院内コラム

院内コラム

日常生活でシミを作らなくする方法!

 

現在当院ではシミとほうれい線にアプローチした

 

 

 

 

美容施術を行っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

そこで今回からはシミについて

 

 

 

さらに掘り下げてお伝えしていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

これまでのコラムでも何度かお伝えしてきましたが

 

 

 

おさらいも兼ねてシミについて詳しく

 

 

 

 

お伝えしていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

まずはシミの予防と適切なケアのために

 

 

 

 

シミが出来る原因とメカニズムについて・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

《シミが出来る原因》

 

 

 

★紫外線★

 

 

 

肌トラブルの原因の約80%が紫外線

 

 

 

 

と言われていますが

 

 

 

 

シミの一番の原因の一つとしても挙げられています。

 

 

 

 

 

紫外線にはUV-AとUV-Bの2種類があります。

 

 

 

 

 

 

UV-Aは皮膚表皮の基底層から真皮まで達し

 

 

 

 

黒色メラニンが大量に生成され、肌の色が濃くなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

また、曇りの日やガラス窓も通過するので

 

 

 

 

室内にいるときでも紫外線対策が必要と言えます。

 

 

 

 

 

 

 

肌への刺激はUV-Bのほうが強いため

 

 

 

 

細胞の遺伝子(DNA)を破壊する力があります。

 

 

 

 

 

 

 

海水浴などに行って、身体が日焼けして

 

 

 

 

ヒリヒリするのは、このUV-Bが原因です。

 

 

 

 

 

 

 

※紫外線が多いのはいつ?

 

 

 

 

 

紫外線が一番多いのは夏だと思っている人が

 

 

 

殆どかと思いますが

 

 

 

実は春先からピークを迎えています。

 

 

 

 

 

 

 

とくに3月〜5月にかけては

 

 

 

冬の乾燥で肌が弱っているうえに

 

 

 

 

紫外線が増えることで

 

 

 

 

肌がダメージを受けやすくなっています。

 

 

 

 

 

つまり肌のトラブルが多くなる時期でもあります。

 

 

 

 

 

 

 

また、秋冬でも紫外線は

 

 

 

 

降り注いでいますので安心はできません。

 

 

 

 

 

 

 

◆女性ホルモン◆

 

 

妊娠中や出産後、閉経時(更年期)など

 

 

 

 

女性ホルモンのバランスが崩れやすく

 

 

 

 

バランスが崩れると、黒色メラニンの生成が

 

 

 

 

一時的に高まると考えられています。

 

 

 

 

 

 

 

 

つまりこのような原因でも

 

 

 

 

シミが増える可能性があるという事になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆活性酸素◆

 

 

 

活性酸素とは、体内に入った酸素の一部が

 

 

 

 

他の物質と反応しやすい状態に変化したもので

 

 

 

 

 

 

体内で発生した活性酸素は、

 

 

 

メラノサイトを刺激してしまいます。

 

 

 

 

 

そして黒色メラニンの生成を

 

 

 

促すためシミができる場合があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

活性酸素が発生する原因物質として

 

 

 

紫外線・ストレス・大気汚染・タバコなどがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆その他◆

 

 

その他の原因として

 

 

*傷や虫刺されなどによる炎症

 

 

 

*摩擦などの物理的な刺激

 

 

 

*副腎皮質の機能低下

 

 

 

*肝臓や腎臓の機能障害

 

 

 

 

などでも、シミができることがあります。

 

 

 

 

 

 

こうして見ていくと

 

 

 

シミが出来る原因はたくさんありますね。

 

 

 

 

 

 

 

次回はシミが出来るメカニズムについて

 

 

 

お伝えしていきますね。

 

 

 

 

記事一覧へ