院内コラム

院内コラム

レーザー以外のシミ取り施術法の詳細!

 

 

前回はシミ取りレーザー治療について

 

 

 

詳しくお伝えしました。

 

 

 

 

 

今回はそれ以外の

 

 

 

 

治療についてお伝えしていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

《内服薬とケミカルピーリング》

 

 

 

 

レーザー治療が効果を発揮しないシミもあります。

 

 

 

それの代表的なものが肝斑になります。

 

 

 

 

 

 

 

肝斑にはレーザー治療は適さず

 

 

 

 

逆にシミが濃くなってしまう可能性があります。

 

 

 

 

 

 

そこで肝斑(かんぱん)に効果的と

 

 

 

 

言われているのがケミカルピーリングと

 

 

 

 

体の内側から治療するために

 

 

 

 

内服薬を併せて飲むという治療法があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

内服薬として処方されるのが

 

 

 

ビタミンCとトラネキサム酸になります。

 

 

 

 

 

 

内服薬は表皮の深い所にある

 

 

 

 

 

メラノサイトに効果を発揮しますが

 

 

 

 

即効性はありませんので

 

 

 

 

 

長期にわたって服用する必要があります。

 

 

 

 

 

 

 

約2ヶ月以上の服用で

 

 

 

約8~9割の人に効果があるようです。

 

 

 

 

 

 

 

ケミカルピーリングとは薬剤で

 

 

 

 

表皮または真皮を溶かし、

 

 

 

 

新しい皮膚の再生を促す治療法になります。

 

 

 

 

 

 

 

肝斑の他にも

 

 

 

*ニキビやニキビ後の瘢痕

 

 

 

*乾燥肌

 

 

 

*小ジワ

 

 

 

*色素沈着

 

 

 

などの治療に使われます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

《ケミカルピーリングのリスク》

 

 

 

 

ケミカルピーリングを受ける前の注意点として

 

 

 

 

顔剃りや髭剃りなど肌に負担を与えるような

 

 

 

 

事は控えるのが大切と言えます。

 

 

 

 

 

治療後の注意点としては

 

 

 

*スクラブ洗顔は行わない

 

 

 

 

*紫外線に弱くなっているので

 

 

日焼け止めクリームを必ず使用すること

 

 

 

 

 

 

*治療後、肌が少し赤くほてる感じがある

 

 

 

 

*治療翌日から2~3日肌がかさつく場合もある

 

 

 

 

*施行後約5~7日間は乾燥しやすいため、

 

 

化粧水や保湿剤などで十分に保湿を行う必要がある

 

 

 

 

 

 

といったことが挙げられます。

 

 

 

 

 

 

《超音波》

 

 

その他の治療法として

 

 

 

ビタミンA、C、Eなどを超音波などで

 

 

 

 

直接皮膚に浸透させることで、

 

 

 

 

皮膚の細胞の再生と修復を促すスキンケアもあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

超音波導入とは、超音波による

 

 

 

 

微細な振動を与え、

 

 

 

 

皮膚の細胞と細胞の間に

 

 

 

 

美容成分を効果的に浸透させる施術になります。

 

 

 

 

 

 

 

《まとめ》

 

 

 

シミ取りには色々な方法が

 

 

 

 

ありますが、このようなリスクがあることを

 

 

 

 

 

理解して行わなければ

 

 

 

 

逆効果になる可能性もありますので

 

 

 

 

 

気をつけなければなりません。

 

 

 

 

 

 

 

またシミ取りの治療を続けていても

 

 

 

思ったほど効果が感じられないと言う人がいるようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

そういう方は、日ごろのスキンケアの仕方や

 

 

 

 

日やけ止めの使用量、塗り方、

 

 

 

 

といったことの確認が必要になります。

 

 

 

 

 

 

 

特に日やけ止めなどは、

 

 

 

*適量を使わない

 

 

 

*途中で使用をやめている

 

 

 

 

といったことがあると、

 

 

 

効果が現れにくいと言えるようです。

 

 

 

 

 

 

スキンケアは皮膚の疾患の塗り薬と同じで

 

 

継続と使用量を守ることで効果が出ます。

 

 

 

 

 

使用する量をきちんと守り、

 

 

 

どれ位の時間外にいるのかと言う事も考えて

 

 

 

日焼け止めも選び使う事が大切になります。

 

 

 

 

 

 

また、きちんとこまめに塗り直しするなど

 

 

 

正しいスキンケアをする事が

 

 

 

美容医療の効果をより高めてくれます。

 

 

 

 

 

 

 

つまり、シミ取りの治療を行っているから・・・

 

 

 

と言って普段のスキンケアが間違っていると

 

 

 

 

効果は充分に発揮されないという事になります。

 

 

 

 

 

 

 

せっかく、高いお金を払って施術を

 

 

 

 

受けるのですから、より効果的になる様

 

 

 

 

日頃のスキンケアについて

 

 

 

見直して見ることも大切と言えますね。

 

 

 

 

 

記事一覧へ