院内コラム

院内コラム

外で遊ぶ時には、こんな工夫をして紫外線対策を!!

今月のコラムでは紫外線対策について

 

 

 

お伝えしています。

 

 

 

 

今回は、子供が外で遊ぶ時に気をつける

 

 

 

紫外線対策についてお伝えしていきます。

 

 

 

 

 

《屋外で遊ぶ時》

 

 

①時間の工夫

 

 

紫外線は、1 日のうちで10時から14時の間が強く

 

 

早朝や夕方は非常に弱くなります。

 

 

 

 

屋外で遊ぶ時は紫外線の弱い時間帯を選び

 

 

強い時間帯に遊ぶ時は

 

 

紫外線対策をきちんと行うようにしましょう。

 

 

 

また、紫外線は4月から9月に強くなりますが

 

 

皮膚は夏から秋にかけて厚くなり抵抗力も強くなりますので

 

 

 

長時間、紫外線を浴びるような場合は

 

 

 

これらの時間帯や季節を考えて行うようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

②場所の工夫

 

 

 

日陰は日向よりも紫外線が約50%減るので、

 

 

テントやパラソル、等を利用しましょう。

 

 

 

曇りでも紫外線は晴天の約80%出ているので

 

 

 

対策は必要になります。

 

 

 

 

 

 

③帽子、服の活用

 

 

 

帽子のつばが7センチあれば

 

 

 

約60%の紫外線をカットできますし

 

 

 

服も七分袖や襟付きのような

 

 

体を覆う部分の多い方が肌を守ることができます。

 

 

 

 

生地は濃い色のほうが紫外線を吸収します。

 

 

 

しかし、熱中症対策としては

 

 

白か淡い色のものが良いので

 

 

 

その場合は、織目や編目がしっかりした

 

 

 

木綿かポリエステル・木綿の混紡素材のものを選びましょう。

 

 

 

 

 

 

④サンスクリーン剤の活用

 

サンスクリーン剤はSPF15以上であれば

 

 

紫外線対策としては十分と言えます。

 

 

 

しかし、たっぷりと均一に塗らないと

 

 

効果は得られませんので

 

 

 

下記の量を2度塗りするとより効果的です。

 

 

 

 

 

※塗る量

 

 

*クリームならパール粒大

 

 

*液なら1円玉大

 

 

 

この量を首、胸元、背中、腕や手など

 

 

塗り忘れや塗りむらがないように

 

 

2度塗りましょう。

 

 

 

 

白くなるのが嫌な人もいるようですが

 

 

 

屋外活動の15分前までに塗ると

 

 

 

肌になじんで目立たなくなります。

 

 

 

また、時間とともに、 汗で流れたりするので

 

 

2、3時間ごとに重ね塗りするとより効果的です。

 

 

 

 

 

 

《水遊びをする時》

 

 

水遊びをする時は肌を露出し、

 

 

紫外線の影響を受け易いので、

 

 

紫外線対策はより重要になります。

 

 

 

 

 

 

①時間の工夫

 

屋外で遊ぶのと同様

 

 

紫外線の強い時間をさけるようにしましょう。

 

 

 

 

 

②場所

 

 

 

室内プールや、プールの上に天幕を張り

 

 

泳ぐ時の紫外線を防ぎましょう。

 

 

 

また屋外の場合はプールサイドに

 

 

テントを用意して、泳がない時の

 

 

紫外線対策として活用しましょう。

 

 

 

 

 

③服で覆う

 

 

プールやマリンスポーツ時に着用する

 

 

肌を守ることを目的として作られた物があります。

 

 

 

 

身体にフィットして濡れても大丈夫な素材でできた

 

 

 

Tシャツのようなものなのでおススメです。

 

 

 

 

 

 

④サンスクリーン剤

 

 

サンスクリーン剤の使用を許可してもらい

 

 

ウォータープルーフのものを使いましょう。

 

 

 

 

 

※子どもに適したサンスクリーン剤

 

 

*「SPF 15 以上」、「PA ++ ~ +++」を目安に・・・

 

 

*「無香料」および「無着色」の表示があるもの

 

 

*「耐水性」または「ウォータープルーフ」の

 

表示があるもの

 

 

 

 

 

 

紫外線は怖いだけではありません。

 

 

 

ある程度の紫外線は必要ともいわれています。

 

 

 

過剰な紫外線対策はお子さんの成長の妨げに

 

 

なる場合もありますので、

 

 

 

上手に紫外線対策を行うようにしましょう。

 

記事一覧へ