほど強力になります。

 

 

 

※「PA」とは、

 

 

A波を防止する効果の強さで

 

 

プラスの数は1個から3個まであり、

 

 

 

3個が最も強力になります。

 

 

 

 

強いものが良いように思いますが

 

 

あまり強いものばかり使うと肌に負担がかかるので

 

 

 

普段外出する時は

 

 

『SPF15、PA+~++』程度のもので

 

 

十分と言われています。

 

 

 

更に水泳やスポーツをする場合には

 

 

「ウォータープルーフ」のものを使うようにしましょう。

 

 

 

どちらを使うにしても、2~3時間おきに

 

 

塗りなおすことが大切になりますので

 

 

 

正しい使い方をして紫外線から肌を守りましょう。

 

記事一覧へ