院内コラム

院内コラム

外出自粛緩和!!でも子供の紫外線対策はどうすれば良いの!?

 

6月も半ばが過ぎ、外出自粛も緩和され 

 

 

 

外出する機会も増えてきているのではないでしょうか? 

 

 

 

そこで、6月のコラムでは”紫外線”について 

 

 

お伝えしています。 

 

 

 

しかし自分の紫外線対策はしっかりできていても 

 

 

子供の場合どうすれば良いのか

 

 

分からない人もいるのではないでしょうか。 

 

 

 

 

そこで、今回は 

 

 

 

赤ちゃんや子どもの紫外線防止』 

 

 

 

についてお伝えしていきたいと思います。 

 

 

 

 

《紫外線に対する考え方》 

 

以前は、赤ちゃんの健康のためにも 

 

 

日光浴や子どもの日焼けは 必要だと言われてきました。 

 

 

 

 

それは骨や歯の形成に欠かせない 

 

 

 

ビタミンDの生成を 

 

 

 

紫外線が助ける働きがあるためです。 

 

 

 

 

 

しかし近年では、 紫外線を浴びることで 

 

 

*表皮の細胞 

 

 

*一部真皮の細胞 

 

 

の DNAを傷つけることが分かり 

 

 

紫外線対策が論じられるようになりました。 

 

 

 

 

さらに最近では、必要なビタミンD 

 

 

食事から充分に摂取することができるようになり 

 

 

 

逆に紫外線による悪影響の方が大きいと 

 

 

考えられるようになってきたようです。 

 

 

 

 

しかし、外の空気にふれる「外気浴」も大切。 

 

 

 

 

そこで、赤ちゃんを外に連れて行くときは 

 

 

紫外線量の少ない朝夕の時間帯に 

 

 

するよう心がけることが大切になります。 

 

 

 

  

《子どもの紫外線対策が必要な理由》 

 

 

では 子どもの紫外線対策が必要な理由とは 

 

 

何なのでしょうか? 

 

 

 

それは 

 

 

※子どもは成長過程にあるため 

 

 

紫外線の悪影響を大人より受けやすい 

 

 

 

※子どもの皮膚は大人の半分ほどの薄さのため 

 

 

大人に比べて刺激に弱い 

 

 

 

ということがあげられます。 

  

 

 

子どもは紫外線の影響をとても受けやすく 

 

 

ダメージを蓄積してしまうので 

 

 

 

子どもの頃から浴びた紫外線の量が多いほど 

 

 

 

将来の健康に悪影響が起こると言われています。 

 

 

 

そこで、小さいころからの紫外線対策は 

 

 

とても大切と言う事が言えます。 

  

  

 

 

具体的にどの時期から 

 

 

 

紫外線対策を行えばよいのでしょうか? 

 

 

 

 

子ども用の日焼け止めクリームは、 

 

 

 

生後6か月以降からの使用が可能と言われていますが

  

 

 

それまでの間どうすればいいのか・・・ 

 

 

 

*紫外線を気にしすぎて、外出しない 

 

 

*頭から足の先まで、がっちりガードする 

 

 

 

 

といったことは敵策とは言えません。 

 

 

 

 

では、どういった工夫があるのでしょうか。 

  

 

 

 

 

*ベビーカーのフードの活用 

 

 

*ストールやタオルの活用 

 

 

*日陰を利用する 

 

 

*子供用のUVカットウエアを活用 

 

 

 

 

 

など、上手に紫外線を避けることを心がけ、 

 

 

肌を安全に守ってあげ外出を楽しみましょう! 

  

 

 

 

次回は、子供の紫外線対策について 

 

 

もう少し詳しくお伝えしていきたいと 思います。

 

 

記事一覧へ