院内コラム

院内コラム

シミのメカニズムを理解すれば怖くない!

 

 

前回はシミが出来る原因について

 

 

 

 

お伝えしてきました。

 

 

 

 

 

 

 

今回はそんなシミのできる

 

 

 

 

メカニズムについてお伝えしていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

《シミができるメカニズム》

 

 

シミとは黒色メラニンが肌に過剰に蓄積し

 

 

 

 

肌が茶色にみえることをいいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

このように黒色メラニンは

 

 

 

 

シミの原因になるため、悪い物・・・

 

 

 

 

 

 

と思うかもしれませんが、

 

 

 

 

実は紫外線を浴びた肌を守るはたらきをもっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

紫外線を浴びると、

 

 

 

 

メラノサイトで黒色メラニンが作られ

 

 

 

 

カーテンのようになって紫外線から肌を守り

 

 

 

 

ダメージを未然に防いでくれる物質なんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つまり、黒色メラニンは

 

 

 

肌トラブルなどを防ぐためには必要な物質と言えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

この黒色メラニンは、毎日生成され、

 

 

 

 

 

健康な肌では、肌の生まれ変わりによって

 

 

 

 

 

排出され、この生成と排出のバランスが保たれています。

 

 

 

 

 

 

ところが、

 

*紫外線の浴び過ぎ

 

 

 

*ターンオーバーの乱れ

 

 

 

 

 

 

といったことが原因で

 

 

 

メラニンの生成と排出のバランスが崩れ、

 

 

 

黒色メラニンが表皮に蓄積されていってしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

これが、シミ・そばかすの原因になります。

 

 

 

 

 

 

 

では、皆さんは“シミを取りたい”と考えた時

 

 

 

 

最初に何を思い浮かべるでしょうか?

 

 

 

 

 

 

恐らくほとんどの人が皮膚科や

 

 

 

美容整形外科での治療ではないでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、シミには種類がたくさんあって

 

 

 

 

シミの種類によって治療法が違う・・・

 

 

 

 

 

 

更にシミは再発の可能性もあるので

 

 

 

 

単発的な治療ではなく長期的に見なければならない・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と言う事をご存知ですか?

 

 

 

 

 

 

そこで、ここからはシミの種類と治療法に

 

 

付いてお伝えしてきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

◆肝斑◆

 

 

 

女性ホルモンや摩擦などが原因で出来るのを

 

 

 

 

肝斑と言いますが、20代半ば頃から

 

 

 

 

出てくるケースが多く、はっきりとしたシミでは無く

 

 

 

ぼんやりした感じのシミとして認められます。

 

 

 

 

 

 

 

治療としては、トラネキサム酸の内服になります。

 

 

 

 

気を付ける事として刺激を避けることが大切になります。

 

 

 

 

 

 

つまり、手でクリームを塗る際も

 

 

 

 

擦らないように付ける、と言う事に注意しなければなりません。

 

 

 

 

 

 

光治療やレーザー治療を行うと

 

 

 

シミが濃くなるリスクがあります。

 

 

 

 

 

 

 

◆日光性色素班◆

 

 

 

一般的に言われるシミはこのタイプで

 

 

 

主に紫外線が原因でできる、くっきりしたシミになります。

 

 

 

 

 

 

治療はシミの程度によりますが

 

 

 

*ビタミンA・Cの超音波導入

 

 

 

*ビタミンCのイオン導入

 

 

 

*美白用化粧品の使用

 

 

 

*光治療

 

 

 

*色素レーザー治療

 

 

 

などを行います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆脂漏性角化症◆

 

 

盛り上がったように見えるシミで

 

 

 

紫外線の影響が原因と言われています。

 

 

 

 

 

 

このシミも程度により、

 

 

 

 

*色素レーザー治療

 

 

*炭酸ガスレーザーなどで切除

 

 

 

と言った治療になります。

 

 

 

 

 

◆炎症後色素沈着◆

 

 

ニキビ後や虫刺され後に、

 

 

 

炎症によりメラニンが過剰に増えて

 

 

 

色素が残るシミのことを言います。

 

 

 

 

 

 

 

 

治療法としては

 

 

*ケミカルピーリング

 

 

*ビタミンCイオン導入

 

 

*ビタミンA・Cの超音波導入

 

 

*ビタミン外用

 

 

*ハイドロキノンの外用

 

 

などがあります。

 

 

 

 

 

 

ではこのような治療法にはリスクは無いのか・・

 

 

 

といったことを次回はお伝えしていきます。

 

 

 

 

 

記事一覧へ